画像: ラグビー解説者の大西将太郎氏がW杯を総括【髙田横粂の世相談】

ラグビー解説者の大西将太郎氏がW杯を総括【髙田横粂の世相談】

日本のグループリーグ4勝と優勝南ア、準優勝イングランドをズバリ的中
元ラグビー日本代表で解説者の大西将太郎氏が11月18日、11月2日に終了したラグビーのワールドカップ(W杯)を総括した。
この日、大西氏は元総合格闘家でRIZINで解説を務める髙田延彦と弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏がMCを務めるインターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」に出演。大会直前にも出演し、その時は髙田と横粂氏にラグビーの魅力を伝え、日本代表について「4勝で1位通過」、そして「優勝は南アフリカ、準優勝はイングランド」とこちらもズバリ的中させていた。
大西氏は「最初はプールCが死のプールといわれていたが、結果的に予選突破が最後まで決まらなかったのは日本がいたプールAだった」と日本の4連勝には数字以上の価値があったことを示唆した。
そして日本代表の印象的なシーンとして「台風の影響があってスコットランド戦の開催が危ぶまれたが、たくさんの人のご尽力で開催された。決着をしっかりつけようという試合で、日本ラグビー最大の試合だった。そこでの7万人による君が代の合唱はすごかった。それは僕の夢だった。そしてそのあと代表がみんながびっくりするようなプレーを見せてくれた。稲垣選手のトライの時の会場の雰囲気はすごかった。涙が出ました。トライの仕方が下手だったと言われているが、僕もあまりトライをする選手ではなかったので分かります。でも、あの時くらい笑っても良かったですよね」とプールAトップ通過を決めたスコットランド戦での勝利を挙げた。
また大会全体については「今大会は高温多湿で汗で滑って、全チーム、ミスが多く、ベスト8からは気温が下がり心地よいスタジアムの雰囲気だった。これほど大会の間で気候が変わるのは日本以外ないので、独特の大会だった。ラグビー以外のハイライトもたくさんあった。カナダ代表の選手が釜石でボランティア活動をしたり。ラグビー以外のことも取り上げられ、結果としてラグビーの良さを引き出してくれた大会だった」などと振り返った。
「現在の日本代表はカラーがないのが特徴。臨機応援、縦横無尽」
番組では試合のハイライト映像を見ながら生解説。
日本代表の印象的なプレーについて髙田は「日本代表の80分のパフォーマンスを見ているだけで、大満足。一つのシーンだけを挙げて“あそこが良かった”とは、なかなか言えない。フィジカル的には追いついてきたとも言われているが、体格的には劣っているわけで、そんな彼らがスピードとテクニックとチームワークで世界の大きな強豪たちを相手に80分戦っている姿を見ているとその全てのプレーが印象に残った。それが正直な感想」
横粂氏は「初戦のロシア戦の前半4分のフルバックのトゥポウ選手がキャッチミスしてトライを取られたところが印象的。あの時に“ラグビーって難しいな”と改めて思った。漫画やドラマを見て甘く考えていた自分が“そりゃ難しいよな”と気づいたし、W杯という場が選手にどれだけ緊張を与えるのか、あの後もガチガチだった姿を見て思いました」
ロシア戦について大西氏は「ロシア戦の前半は全員緊張していた。観客も。緊張しないほうがおかしい。ロシアのトライは全試合であの一本だけ。あれはライトも目に入ったみたい。あの時間帯であの雰囲気の中で落下点を見失ったということもあると思う。相手がスコットランドやアイルランドだったら、あの前半の状態では後半巻き返しても負けていたかもしれないので、ロシアには悪いけど開幕戦はロシアで良かった」と話した。
グループリーグ最終戦の日本vsスコットランド戦について高田が「今回はオフロードパスを多用していましたね」と問うと大西氏は「今までもしたかったけど、できるフィジカルがなかった。50:50のパスより、しっかりボールをキープしようとしていた。今回はしっかり練習してきた。オフロードはタックルされながらなので、もしこの後捕まってしまうとサポートが遅れてしまう。そういうリスクがあるので絶対に通さないといけない。エディさんの時はボールを保持することが優先の戦い方だった」と解説。そして「スコットランドは120%で来ていたが、そこで守り切った日本のディフェンスが良かった」と日本のディフェンス力を評価した。
また現在の日本代表について「カラーがないのが特徴。臨機応援、縦横無尽、カメレオンみたい。総合力がある。“今回の日本代表はどんな戦術で来るんだろう?”とどの国も思っていたと思う」と話した。
南アフリカとの差は経験値
準々決勝の日本vs南アフリカ戦については大西は「ベスト8以上になるとボーナスポイントとかが全く関係なくなる。3点3点を積み重ねていって、最後に1点差でもいいので勝てば次に行ける。ノックアウトトーナメントの経験値が南アフリカのほうが高かった。毎回ベスト8に行っているチーム。日本は初めて。もう一段ギアを上げなきゃいけないところで、余裕をもってグループリーグを突破した南アフリカに対し、日本は疲労もあった。コンスタントにベスト8に進むチームになっていればベスト4は見えてくる。やはり経験値は大事。そんなに一気にはいけないですよ」。
そして横粂の「ワンマッチだったら大きな差があるわけではない?」という問いには「ないと思う。南アフリカは前半、ミスも多かったが、あの強い南アフリカに前半5-3というのはすごい」と話す。その一方で南アフリカについて「南アフリカはリザーブもレギュラーで全然おかしくないメンバー。総合力が向こうのほうが上。勝てるだろうと思われる相手に対しては主力を休ませた。(通常は)控えはフォワード5人、バックス3人で8人のところ、南アフリカはフォワード6人でバックス2人。フォワードは8人なので8分の6を後半途中から入れ替える。フォワードをそれだけ変えてくるスタイルは斬新というか、リスクもあってなかなかできないが、それをやってきた。そして南アフリカもケガ人が出なかった。コルビーの足首も治るという...(笑)。ベスト4になるチームはケガもしないし総合力も高いし、新しいステージで新しい扉を開けないとダメ。それは国全体の総合力というところになってくる。それくらいの選手がもっと日本代表の座を競い合えれば自然とそこの層の厚さができてくると思う」と話した。
また「今大会で一番最初に来た外国のチームで一番最後までいた。日本に対して慣れている。開幕前にも言ったけど日本のトップリーグの選手が一番多い国。日本という国への慣れも大きかった」と南アフリカの本気度についても触れた。
決勝の南アフリカvsイングランド戦については「一番のキーポイントはイングランドの3番の選手が頭を打ってケガで退場してしまったこと。これでスクラムが劣勢になってしまい、南アフリカの優位性が増した。スクラムのトラブルが1試合を通じて解消できなかった。イングランドはここが計算違い。南アフリカは本当に強かった。何よりW杯で優勝、準優勝するチームはディフェンスがすごい。ゴール前まで行くのになかなかトライを取れない」などと話した。
髙田「日本人も外国人もRIZINに欲しい人だらけ」
そして大会MVPには大会前に出演した時に名前を挙げていた南アフリカのチェスリン・コルビを挙げ「大きいというイメージのある南アフリカチームの中で日本の選手よりも小さい。それでもトライを奪ったり、ラグビーの魅力を示した選手だと思う。大きいだけじゃない。大きい選手も小さい選手もいる。体重がある選手がいれば、細い選手もいる。いろいろな要素が組み合わさったスポーツがラグビー。彼がその一つを輝かしてくれたと思う」と評価した。
髙田は今大会について「面白さ、ダイナミズムが日本国民の隅々にまで行き渡って、日本が一体となってラグビー日本代表の試合だけでなく外国のチーム同士の試合でも気持ちよく応援している姿を見られた。ラグビー文化が今までもうひとつ根付いてなかったのがこれで一気に根付いたように思う。だからここからこの熱を切らさずに次の23年まで持っていくのが大事だと思う」と話した。
またその次回に向け「今回は1回もスタジアムに行ってない。23年のフランスには自腹で家族を連れて日本の応援に行きたい。今回の大会で痛感した。そこは悔いに残っている。それを目標に明日から仕事を頑張る(笑)」と話した。横粂氏も「にわかファンで終わらせないために、トップリーグに関心を持っていこうかなと思う。今後のプロリーグ化にも期待をしながら、4年間ロスにならないようにラグビーにしっかり触れて、より詳しくなって次のW杯を楽しみたいと思います」と続いた。
最後に大西氏が「もしRIZINに誘うとしたらどのラグビー選手?」と髙田に聞くと「喉から手が出るくらい日本人、外国人含めて欲しい人だらけだった。オファーをかけたいくらい」と話した。
実際、今年8月には5月に現役を引退したラグビー元イングランド代表のFLジェームス・ハスケルがBellatorと契約している。かつてパンクラスで活躍した謙吾も高校、大学ではラグビーで実績を残しているだけに、あながちあり得ない話でもない?
同番組は、元総合格闘家の体育会系・髙田と、トークバラエティー番組「バイキング」(フジテレビ系)などでコメンテーターを務める東京大学法学部出身の横粂氏が「今現在、髙田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論するワイドショー番組。次回は12月23日に生配信の予定となっている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.