画像: キンプリが「GQ MEN OF THE YEAR」受賞!ジャニーズとしては初

キンプリが「GQ MEN OF THE YEAR」受賞!ジャニーズとしては初

今年、各分野で圧倒的に輝いた男たちに贈られる「GQ MEN OF THE YEAR 2019」の授賞式・記者会見が21日、都内で行われ、キンプリの愛称で親しまれるKing & Princeがポップ・アイコンズ・オブ・ザ・イヤー賞に輝いた。ジャニーズのグループで「GQ MEN OF THE YEAR」受賞するのは初。
「素敵な賞をいただけてうれしい気持ちでいっぱい」と、岸優太。「ジャニーズグループ初(の受賞)ということを聞いて、ありがたい気持ちでいっぱいです。いつも応援していただけるティアラ(ファン)の皆さん、支えてくださるスタッフの方々のおかげでいただけた賞。現状に満足せず、夢である世界進出を胸に精進していきます」と、コメントした。
授賞式後には各部門での受賞者がクロストーク。
ラグビーが大好きで経験もあるという平野紫耀は「ラグビーのパスを受けてみたい」と、ヒーローズ・オブ・ザ・イヤー賞を受賞したラグビーW杯日本代表の田村優のパスを受けた。最初はパスをキャッチしては田村の所に歩いて行きボールを手渡すという謎の行動を繰り返したが、それを指摘されたあとは軽快なパスワークを見せた。「球に、パワーというか重みがありました。本当に光栄な経験でした」と、興奮気味だった。
アスリート・オブ・ザ・イヤー賞を受賞したプロサーファーの五十嵐カノアは、東京のおすすめスポットをキンプリに質問。五十嵐が日本にいるときは原宿に行くと聞いて、神宮寺勇太が「代々木公園がいいと思います。原宿から5分だし。カブトムシは好きですか? 夏だったらカブトムシが捕れるし、カップルや家族の散歩が見られる」。髙橋海人は「オーソドックスになってしまうのかもしれないですけど......渋谷のハチ公前。東京でお友達と会う時には。あるいは新橋のSL広場とか」と答え、壇上も会場も腰砕けだった。
最後は、永瀬廉が代表して「ジャニーズのグループで初めて、そしてデビューしてまだ2年目でこのような素晴らしい賞をもらえるのは本当に光栄で、感謝の気持ちでいっぱい。この賞に恥じないような活動・活躍できるように頑張っていきたい」と、2020年のさらなる飛躍を誓った。
「GQ MEN OF THE YEAR 2019」受賞者
◆アスリート・オブ・ザ・イヤー賞
五十嵐カノア(プロサーファー)
◆テレビ・パーソナリティー・オブ・ザ・イヤー賞
石原良純
◆ブレイクスルー・アクター・オブ・ザ・イヤー賞
賀来賢人
◆ポップ・アイコンズ・オブ・ザ・イヤー賞
King & Prince
◆レジェンダリー・アクター・オブ・ザ・イヤー賞
草刈正雄
◆ユース・インフルエンサー・オブ・ザ・イヤー賞
Kemio
◆コメディ・アクト・オブ・ザ・イヤー賞
霜降り明星
◆アクター・オブ・ザ・イヤー賞
ムロツヨシ
◆ニュー・ジェネレーション・アクター・オブ・ザ・イヤー賞
横浜流星
◆ヒーローズ・オブ・ザ・イヤー賞
田村優、トンプソン・ルーク、松島幸太朗、リーチ・マイケル(ラグビーW杯2019日本代表)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.