画像: THE RAMPAGE、リル・ジュピターと“スニーカー愛”で意気投合!

THE RAMPAGE、リル・ジュピターと“スニーカー愛”で意気投合!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE×K·SWISS【The best Kicks by R×K Project】
靴にこだわりがあるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの長谷川慎と後藤拓磨が、半世紀以上にわたり愛され続けるシューズブランド「K•SWISS」とコラボレーション! 2人はオリジナルコラボシューズのベースモデルをローンチしたインスタグラマー、リル・ジュピターを訪ねて「atmos con(アトモスコン) Vol.7」へ。
THE RAMPAGEが進めるコラボシューズのベースは、10月5日に渋谷ヒカリエホールで開催したスニーカーコンベンション「アトモスコン Vol.7」で発表された米ニューヨーク在住のインスタグラマー、リル・ジュピターモデルと同じもの。今回、長谷川と後藤は「K•SWISS」ブースでリル本人と初対面を果たした。
――「K•SWISS」とのコラボレーションは2回目のリル。心境の変化は?
リル:前回は私にとって初めてのシューズだったので、とてもシンプルな作りたいものを作りました。今回は2回目で慣れてきているということもあって、ディテールやテクスチャーにこだわって作りましたね。
――デザインについて教えてください。
リル:まずシューズのスタイルを見た時に、ベースをこのモデルにしようと思いました。今回は私の名前のジュピターにちなんで、“宇宙”という要素で入れたい色を取り入れました。オイルスリック(水に油を浮かべたような)カラーをポイントとして考え始めたのですが、すべて同じグレーにはしたくなかったので、グレーはグレーでもさまざまなグレーを使っています。いろいろな色がある中で、なんとなくパッと思い浮かんだのがこのカラーリングだったところもあって、どこにどの色を置くかは最終的に当てはめてから決めていきました。
後藤:僕らも「K•SWISS」さんからサンプルの画像を上げていただくたびに「おぉ、すごい」ってなるんですけど、僕たちとはまた違う感性やエッセンスをこのスニーカーに感じてすごく勉強になります。タグの部分とかオーロラや虹のようなカラーリングなど、実際に自分たちがやろうとしていたことでもあるので、やっぱりすごいなと思いますね。
長谷川:僕たちも「K•SWISS」さんのスニーカーをいろいろ見させていただいたんですけど、リル・ジュピターモデルはこれまでにない形ですごく今っぽいですよね。ディテールからして宇宙っぽさや近未来感を感じさせる要素がこの一足に詰まっていて、ものすごく格好いいです。
――THE RAMPAGEのコラボモデルの進捗はいかがですか?
後藤:サンプルが上がってきたらまだまだ変わると思うんですけど、現状ではけっこう黒めな感じで作っています。コアな世代やファン層に刺さるスニーカーに仕上げたいので、自分たちとしてもかなり細部までこだわって「こうしてほしいです」と伝えていて、これをきっかけにスニーカーの歴史などを探ってもらえるような一足にしたいですね。
長谷川:僕たちのイメージしているスニーカーも近未来感やネオ感をすごく意識していて、ベースは黒なんですがただの黒じゃなく素材を変えたり、自分たちでこういう素材を使いたいと希望を出したり、リフレクターで近未来感を盛り込んでいこうと話していたり。まだ絵コンテの段階なんですけど、サンプルが届くのがすごく楽しみで、早く皆さんに見ていただきたいです。
――自分のコラボスニーカーをどんな人に履いてほしいですか?
リル:どんな人にでも履いてもらいたい。1歳から90歳まで(笑)、みんなに履いてほしいというのが私の願いです。
後藤:僕たちのファンは女性の方が多いですけど、多くの男性の方にも手に取ってもらいたいです。僕たちのシューズを自分がいいと思うスタイルで自由に履いてもらって、シューズやファッションの世界がもっともっと盛り上がっていったらすごくうれしいかな。
長谷川:僕たちの年齢でスニーカーをデザインさせてもらえるってなかなかない機会なので、同じ世代の人たちにも「すごい」と思ってもらいたいし、履いてほしいです。自分と同じ世代の人のスニーカーを履くって新しいじゃないですか。そういう部分で刺激を与えられる存在でありたいですし、僕たちも履いている人から刺激をもらいたいです。若い人からおじさん、女性まで本当に誰でも履いてほしい。
リル:私自身の思いとしてもみんなが着たいものを着ればいいというのが一番。自分たちの世代に履いてほしいという気持ちもすごくよく分かります。僕たちは同じチームだね(笑)。
「K•SWISS」ブース、注目の先行発売モデルをチェック!
今回の「アトモスコン Vol.7」では3モデルをローンチした「K•SWISS」ブース。まずリル・ジュピターとのコラボレーションモデル第2弾「CR-TERRATI×JUPITERR」(1)は、2020年モデルのCR-TERRATIをベースに宇宙にインスパイアされたカラーリングやパーツを使用した一足。12月の世界限定発売に先駆けて日本で先行発売した。さらに映画『ゴーストバスターズ』に登場するマシュマロマンとスライマーをモチーフにしたスペシャルモデル「Si-18 INTERNATIONAL GB」(3)、「CLASSIC 2000 GB」(4)を限定で先行発売。スニーカーの世界観そのままにスペーシーなエリアと『ゴーストバスターズ』をイメージしたエリアに分かれたブースデザイン(25)も話題に。今後も「K•SWISS」のコラボモデルに注目だ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.