画像: 【インタビュー】内田慈 演じる役柄も演じる年齢も驚くほどに幅広い「何か気になる」女優ナンバー1

【インタビュー】内田慈 演じる役柄も演じる年齢も驚くほどに幅広い「何か気になる」女優ナンバー1

映画やテレビドラマを見ている時、なにか気になる存在感を残す俳優がいる。ネットで調べて「自分だけが知っている」と自慢したいところなのだが、そんなことはみんなやっているので、そういう俳優はだいたい後からちゃんと有名になる。現在、そんなケースの最たるものがこの内田慈(うちだ・ちか)という女優だ。
まずは最近の仕事について。12月に月刊「根本宗子」への出演が控えており、今年は舞台に4本出演。ここ数年は映像作品への出演が多かったのだが、今年は原点回帰の年だった?
「たしかに、今年はここ近年では舞台が多い年。でも毎年やっていて、舞台か映像のどちらかに軸足を置くというふうではなくやって行きたいなと。タイミングもあって年間本数にばらつきはあります。作品的にも原点回帰を感じた年ではあります。例えば3月の"財団、江本純子"へは10年ぶりの出演、7〜8月の"五反田団"の『偉大なる生活の冒険』は11年ぶりの再演。"10年周期で再び出逢えた感覚"がうれしくて、今年はそういうタイミングなのかな?と、作品を通して自分と向き合っています」
今年は映像では『全裸監督』『フルーツ宅配便』『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』といった話題作の出演もあった。
「全裸監督はチーフ監督・武正晴さんの監督回で。武監督の作品にはずっと出たかったのでオファーをいただいた時は前のめりにお返事しました。TBSドラマHeaven?の木村ひさし監督は3回目。ゴールデンタイムの準レギュラーで呼んでくださるなんて、本当にうれしかったです。フルーツ宅配便の出演回の沖田修一監督作品には以前、映画『南極料理人』で出演させていただきましたが声のみの出演だったのでいつか実物で出たくて(笑)。チーフ監督の白石和彌監督とは白石監督の長編デビュー作となった映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』でヒロイン役をやらせていただいたご縁があり、お二人の間で名前を挙げていただいたと聞きました。めちゃくちゃうれしかったです」
「19歳で演劇を始めた」という内田は小劇場ではポツドールの三浦大輔、ハイバイの岩井秀人、五反田団の前田司郎、毛皮族の江本純子、イキウメの前川知大といった今を時めく劇作家・演出家の作品には欠かせない存在だった。厳しい現場でもまれる中で積んだキャリアは同世代の俳優の中でも跳び抜けている。最近は若手のクリエイターが初めて監督をする時や、初めて長編作を撮るようなときに「一緒に仕事をしたい」と言われることも多い。
「若い方からのオファーはうれしいです。知識へ貪欲だから話題が豊富で刺激的だし、時代性もあるのか冷静に分析ができる人が多くて、そのクレバーさから教わることがたくさんあります。演劇作品も映画作品も幅広く観ている人が多く、オファーはこれまでの出演作品を観たことがきっかけでいただくことが多いです。最近の作品ももちろんうれしいですけど、過去の作品の話などをされると、これまたうれしかったりします。作品が時代を越えて届いてるーって」
最近はそういうオファーをもらっての出演がほとんど?
「そうですね。でも、出たい演出家・監督作品のオーディションはいつも気にしています。また、監督から声をかけていただいてオーディションに行くこともあります。そのへんのスタンスはこれまでと変わっていません」
かつては年齢的には下から数えたほうが早い現場が多かったのだが、最近では結構ベテランの部類に?
「演劇だとまだ若いほうになる座組も多いですけど... 今回の根本さんのところは完全に中堅・ベテラン組ですね(笑)。映画とかだと、おそれ多いんですが名前が止めになっていることもあって“ああ、そういう年齢なんだな”って思ったりします」
作品的にはかなりエッジの効いた作品への出演が目につく。
「そうですね。出演を決めるとき、また作品を立ち上げるときに意識はしています。単純に観てくれるお客さまがびっくりしてくれたらうれしいなという欲はある(笑)。ただ20代で重要だったエッジの方向は"何をやるか"でしたが、30代に入って変わったのは、"いかにやるか"ということ。ひとつのことをしつこく考えていると、新しい価値観が見つかったりする。そういう意味で、お客さんにも自分にも新たな発見をさせてくれる作品をつくりたいと思っています」
オファーをもらった時に出演を決める基準は?
「一番大切にしているのは“誰とやるか”。互いへのリスペクトがあると互いに寄り添えて、カンパニー全体が良くなって作品がより良くなるという成功体験がとても多いです。互いへの引力が決定打になっていると思います」
では普段から常にアンテナを張ってさまざまな作品を見ている?
「それはすごく意識しています。一時期、忙しくてなかなか新しいものを吸収できない時期があったんですけど、自分を更新できていないことによる打撃が時間差でやってきたことがあって。“あれ? みんなもっと前に行っている気がする。怖いな”って。そこからまた勉強欲が増してきて。でも新しいものについていくことに必死になりすぎると目的を見失ってしまうこともあるので、その辺は気を付けながら。触れたい作品は演劇も、映画も、漫画も本も、国内外、新作旧作たくさんあるし、ファッションも音楽も歌舞伎も落語も、他にも知りたいことはたくさんあるのに時間が足りない(笑)。こんなペースでやっていたらすぐに寿命を全うしちゃいそう(笑)。やらなきゃいけないこととやりたいことがありすぎて、作業効率を上げないとなって思っています(笑)」
かつては演劇の稽古に入ってしまうと突き詰めてしまい他のことが耳に入らなくなるタイプだった。
「それは今もです(笑)。なるべくそういう時期に入る前にいろいろなことを終えておいて、作品に入ったらそれだけに集中できるようにしています。ただ、今お世話になっている根本宗子さんはじめデキる方って忙しくても全方位が見えていますから、学ぶところはたくさんあります(笑)」
今回の月刊「根本宗子」、オファーもらったときはどんな気持ちだった?
「根本さんとはもともと面識があって、お話をしている中で、いつか一緒にものをつくりたいなぁと勝手に思っていたので(笑)、オファーをいただいた時には不思議ではなく“やっと叶った”という感じでした。オファーの仕方がとても丁寧で。すごくきちんと面と向かってくれている姿勢がかっこいいなと思いました。送っていただいた初演の台本を読んだら、23歳の根本さんの衝動がめちゃくちゃに打ち付けられた作品で、すごくて。心に響くセリフがあまりに多くて、ああ、絶対出たいなぁと。即決でした」
内田は今年の東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門招待作品となった『テイクオーバーゾーン』では主人公の女子中学生の母親役を務めた。同作は「ジュブナイル脚本大賞」という思春期の少年少女を主人公とした映画のための脚本賞で大賞を受賞した岩島朋未による脚本を山嵜監督が映画化したもの。中学校の陸上部を舞台に、複雑な家庭背景を持つ14歳の少女の葛藤と成長を描いた青春映画。文字通り若い俳優たちが多い現場だった。
「山嵜晋平監督との出逢いは、松本花奈監督の『平成物語』というドラマに助監督として参加されていた時でした。柔らかい態度と柔らかい奈良弁で現場をすごくスムーズに回してくれていて、すごく好感を持っていました。そうしたら“今度は監督として新作を撮るから出てくれませんか”と声をかけていただいて。“山嵜さんのオファーだったら”と二つ返事で受けさせていただきました」
この映画で内田が演じるのは主人公の少女の母親。離婚して離れて暮らすなど人間関係が入り交じり、難解なポジションの役だった。
「今回は私にとっては結構特殊な役でした。割と多いのは、影のある役。何か抱えてて場末のスナックとかで働いている女とか多いし、ここ近年母親役をやることが増えてからも、とにかく何か抱えてて幸薄い役が多い。でも、『テイクオーバーゾーン』の母親は自分の人生に欲深い女。実の子供を捨ててセレブ妻になるため別の子供の母になろうとしている。罪悪感はなく、もはや実の娘のことは女として見ていて、非道に主人公を追い込みます。これは演じ方によっては分かりやすい悪者になってしまうんですが、そうなると多分、ドラマの深みが出なくなる。どう演じるかということはクランクインする前に随分悩みました。でも最終的にはやっぱり、女の裏側に何があるのか徹底的に寄り添うということに糸口がありました。私が彼女を正当化してあげられたら、頑張り切れないこの人の不器用さとかが伝わって、観客からただ嫌われるのではなく、いろいろな人の人生の一つとして受け取ってもらえるかなと思いました。とにかく監督とも、そこは丁寧につくっていこうと話し合いました」
同作は今年の「第32回東京国際映画祭」で上映され、劇場公開にむけて準備が進んでいる。主演の吉名莉瑠(15)が同映画祭でジェムストーン賞を受賞したことにより、国内外から注目を集めている。また11月〜12月には「MOOSIC LAB 2019」という、映画作家とミュージシャン、映画と音楽といった掛け合わせによる映画を上映する映画祭で『GEEK BEEF BEAT』という作品が上映される。
「GEEK BEEF BEATはめちゃくちゃな事がたくさん起こって笑いの絶えない現場でした。”なかないで、毒きのこちゃん”という劇団の主宰・鳥皮ささみさんの脚本&初監督作品で、こちらも母親役で出演しています。主演がラッパーの狐火さんで、山口まゆちゃんが娘役という3人家族の話が中心になっています。狐火さんのことは恥ずかしながら知らなくて。送ってもらった資料の動画を見た時に、完全に圧倒されました。自分のその時の年齢ごとに『〇歳のリアル』というタイトルで作品を出し続けていらっしゃるんですが、ものすごく赤裸々な印象を受けて。自分の弱みをさらけ出しているのに超強い。そのまま"社会・世界に向かっていく”姿勢が超カッコいいと思ったんです。演技はほぼしたことがないらしいと伺いましたが、この人が主演なら、面白くなることは間違いないと思いました。山口まゆちゃんもたまたま観ていたドラマで"何この人、すごくいいな"って思っていた女優さんで。こんな人たちとできるなら面白くなるに違いないと思って飛び込みました」
実は内田は今年2月に長く所属した事務所を独立した。
「独立して、自分を見つめ直す機会が増えました。改めて、なんで俳優をやっているのかとか、じゃあ俳優に何ができるのとか、これからをどう生きていきたいか、とか。やっぱり今年はそういう転機のタイミングなのかも」
自分はこういう役者であり、こう進んでいくのが成功というものはまだまだ自分の中で答えは出ていない?
「まだまだ成長の途中ですから(笑)。自分で自分を限定しないで、人からもらえるものに敏感でいられるよういつでも余白を残す余裕を持っていたいです。知らない自分をまだまだ知りたい、自分でも自分を裏切っていきたいです」
早めにかじを切る俳優もいる。
「いますね」
でも今は自分の中では答えを出していない。だから仕事に関してはフィーリングの合うものはやっていく?
「そうですね。更新し続けていきたいんです。変わりたいし変えてくれるかもしれないところに身をおきたい。常にちょっとスキは残しておきたいという意味で、そこに答えは出していません。それをちょっと楽しんでいる自分がいます。死ぬまでいろんな挑戦をしたい!」
まだ情報公開はされていないものを含め来年以降も多くの出演作が続く。演じる役柄も演じる年齢も驚くほどに幅広く「あれっ?」と思う人もいるかもしれないが、それが内田慈という女優。頭の片隅にその名前をインプットしておいてほしい。
(TOKYO HEADLINE・本吉英人)
〈映画〉
『GEEK BEEF BEAT』
監督・脚本:鳥皮ささみ 音楽:狐火 出演:狐火、山口まゆ、内田慈、蒼波純/60分/「MOOSIC LAB 2019」(11月23日~12月21日)内で新宿・K's cinema 11月29日19時、11月30日21時10分、12月7日21時10分、12月11日19時に上映。アップリンク吉祥寺でも12月に上映予定。/詳細は「MOOSIC LAB 2019」( https://moosiclab.com/ )で要確認
〈映画〉
映画『テイクオーバーゾーン』
監督:山嵜晋平 脚本:岩島朋未 出演:吉名莉瑠、糸瀬七菜、森山瑛、合田雅史、川瀬陽太、内田慈/90分/株式会社キャンター 制作・宣伝・配給/株式会社ドラマデザイン社 企画・製作 【公式HP】 https://toz-movie.com/
〈舞台〉
月刊「根本宗子」第17号『今、出来る、精一杯。』
【日時】12月13日(金)~19日(木)
(開演は金月火18時30分、土17時、日13時、水13時30分/18時30分、木13時30分。開場は開演30分前、当日券は開演1時間前)
【会場】新国立劇場 中劇場(初台)
【料金】全席指定 S席8000円、A席6500円
【問い合わせ】ヴィレッジ(TEL:03-5361-3027=平日11~19時〔特設サイト〕 http://www.village-inc.jp/imadekiru/#schedule )
【作・演出】根本宗子
【音楽】清 竜人
【出演】清 竜人、坂井真紀、伊藤万理華、瑛蓮、内田 慈、今井隆文、川面千晶、 山中志歩、春名風花、小日向星一、根本宗子、riko、天野真希、田口紗亜未、
水橋研二、池津祥子
【演奏】岩永真奈、大谷愛、二ノ宮千紘、三國茉莉

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.