画像: 【インタビュー】町田啓太「やり切った!」好きが詰まった初めての写真集発売

【インタビュー】町田啓太「やり切った!」好きが詰まった初めての写真集発売

町田啓太がどうしても気になる。衝撃だとか濃い目の味付けとは少し違う、ドラマや映画になる物語がフィクションであったとしても「あなたは前からずっとそこにいたよね」と感じる存在感があり、最終回を迎えてもエンドロールが終わってもじんわりと余韻を残す。そんな町田が2010年代の終わりに初めての写真集に挑戦した。「自分が写真集を出すとは思わなかった」という町田が、初写真集『BASIC』で表現したこととは。
ーーまずは、なぜ写真集に取り組もうと思ったのか、お聞かせいただけますか?
編集部さんから「写真集を出しませんか」と声をかけていただいたから、ですね。それなしには始まりませんでした。自分が写真集を出すことなんて、まったく考えていなかった......といえば、そうなのかもしれないです(笑)。
ーーそこから「やってみよう!」となるには何らかのきっかけがありそうですが。
それは、マネジャーさんです(笑)。このタイミングで、作品として残しておくのもいいんじゃないか、(写真集が出るのを)待ってる人もいるよって。それでなるほどって。待っててくれる人がいるのならばチャレンジしてみようと思いました。
ーー現在29歳で、20代最後の年。そういった意味での、“このタイミング”なのでしょうか?
それはないわけじゃないと思いますけど、自分の周りにいる方たちがそう考えているかもなってこと。自分自身では20代最後だとかそういう年令って何か関係あるのかなって思います。だから何よりも、今、待ってくれている人がいるということ、そのタイミングなんです。最大限、今の自分自身ができることで、待っていてくれる方たちのちょっとした記念だとか、手元においてもらって、その後の僕がどう変わっていくのかを見るようなものになったらいいんじゃないかなって。
ーー写真集はご自身の生まれ故郷である群馬と新宿のゴールデン街で撮影された、二部構成。こうした構成などを含めて、いろいろ話し合って作り上げていったと聞きました。
マネジャーさんをはじめ自分の周りの人、出版社の方と話し合いをしながら、少しずつアイデアを固めていきました。自分がもともと好きなものや興味あるものということを基本に話していくなかで、カメラマンさんであるとか写真集に関わっていただくスタッフさんも決まっていきました。いよいよみんな揃ったというところで、改めてこの写真集をどういうものにしたいかという思いを共有する機会を作っていただいて。それで、最終的にゴールデン街と自分の故郷で撮りましょう、と。
どうせやるんだったらやり切ろうと思ってましたから、それに乗ってくれたんですよね。みんなプロフェッショナルですから、みなさんの意見、自分の意見を出し合って、作り上げていった感覚で、撮影中も意見を出し合って。二部構成にするアイデアも撮影中に出てきたものだったりします。
ーー映画やドラマのように事前に絵コンテを切るように決めて撮影していくイメージを持っていたのですが、お話を伺うと映画やお芝居を通っていく感覚とあまり変わらないのですね。もちろん、その場やメンバーによって変わると思いますが......。
そうですね。確かに作品を作ったっていう感覚はあります。僕自身初めての写真集で他とは比較できないですし、映画やドラマもゼロから作ったという経験はないからなんとも言えないですけど、アイデアを出し合って、それを組み合わせながら完成させたことはいい勉強でしたし、いい経験になったと思います。
ーー撮影中、難しさを感じたりしたことはありますか? 当たり前ですけど、役作りはないですから映るのは自分ですし......。
だからこそ、どういう世界観の写真集なのかというコンセプトを作って臨むことが大事でした。ちゃんと作って大事にしながら、その上で自分たちが楽しいと思うものをやりきる。「これが一番いい」「一番格好いい」を詰め込んでいくことが必要だと思いました。こういうことがあったから今の自分がいる、自分はこういう人間なんですって、等身大の自分が出ればいいんじゃないか、そういう心持ちがあればと思って、自分を振り返ったり、準備もしました。何も考えず、何も分からずに撮られるっていうのもその良いところもあるんだろうと思いますが、準備をしたうえで撮ってもらうとそこから見えてくるものは違ってくると思って。
ーー撮られている時も何かを考えて......?
それがですね、そこでは何も考えてなくて、好き勝手動きながら撮影していました。カメラマンの彦坂栄治さんが撮ってくれるのだから、後は楽しくやれば大丈夫だと思ってましたから。東京1日、群馬2日間、合計3日間の撮影でしたけど、彦坂さんは本当に写真が好きなんだなあっていうのが伝わってくるんです。お願いできて良かったなと思います。
ーーそれでは撮影時のお話を。ゴールデン街で撮影はいかがでしたか?
面白かったですね! 撮影は昼間と夜と2回したんですが、夜はすごく賑わっていて。海外の方とかいっぱいいらっしゃって、「Japanese star?」って(笑)。ジャパニーズスターって(笑)! 違う違う、スターじゃないって。撮影をしていても、ほとんどの場合、そんなふうに声をかけられることはないですよ、気を使ってくださるので。こういうのもいいかもなと......(笑)。すごく笑顔が多い場所でした。
ーーゴールデン街での撮影は、町田さんのどういった「好き」を追及したのでしょうか。
香港映画だったりの、ネオンの効いた場所、質感がウエットみたいなシーンが好きなんですよ。それを写真集で表現したいなと思って探してたどり着いたのがゴールデン街。こういうところでモノクロフィルム調で撮影したら、撮ってほしいなあって。
ーーそうなると、群馬県の部分は対照的な「好き」になりますよね。
全然違う「好き」ですね。自分のルーツですし、育ってきたなじみの町で、なじみの地元です。地元には中学までしかいなかったですけど、そのころまでってすごく色濃くて。閉鎖された空間だったから、そこから都会に出たことで、いろいろなところに行ったり、いろいろな人たちと出会って、自分が広がっていった感覚があるんですよね。その分、地元には思い入れが強くなる。この写真集では、そういったところを知ってもらえたらいいなと思っています。それと群馬では、やっぱり俺、自然豊かなところ好きだなあって思いましたね(笑)。
ーー撮影した場所のなかで思い入れが強いところはどこになりますか?
......全部そうなんですけど、強いて言えば、駄菓子屋さん。地元に住んでいたら全員がお世話になっている駄菓子屋さんで、あそこでお菓子を買うのが生活の一部でした。行ったらおじちゃんやおばちゃんも元気で、「こんなに小っちゃかったのに!」って、俺のことも覚えていただいていたのがすごいうれしかったですね。俺ってでかくなったな、育ててもらったんだなあって思いました。子どものころにあった場所ってなくなっちゃったりもするけど、今もあることって素晴らしいなあって思いますね。
ーーそういえば、地元にお帰りになるときは今も電車で帰られるとか。
帰りますよ! 写真集ではご協力いただいて、いつも使っている電車のなかでも撮影しています。
ーー改めて、初めての写真集に手ごたえは?
まったくないです。まだ手に取っていただく皆さんからの反応を聞けてないですしね。自分がこういうテイストが好きだとか、こういう感覚でいることを詰め込んだつもりでいるので、できる限りやったなという感じでいます。
ーーさて、今年も残すところあと1カ月と少しです。2019年はどんな年でしたか?
学びの年だったと思います。自分でそういう年にしようと思ったのもあるんですけど。自分自身のことだったり、いろんな情報を自分の中に入れて考えたり、分析したりすることが多かったです。作品も時代劇をやらせてもらったりして、時代劇はかつらがすごく似合っているとおっしゃっていただきますし(笑)、どんどん挑戦したいなと思いました。好きなことが認められたということもあるので、本当にありがたいなと思います。
ーー2020年は、LDH PERFECT YEAR。劇団EXILEとして9人全員が揃ってのプロデュース公演『勇者のために鐘は鳴る』も控えています。
舞台は7年ぶりで久々なので頑張らないといけないなと思っています。舞台は生もの、見てくださる方が目の前にいて、できるってことはうれしいことですし、それが魅力で、怖さでもあります。すごく学べるんだろうなって思っています。怖いですけど、楽しんでもらえるように頑張りたいです。メンバーもいますし、助けてもらいながら、刺激しあいながら、しっかり集中していきたいと思います。
(聞き手、TOKYO HEADLINE・酒井紫野)
町田啓太『BASIC』(撮影・彦坂栄治)は光文社より11月20日発売。2700円+税。
まちだ・けいた...1990年7月4日生まれ。群馬県出身。劇団EXILEのメンバー。2010年の第3回劇団EXILEオーディションで合格、同年12月に舞台『ろくでなしBLUES』で俳優としての活動をスタートした。出演作にNHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年)、『美女と男子』(2015)、『中学聖日記』(2018)、『HiGH&LOW』シリーズ、『PRINCE OF LEGEND』シリーズなど。2020年1月には、劇団EXILEの初のプロデュース公演『勇者のために鐘は鳴る』が控える。映画『前田建設ファンタジー営業部』も公開予定。初の写真集
『BASIC』(撮影・彦坂栄治)が光文社より11月20日発売。
■町田啓太1st写真集「BASIC」公式アカウント:https://twitter.com/basic_machida

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.