画像: 【オススメCD4選】ビューティフルなミュージック のろしレコード、BECK他

【オススメCD4選】ビューティフルなミュージック のろしレコード、BECK他

『OOPTH』のろしレコード
ドラマ『監察医 朝顔』の主題歌でより多くの人の知るところとなったシンガーソングライターの折坂悠太と、松井文、夜久ーからなる、のろしレコードが4年ぶりにアルバムをリリース。山梨・小淵沢の八ヶ岳星と虹レコーディングスタジオで合宿スタイルでレコーディングしたという本作には、澄んだ空気と温かみ、そして郷愁を誘う楽曲たちが収録されている。タイトルトラックのほか、折坂の「コールドスリープ」、夜久ーの「チャイナガール」、松井の「さなぎ」の新曲と、セルフカヴァーで構成。物語のように綴られる言葉と、積み重ねられる音に、ひとりそっと耳を傾けたい。
[J-POP ALBUM]のろしレコード 発売中 2500円+税
『Everyday Life』Coldplay
世界的なロックバンドとして揺るぎない存在感を放ち続けるコールドプレイの最新作。前作『A Head Full Of Dreams』から4年のインターバルを経てリリースされるフルアルバムはコンセプトアルバム。1日24時間をテーマに掲げて制作されている。SUNRISE(日の出)とSUNSET(日の入り)の2部構成でなっている。収録曲は「Sunrise」で始まり、「Wonder Of The World / Power Of The People」「Guns」そしてタイトルトラックまで......戦争や紛争、難民機器、性差別、銃規制、政治腐敗などの話題に触れつつ、現在の世界の状況を表現している。
[ROCK ALBUM]ワーナー 11月22日(金)発売 2700円+税
『Beautiful People』久保田利伸
時代も国境も超えて数えきれない人たちの体を揺らしてきたレジェンド、久保田利伸の最新アルバム。本人の言葉を借りれば、新しさと懐かしさが同居する作品で、久保田以外には作れないという作品なのだとか。ファンキーかつグルーヴィー、スロージャムやトラップも登場し、新旧、またはハイブリッドなビートやグルーヴに乗って歌う。すでにテレビなどでおなじみの「その人」など艶があってロマンティックな珠玉のバラードも。CMソングとなった「So Beautiful」も含んだ、全14曲を収録。
[J-POP ALBUM]ソニー・ミュージックレーベルズ 11月27日(水)発売 初回生産限定盤【CD+DVD】3666円、通常盤【CDのみ】3157円(ともに税込)
『ハイパースペース』BECK
米アーティストのベックが最新アルバムをリリース。1990年代から活躍しオルタナのカリスマとして揺るぎないポジションを築いている彼は、近年では、DAOKOとのコラボレーションで新たなファン層を開拓するなど、彼なりのペースで進み続けている。ジャケットワークや、先に発表された「Saw Lightning」などからレトロな雰囲気がビンビン伝わってくるが、トレンドもベックなりの方法でちゃんと押さえているのがグラミーアーティストたるところ。最新作では、収録曲のうち7曲でファレル・ウィリアムズが共作&共同プロデュースでクレジット。コールドプレイのクリス・マーティンも参加している。
[ROCK ALBUM]ユニバーサル 11月22日(金)発売 2750円(税込)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.