画像: 玉城ティナ、橋本マナミが「人間じゃない」役どころを振り返る

玉城ティナ、橋本マナミが「人間じゃない」役どころを振り返る

映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶が16日、都内にて行われ、玉城ティナ、橋本マナミらキャストと白石晃士監督が登壇した。
2005年にテレビアニメとして放送され、コミックやドラマ、ライトノベルなど幅広く展開され人気を博したダークファンタジーの実写映画。
タイトルロールの“地獄少女”を演じた玉城は「今回、(役柄が)人間ではないのですが、思い返したら以前、宇宙人もやっていました。宇宙と地獄はやったので、ほかに何かあったらよろしくお願いします(笑)」と笑いをとり、“骨女”を演じた橋本は「(私が演じることに)賛否あったようですが、公開して1日たちますけど、まだ批判は届いていないので、良かったなと思っています(笑)」と、笑顔を見せた。
人間ではない役どころならではの苦労も多かったようで、玉城は、カメラが回っている間、一回も瞬きをしていない、という驚きの裏話を明かし「目がだんだん乾いてきて、コンタクトなので、どんどん視点が合わなくなってきて。もや~っとした世界の中でセリフを言っていたので、ちゃんと決められているか心配でした(笑)」と話し、観客を驚かせた。
一方、橋本は「麿赤兒さんがすごくいい声で歌っている歌唱シーンがあったのに本編を見たら全カットで...麿さん、きっとショックだろうなと思って」と明かし、さらに「実は濃厚なキスシーンも撮影したんですけど、それもカットでした」とショックを明かすと、監督は苦笑しながら「ぜひDVDの特典映像で(笑)」。インディーズアイドル役を演じたものの「アイドルのキラキラした部分は一瞬でしかなかった」と言うSKE48の大場美奈。地獄通信にアクセスして地獄に落ちるシーンについて「(PC)画面から襲ってくる手は、CGではなく本物の手で、7人くらいの人が、二の腕まで特殊メイクをして手を伸ばしていました。その“手役”の皆さんと一番密に接しました(笑)」と笑いを交えて振り返った。
この日の登壇者は玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈、藤田富、白石晃士監督。
『地獄少女』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.