画像: 話題の新生「渋谷PARCO」はグルメも充実、テーマはカオス!?

話題の新生「渋谷PARCO」はグルメも充実、テーマはカオス!?

3年余りの休業期間を経て、11月22日にいよいよグランドオープンした「渋谷PARCO」。新生「渋谷PARCO」のパルコらしさを感じられる場所をキーワードで見ていこう。
〈FOOD〉
「食」を施設の魅力を形づくる重要なポイントととらえ、“そこに集まり、コミュニティを形成し、空間と時をともに楽しめるような場所”をコンセプトに編集。レストランフロアはB1F「CHAOS KITCHEN(カオス キッチン)」と7F「RESTAURANT SEVEN(レストラン セブン)」、そのほかに各フロアのコンセプトに合わせた飲食店など全37店舗を設けている。
B1Fは「食・音楽・カルチャー」をテーマとし、飲食店と物販店がミックスしている。サンフランシスコで大行列のワンハンドスタイルを逆輸入したラーメン店「Jikasei MENSHO(ジカセイ メンショウ)」や「ミシュランガイド東京2019」ビブグルマン掲載の代官山の人気ビストロが放つ渋谷系ビストロ「Äta’s(アタズ)」、立ち食いうどんの名店「うどん おにやんま」が商業施設に初出店するなど、味だけでなく話題性にも事欠かないショップが勢揃い。さらにジビエ・昆虫料理の「米とサーカス」、新宿2丁目発のバー「Campy!bar(キャンピーバー)」などアクが強めのショップも混在した、まさに“カオス”な空間だ。
7Fには新鮮なネタを薄めの衣とキャノーラ油でカラッと揚げる福岡発祥の天ぷら専門店「博多天ぷらたかお」、北陸・日本海から新鮮なネタを提供する回転寿司「金沢まいもん寿司」、喜多方ラーメンがベースの気軽に食べられる一杯を提供する「中華そば専門 田中そば店」ほか、日本のソウルフードが集まった。また、六本木で大人気のヴィーガン料理専門店「FALAFEL BROTHERS(ファラフェルブラザーズ)」が商業施設初出店を果たすなど、さまざまな文化的背景を持つ人がグルメを楽しめる。
4Fダイニングの「chompoo(チョンプー)」は、下北沢「Saimon&Trout」の森枝幹シェフが手がけるフレッシュハーブをふんだんに使ったタイ料理店。シェフ自身が世界中のレストランやイベントを通して魅了された体が喜ぶしみじみおいしいタイ料理が展開される。
ちなみにB1F「CHAOS KITCHEN」の環境デザインは建築家の藤本宗介が担当。旧「渋谷PARCO」にてPartIの外壁に使用されていたネオンサインの“C”を「現代アート作品」として恒常的に展示する。7Fには“R”、8Fには“P”の文字が設置されているので各フロアで探してみよう。
渋谷PARCO
【営業時間】物販:10〜21時、飲食11〜21時
【定休日】不定休
【住所】東京都渋谷区宇田川町15-1
【URL】https://shibuya.parco.jp

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.