画像: 江川優生が3連続1RKOでトーナメントを制す【11・24 K-1】

江川優生が3連続1RKOでトーナメントを制す【11・24 K-1】

決勝ではムエタイの危険な18歳を1RKO
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)で行われた「K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント」で江川優生が決勝でジャオスアヤイ・アユタヤファイトジムを1RKOで破って王座を獲得した。
江川は現在、K-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者に君臨。優勝候補の筆頭に挙げられる中、1回戦から3試合連続1RKO勝ちという圧倒的な強さでトーナメントを制した。
決勝ではムエタイの二大殿堂の一つ、ルンピニースタジアムで活躍する18歳の新星ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジムと対戦。
ジャオスアヤイは1回戦で安保璃紅に1R1分18秒でKO勝ち、しかし準決勝では卜部弘嵩と延長にもつれ込む熱戦を繰り広げ、決勝に勝ち上がってきた。
江川に比べ消耗はしているものの、18歳とまだまだ若く、安保を実質KOした飛びヒザといった危険な技をもつ強敵だ。
しかし江川は1R開始早々にジャオスアヤイをロープに詰めるとパンチの連打。ボディーへの連打で動きを止めると追撃のラッシュでジャオスアヤイは弱々しくしゃがみ込みダウン。
立ち上がったジャオスアヤイだったが、江川はローの連打からボディーの連打で追い込むとジャオスアヤイは2度目のダウン。そのまま立ち上がることができず、江川が1R1分の秒殺KO勝ちで優勝を飾った。
江川は決勝の試合後のリングで「今日戦ってくれた3選手、ありがとうございます。トーナメント出場してくれた全選手ありがとうございます。本当にこのベルトを獲るのが夢で、古川会長に感謝しています。また古川会長に叱られると思いますけど、これからも古川会長よろしくお願いします。ここまでこれたのは家族のみんな、ジムのみんな、応援してくれたみなさんのおかげです」などと感謝の言葉を述べた。
1回戦では初の国際戦を難なくクリア
江川は1回戦でホルヘ・バレラと対戦。バレラは昨年行われた「第2代フェザー級王座決定トーナメント」では優勝候補と目されていた小澤海斗を破り準決勝に進出。優勝した村越優汰に敗れたものの、延長にもつれ込む接戦を演じた強豪。江川は今回が初の国際戦となる。
しかし江川は1Rから積極的に前へ。左ハイをかわしたバレラが右ストレートを放つが、江川はひるまずコーナーに詰めてパンチを放っていく。バレラも打ち返し、打撃戦の予感が漂うが、江川が踏み込んで打ち込んだ左ボディーで状況は一変。効かされたバレラが下がったところで追いかけた江川はパンチの連打からコーナーを背にしたバレラに左ボディーがぐさり。ダウンしたバレラは右わき腹を押さえ悶絶。そのまま立ち上がれず1R1分49秒で江川がKO勝ちを収めた。
準決勝は宿敵・西京を破ったメイヤーを返り討ち
江川は準決勝では1回戦で西京春馬に勝利したアーサー・メイヤーと対戦。
その西京との試合でメイヤーは先制のダウンを奪われるものの、強烈な左ローで反撃し、最後は西京が攻防の中で左足を痛め試合続行不可能となりKOで勝ち上がってきた。
江川は試合開始からアグレッシブに前に出てパンチを繰り出していく。メイヤーも下がりながらもパンチは出し続けるが、江川のプレッシャーは強力。江川の右インローがメイヤーを削っていく。
最後はメイヤーの右の回し蹴りをかわした江川が逆に右の後ろ回し蹴り。メイヤーの右わき腹にぐさりとつき刺さり、メイヤーは悶絶ダウン。そのまま立ち上がれず江川が2戦連続KO勝ちで決勝進出を決めた。
「1RKOで3つ倒せたことにもびっくり」
江川は試合後の会見では「外国人選手(との対戦)は初めてだったんですけど、みんな気持ちの強い選手で倒すのが本当に大変でした。本当に予想外のトーナメントで、自分が1RKOで3つ倒せたことにもびっくりですし、西京選手のアクシデントにもびっくりしましたし、反対ブロックも卜部選手か安保選手と思っていましたが、タイの選手が上がってきたのは予想外でした」などとトーナメントを振り返った。
西京とは今年1月に江川が当時K-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者だった西京に挑戦する形で対戦し、2-1の判定決着で江川が勝利を収めたことから、ともに会見時から「戦いたい相手」に挙げていた。その西京が消えたことについては「(気が)緩みはしなかったですけど、西京選手の相手が思ったよりも強い選手だったのでビックリした。映像で見たときよりも強い選手だったので、どうなんだろうって。試合をしてパンチも蹴りもけっこう重くて、初めて体験したパワーでした。未知の相手だったのでなおさら身が締まって対戦できました」などと話した。
今後については「K-1の顔になれるような、ウチのジムの先輩の武居由樹くんだったり武尊選手のような、K-1の偉大なスターになりたい」などと話した。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)
◆プレリミナリーファイト第1試合 K-1スーパー・ウェルター級/3分3R
○EITO(HALEO TOP TEAM)(1R2分56秒、KO)石橋健太朗(K-1ジム目黒TEAM TIGER)●
◆プレリミナリーファイト第2試合 K-1フェザー級/3分3R
●山浦力也(北斗会館浅科道場)(判定0-3=28-30、28-30、28-30)岡嶋形徒(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○
◆プレリミナリーファイト第3試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
〇多久田和馬(K-1 GYM横浜infinity)(1R1分10秒、KO)山脇魁斗(隆拳塾)●
◆プレリミナリーファイト第4試合 K-1スーパー・フェザー級/3分3R
●久保一馬(FIGHT CLUB 428)(判定0-3=27-29、27-29、27-29)佐野純平(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○
◆プレリミナリーファイト第5試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
△大岩翔大(湘南格闘クラブ)(判定0-1=29-30、29-29、29-29)龍斗(K-1 GYM横浜infinity)△
◆第1試合 K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
TETSU (月心会チーム侍)vs斗麗(WIZARDキックボクシングジム)
◆第2試合 K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
○卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、29-28、29-28)ブランドン・スぺイン(Spain’s Muay Thai Gym)●
◆第3試合 K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
●安保璃紅(team ALL-WIN)(1R1分18秒、KO)ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム(Ayothaya Fight Gym)○
◆第4試合 K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
○江川優生(POWER OF DREAM)(1R1分41秒、KO)ホルヘ・バレラ(Team Jesus Cabello)●
◆第5試合 K-1 WORLD
GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
●西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R1分59秒、KO)アーサー・メイヤー(Singpatong Phuket)○
◆第6試合 K-1 WORLD GPヘビー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○ロエル・マナート(Mejiro Gym Amsterdam)(1R2分10秒、KO)クリス・ブラッドフォード(ムTopTier Muay Thai/Team Greco)●
◆第7試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=29-28、30-28、30-28)鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)●
◆第8試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R1分24秒、KO)瑠久(K-1 GYM横浜infinity)●
◆第9試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
○城戸康裕(谷山ジム)(2R2分29秒、KO)神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)●
◆第10試合 K-1 WORLD
GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
卜部弘嵩(延長判定0-3=9-10、9-10、9-10 ※本戦判定1-0=27-27、28-27、27-27)ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム○
◆第11試合 K-1 WORLD
GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
〇江川優生(1R 2分50秒、KO)アーサー・メイヤー●
◆第12試合 スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R
○愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R57秒、KO)ヤン・ジェグン(韓国/GMTジム)●
◆第13試合 スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R
○皇治(TEAM ONE)(2R2分59秒、KO)川原誠也(パンクラスイズム横浜)●
◆第14試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
○林 健太(FLYSKY GYM)(2R35秒、KO)金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)●
◆第15試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○ジョーダン・ピケオー(Mike's Gym)2R2分40秒、KO)近藤魁成(大成会館)●
◆第16試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)(2R1分28秒、KO)ジョーダン・バルディノッチ(fight house pesaro / team fight power)
◆第17試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定2-0=30-29、29-29、30-29)村越優汰(湘南格闘クラブ)●
◆第18試合 K-1 WORLD
GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
●ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム(1R1分、KO)江川優生○

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.