画像: 役所広司、日中合作映画の撮影現場で「ヒイヒイ言っていた」

役所広司、日中合作映画の撮影現場で「ヒイヒイ言っていた」

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』公開記念舞台挨拶が16日、都内にて行われ、主演の役所広司と、日本語吹き替え版に出演した声優の沢城みゆき、宮野真守が登壇した。
『フェイス/オフ』『レッドクリフ』シリーズなどを手掛けた名プロデューサー、テレンス・チャンが役所を主演に起用した日中合作映画。世界最高峰・エベレストを舞台に、巨大な陰謀に巻き込まれたヒマラヤ救助隊の戦いを描くスペクタクル・エンターテインメント。
ヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」のジアン隊長を演じた役所は、圧巻のアクションについて「ユー・フェイ監督が粘り強くて、何がダメなのかと思うくらい何度もアクションをやるんです。ガタイのいい俳優さんもヒイヒイ言うくらい。僕もヒイヒイ言っていました」と過酷な撮影を振り返った。本作では、キャリア初というワイヤーアクションにも挑戦。「つるされているだけなので楽かなと思いきや、体幹も必要なんですね。体中にロープに絡まっていたので、アザだらけになりました」と苦笑い。共演のチャン・ジンチューなどは30時間近くワイヤーでつるされたままだったと明かし、会場を驚かせた。
それを聞いていた沢城と宮野も「そんなエピソードの後に僕らが話すことは何もありません!」と恐縮。それでもアフレコの苦労を聞かれた沢城は「アクションでは、セリフよりも呼吸や吐息がモノをいうので、アクションをいかに言語化していくかが難しい。吐く息も白く見えるので、それに自分の呼吸を合わせるのも大変でした。もしかしたら今年一番、大変な仕事だったかも」とアクション作品ならではの難しさを明かした。アフレコ前に役作りを徹底するという沢城と宮野の話を聞いた役所は「だから役とぴったりなんですね」と感心。その言葉に2人は「声優をやっていてよかった!」と大喜び。
今回、4カ月ほどかけて作りこむという中国チームの製作スタイルに刺激を受け、かつてないアクションをこなした役所だったが「アクション映画はもういいかな。ケガしたくありませんから(笑)」と苦笑していた。
『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.