画像: 木村“フィリップ”ミノル「自分の魅力を最大限出してKO勝ちしたい」 【11・24 K-1】

木村“フィリップ”ミノル「自分の魅力を最大限出してKO勝ちしたい」 【11・24 K-1】

対戦相手がイタリアのバルディノッチに変更
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)に出場する木村“フィリップ”ミノルが11月19日、都内で公開練習を行った。
木村はウェルター級のスーパーファイトでイタリアのジョーダン・バルディノッチと対戦する。当初はサイド・アマダと対戦予定だったが、ビザ申請と出国手続きに不備があり欠場となり、バルディノッチに変更となった。バルディノッチはサウスポーから繰り出す伸びのあるパンチと蹴りが持ち味のファイターで25戦20勝(7KO)4敗1分の戦績を誇る。
木村はこの日は入念なシャドーの後に3分間のミット打ち。左の重く速いジャブを確かめるように連打。そこから左右のワンツー、右ジャブから左フック、そして左の連打と多彩なパターンのパンチを披露。
会見での「自分でも驚くぐらいばっちり。できあがりに自分でひいてます」という言葉に思わず納得の仕上がりっぷりだった。
木村は前回の試合後「一つ上のステージに上がった感覚があった」と話していたのだが、「練習をやってみて、2個も3個も(ステージが)上がったかなと思っている。コンスタントに試合と練習を続けていく中で、長期間休まないからこそ見えてくる課題が見えてきて、その課題にフレッシュな状態で臨めている。それでトレーナーと2人で今まで見えなかった景色や見えなかった次元がちょっとずつ見えてきたかなということを練習の段階でですけど感じています。それが試合でどう生きるか楽しみ。すごいパンチが出ると思う」などと前回からより一層のレベルアップを実感しているよう。
「本当に狙いすましたら1R、秒殺で終わってしまうような試合」
そのひとつ前の試合。クルーズ・ブリッグス戦では「相手が倒れた時にスローモーションに見えた」とも話していたのだが「倒す前から狙いは定まっていたし、癖も試合の時には見抜いていた。そういう意味では他のアスリートでいうゾーンに入っていたと思う。だから倒れた時にスローモーションに見えたのかと思う。ゾーンに入っていると、すべてが自分中心に動いているという感覚があって。対戦相手が攻撃的であっても特に圧力も感じないし、自分の好きなようにできるという感覚がリングの中で出てくる。ブリッグス戦の時はその感覚が強かった。そういう試合になる時は練習の時からゾーンに近いような緊張感であったり、そういうきつさの中でやるからこそ試合の時もそれに持ち込めるので、練習の段階から調子がいいと感じていた。だから練習の時のようにセコンドの声も聞こえるし、リラックスして戦えるという感じ。今回はその冷静さにプラス情熱的なものも今まで以上。どう試合でミックスされるか楽しみ」などと話した。
対戦相手となったバルディノッチはK-1 WORLD MAX 2009、2010世界王者のジョルジオ・ペトロシアンとも交流があり、ファイトスタイルも似た選手。木村は「ペトロシアンを筆頭にイタリア人は強い。ムエタイもできるしボクシングもできる。ムエタイだけではない強さがヨーロッパ勢にはあると思う。その点では警戒している」と話しつつも「負けることはない。本当に狙いすましたら1R、秒殺で終わってしまうような試合だと思うが、2R3Rとやって見せ場を作ってKOするのもいいのかなと思っている。ただそれは相手がいることだし強い相手なのでなんともいえないが、自分の魅力を最大限出してKO勝ちしたい」とKO勝ちを宣言した。
「練習とかこの仕事に対しては一切手を抜いていない。油断はない」
木村は現在4連続KO勝ちと絶好調で、体調も万全。しかしそんなときにえてして“油断”や“落とし穴”は存在する。実際、木村にはそういった不安定な強さともろさが同居していた時期もあった。しかし「僕はそれを一番気にしている。調子がいい時は絶対に大敵が潜んでいると思っているが、試合が終わってすぐにジムに来て、“敵を倒す”ということを毎日繰り返している。だから、きっとその敵はもう潜んでいないと思う。もうポジティブなエネルギーだけ、守護霊だけがいる感じ(笑)。悪いものは全部排除しました。ジムに来ると勝手に排除されるんです。だからそういう練習とかこの仕事に対しては一切手を抜いていない。ジムにいない時間も常に“トップにいる選手は今この時間に何をしているんだろう?”とか先頭を走っている奴がいるとしたら“そいつは今何をやっているんだろう?”と常に考えてやっている。そういう意味では自分自身、そういう油断はないのかなと思う。ただ“ないのかな?”と思うのも油断だとしたら、もっと突き詰めなければいけない。それは常に自分と葛藤しています。だからそこは大丈夫だと思います」とメンタル面でも万全なコンディションが整っているようだ。
「ものすごい非日常を見せるつもり。一緒に楽しみましょう」
今回の会場は旧K-1が名勝負をいくつも生み出した横浜アリーナということもあり、武尊は「裏テーマは旧K-1への挑戦」と口にした。木村もそこは同じ感情を持っているようで「横浜アリーナと聞いて僕の中でものすごく燃えるものがあった。それは以前のK-1のイメージが僕の中にあって、あれをどれだけ越えられるのかと思った時に、今までにない準備をしてきたし、今までにないくらいたくさん考えた。“どうしたら、あの時、少年であった僕が燃えたように、1人の少年を希望を持って燃えさせることができるのか”というようなことは今まで以上に考えた。でも考えれば考えるほど、木村“フィリップ”ミノルを体現するしかないのかなという、シンプルな答えにたどり着きますね」と話した。そして「横浜アリーナに来られる方も来られない方も、ものすごい非日常を見せるつもり。僕自身も非日常を味わっていますし、見ている方ともそれを一緒に楽しめたらいいなと思う。僕のやりたいことは、ものすごい迫力のあるKOを見せること。それを期待して、いつ倒すんだろうとワクワクして見ていただければ幸せです。一緒に楽しみましょう」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.