画像: ディーン・フジオカ月9ではバイオリン、新作映画ではピアノ「ピアニストの松下奈緒さんの前で」

ディーン・フジオカ月9ではバイオリン、新作映画ではピアノ「ピアニストの松下奈緒さんの前で」

映画『エンジェルサイン』舞台挨拶が16日、都内にて行われ、松下奈緒とディーン・フジオカが登壇した。
『シティーハンター』などで知られる漫画家・北条司が実写映画の総監督に挑戦した注目作。セリフを使わない短編映画の漫画賞「サイレントマンガオーディション」で受賞した5作に、北条が書き下ろしたプロローグとエピローグを加えて構成された長編オムニバス映画。全編を通してセリフを使わず、映像と音楽で物語が紡がれていく。
プロローグとエピローグに出演した松岡とディーン。セリフが一切無い役どころについて松岡が「セリフも自分たちで想像しないといけなかった」と振り返るとディーンも「だいぶ放任主義でしたね。打ち合わせなどもパントマイムみたいな感じでやるのかな、などと考えてしまいました」と振り返り会場を笑わせた。
劇中、2人が演じる恋人同士がぶつかり合う場面では、松下は自分で考えたセリフでディーンが演じるタカヤをなじる芝居をしたといい、そのセリフに「もしかして松下さんの僕に対する本心なのかな、とへこみました」とディーンが言うと「どんなセリフだったのかはご想像にお任せします(笑)」と松下。また、セリフ台本がない代わりに、北条監督による絵コンテを見せてもらったといい、松下が「タカヤが『シティーハンター』の冴羽リョウそっくりで」と言えばディーンも「冴羽役が来たかと思いましたね」。
演技や衣装選びも「自由にやってください」と言われていた一方、1つだけ監督から“無茶ぶり”があったと明かしたディーン。「ラストで、走って横断歩道を渡ってそのまま地下鉄の階段を走り下りて、落ちてしまうというシーンなんですが、焦っている感がないのでもうちょっと早く、と言われて。でもちょっと考えてください、走ってきた勢いのまま地下鉄の階段を走り下りる、しかもそのあとコケるって、けっこうなアクションシーンなんですよ。自分的には難易度が高かったんですけど...どうでした?」と観客に尋ねたディーンは、会場から絶賛の拍手に安どの表情。
ディーンはピアニスト、松下はチェリストという役どころで「セリフがない分、音楽の練習に時間をかけた」と2人。「音楽をやっていると吹き替えをやるのが自分の中で許せないってことないですか?」という松下にディーンも「分かります」と賛同。さらに「チェロ初挑戦とのことでしたが、現場で松下さんのチェロを聞いてびっくりしました。僕はたまたま、今バイオリンをやっているんですけど、弦楽器ってすごく難しいんですよ」と、自身が出演中の月9ドラマ『シャーロック』での役を引き合いに松下を称賛。一方、自身は「ピアニストである松下さんの前でピアノを弾くというプレッシャーとの闘いでした。なぜこれ、逆じゃないんだろうと思いました」と会場を笑わせた。撮影の合間にディーンは松下のチェロで「ドラえもんのテーマ曲を弾いて遊んでいました」と言い、音楽にあふれた現場だった様子。ディーンが作詞作曲、ボーカルを務め松下がピアノを演奏した主題歌について「タカヤがもう1曲作ったらどんな曲かということから作った曲」と、思い入れを語っていた。
映画『エンジェルサイン』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.