画像: 武尊が「五輪イヤーにみんなが望んでる試合を実現させたい」【11・24 K-1】

武尊が「五輪イヤーにみんなが望んでる試合を実現させたい」【11・24 K-1】

8カ月ぶりの復帰戦で村越優汰に判定勝ち
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)でK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊が約8カ月ぶりの復帰戦で、前フェザー級王者・村越優汰と対戦し、2-0の判定で勝利を収めた。
戦前、「武尊選手を完封する」と話し、必ずしもKO狙う戦い方に固執しないことを宣言していた村越と「KOを狙う」「そんな考えでは勝てない」と話す武尊という図式。イデオロギー闘争ともいえる試合となった。
1Rから村越は右ジャブの左ミドル。武尊のローをかわしては距離を詰めようとする武尊の動きに合わせてジャブを放つなど、戦前の言葉通りクレバーな立ち回りを見せる。
武尊もプレッシャーをかけ続け、前に出るがなかなか村越を捕まえるには至らない。
序盤は村越のテクニックに手こずるも3Rにラッシュ
2Rになると前に出る武尊に村越が左ミドル、左ハイをヒットさせる。武尊の右フック、右ストレートと徐々にパンチを当てていく。なおもプレッシャーをかけ前に出てパンチを放つ武尊を村越はプッシングや組み付きで止めるが、強くなる武尊のプレッシャーに徐々に手を焼く展開に。
武尊はなおもパンチを当て、笑みを浮かべて村越に向かっていく。
3RになるとKOを狙う武尊は村越の前蹴りを受けても下がらず、より一層プレッシャーをかけて前に出ていく。村越はアッパーもまじえ、反撃し激しい打ち合いとなるが、やはりここまで強烈なプレッシャーを受け続けてきた村越の動きが徐々に落ちていく。
最後は武尊が猛ラッシュをかけたまま試合が終わった。
3Rのゴングが鳴ると首を振りながらコーナーに戻る武尊。
判定はジャッジ1人が29-29としたものの、2人が30-29で武尊を支持。武尊が8カ月ぶりの復帰戦で判定ながら勝利を収めた。
「オリンピックより盛り上がる格闘技の大会をK-1で実現したい」
武尊は試合後のマイクで「僕がデビューした時はK-1はなくてテレビで放送している格闘技の大会もなくて、何もないところから始まって、後楽園ホールとか新宿FACEとか小さい会場でやりながらここまできて、横浜アリーナにK-1として戻ってこれて、うれしいです。みなさんのおかげですありがとうございました。KOを楽しみにしてくれてた皆さん、すみません。次はもっと体を仕上げて、次は絶対KOを見せるので、よろしくお願いします。来年は、東京オリンピックが開催されるんですけど、負けないくらいの格闘技の大会をやりましょう。みんなが望んでる試合、来年、オリンピックイヤーに実現させたい。僕についてきてくれてるK-1ファンの皆さん、武尊ファンの皆さんを裏切らない。K-1最強を僕が証明するんで応援お願いします。K-1最高!」と話す。
試合後の会見では「自分の中では反省点の残る試合だったし、対戦相手がどうこうより自分の調整具合で課題が残った試合。来年はしっかり仕上げて最高の試合をしたいと思うのでまた頑張ります」と試合を振り返り、村越については「やりにくかった。うまさをすごい感じました」と話した。
新生K-1初の横浜大会については「すごくよかった。景色が最高でした」と話し、戦前、裏テーマとしていた「旧K-1との対決」については「盛り上がりでは、僕だけじゃなく他の選手が新しいK-1引っ張るつもりで盛り上げて、KOも多く、面白い試合が多く、盛り上がりでは超えたと思う。僕ももっとそこで力になれるようもっと頑張りたいと思います」と大会の盛り上がりには及第点の様子。
そして「2020年のオリンピックイヤーにオリンピックより盛り上がる格闘技の大会をK-1で実現して、“K-1最強”を証明するので、来年に向けて1から頑張りたい。応援お願いします」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.