画像: 社会課題は起業アイデアの宝庫! 次世代のソーシャルビジネスが持つ可能性「SDGs×起業」

社会課題は起業アイデアの宝庫! 次世代のソーシャルビジネスが持つ可能性「SDGs×起業」

2015年9月にニューヨークの国連本部で開かれた「国連持続可能な開発サミット」で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で掲げられた17の「持続可能な開発目標(SDGs)」。SDGsは、途上国から先進国まですべての国に対し、豊かさを追求しながら、地球を守ることを呼びかけており、それまでのミレニアム開発目標(MDGs)より一層普遍的な指標として、2030年までの解決を目指して、さまざまな分野の目標に取り組んでいく。
2016年の正式発効から日本でも少しずつ認知され、現在では強い関心を持つ企業や自治体も増えている。そんな中、企業としての成長を目指しながら社会課題を解決していく、次世代のソーシャルビジネスが注目を集めている。
持続可能な開発の定義は「将来の世代がそのニーズを充足する能力を損なわずに、現世代のニーズを充足する開発」。今、SDGsを通してより深く社会と結びつく起業の形に大きな期待が寄せられている。
【17の「持続可能な開発目標(SDGs)」】
目標01: あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
目標02: 飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善
を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
目標03: あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、
福祉を推進する
目標04: すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、
生涯学習の機会を促進する
目標05: ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエン
パワーメントを図る
目標06:すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
目標07: すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
目標08:すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働
きがいがある人間らしい仕事)を推進する
目標09:強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る
目標10: 国内および国家間の不平等を是正する
目標11: 都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
目標12: 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
目標13: 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
目標14: 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
目標15: 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
目標16: 持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
目標17: 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する
「SDGsを通して 経営者や起業家が持つべき視点」
コミュニティービジネスに携わり企業や自治体のサポートを行う中で、しだいにSDGsへの意識の高まりを感じている、と語る永沢さん。
「SDGsは途上国と先進国がともに取り組もう、というものなので、例えば“安全な水とトイレを世界中に”というような、主に途上国が抱える深刻な課題解決を目指すものもあれば“ジェンダー平等を実現しよう”、“働きがいも経済成長も”といった、先進国においても大切な目標もあります。分野も多岐にわたり範囲も幅広く、また抽象的に示されているので、とらえ方や実践の仕方には国や地域などによってかなりギャップがあるのが現状です。ただ日本でも、大きな企業を中心にSDGsへの親和性を意識する傾向が見られますし、自治体でも新規の基本計画に盛り込むなど、日本においてもSDGsの意識は高まっているのは確かだと思います」
企業の社会貢献は社会の関心度が重要。
「SDGsという言葉の認知度はここ数年で広がったものですが、もともと大企業はメセナ活動、CSRと社会貢献をステイタスとして行ってきました。一方で、日々の売り上げや業務改善で手いっぱいで、社会貢献は余力ができればやるもの、ととらえている企業がほとんどでしょう。企業の姿勢には、経営者がいかにSDGsを自社の活動に落とし込むかも重要ですが、やはり一般社会の意識の高まりが大きく関わってくるのです。ヨーロッパでは以前からCSRが活発な企業の商品を選択するCSR調達が根付いていますが、まだ日本ではそういう意識が薄い。一般市民にも意識が広まり、SDGsを体現している企業が社会の中で注目され利益をあげて成長していくという状況になれば、日本の社会全体も大きく変わってくると思います」
ソーシャルビジネスの担い手にも時代に根差した意識が求められる。
「一般的に、社会貢献型事業いわゆるソーシャルビジネスは事業性、社会性、革新性という3つのファクターが重要視されます。留学していたときに感じたことですが、アメリカでは革新性を重視する姿勢が顕著な一方、日本では社会性に重きを置く傾向があるように思います。ソーシャルビジネスにおいては、クラウドファンディングにしろ、補助金や助成金にしろ、ビジネスとして利益を追求する姿勢より、献身的な姿勢のほうが賛同を得やすい。さらに誰もやっていないことより、すでにあちこちでやっている事業のほうが信頼されやすいので、革新的なビジネスが生まれにくい。これでは結果的に、事業の成長というビジネスの前提と相反する経営視点につながりかねません。2030年へ向けた目標を設定したSDGsを意識することは、今の時代に合わせて視野を広げ、いかにイノベーションしていくかを考えるきっかけとなります。それは時代に即した事業基盤を作っていくうえで必要なことでもあるのです」
社会課題はビジネスアイデアのネタの宝庫ともいえる。
「“良い商品を丁寧に販売すれば売り上げが上がる”というプロダクトアウトと“市場の声を聞いて商品を売る”マーケットインという概念がありますが、マーケットを把握してそこにサービスを提供するという視点は、社会貢献を考える新規事業者や創業者がまず持つべき視点だと思います。マーケットインの視点で生活圏や地域に目を向けると、何が求められているのか、どんな市場があるのかに気がつくでしょう。ローカルな課題を把握してマーケットの声を反映し、そこに必要なサービスを提供していくことが解決につながれば、事業の継続性や成長も期待できると思います。そうなれば、危機感をあおったり義務付けるような伝え方をしなくても、その事業が自然とSDGsの大切さを社会に広めることにもつながるはずです」
「課題解決も利益もあきらめない」。
社会課題と向き合う注目の起業家たち
胡蝶蘭栽培で企業の障がい者雇用と自立を目指す就労を実現
「AlonAlonオーキッドガーデン」
Q.事業内容を紹介してください
「NPO法人AlonAlonを本体として、胡蝶蘭栽培を主な事業とした就労継続支援B型事業所を運営しており、合わせてA&A株式会社として貸農園事業を行っています。貸農園では、企業が雇用した障がい者の方が、その企業から派遣された社員として当園で働いています。今では大手企業さん4社(2019年10月現在)と契約しています。企業側は法定雇用率を達成でき、贈答用の胡蝶蘭を自社で栽培することができる形です」
Q.アイデアを見出した背景は?
「私の息子は重度の知的障害を持って生まれてきました。親として子供の将来を案じ、同じような方々の就労状況を調べたのですが、当時は毎日働いても1カ月1万円にもならない作業所もあり、大きなショックを受けたんです。せめて経済的な部分の不安だけでも解消しようと、29歳でベンチャーを立ち上げ10年で社員150人規模の会社にまで成長させたのですが、しだいに障がい者の就労を継続して支援する事業ができないかと思うようになったんです。そこで思い付いたのが、企業が慶弔に合わせて送り合っている胡蝶蘭の栽培。3万円から5万円、高いものだと10万円、お祝いなので値崩れもほぼない。調べてみると胡蝶蘭のマーケットは毎年330億円あるんです。この1/3でも働きたい障がい者の方たちの収入となれば、とガーデンを設立しました。現在、ここでは月額工賃10万円になるメンバーもいます」
Q.プロでも難しい胡蝶蘭栽培を可能とした要因とは。
「胡蝶蘭栽培経験何十年という方を見学させていただんですが、その方は勘と経験で気温や温度を読んでいたんです。僕はそれならAIを使えばいいと思った。障がいはテクノロジーである程度超えることができる。AIは人を駆逐するのではなく、あらゆる人に社会に参加する可能性を与えてくれるものだと思うんです。また、胡蝶蘭の作業工程は簡単なものから難しいものまで約60工程あり、うちでは難しい作業ができる人や生活態度がきちんとしている人には高い評価が与えられ、それが工賃に反映されます。向上心や達成感、自己肯定感も生まれるので、けっこう皆、熱いです(笑)。作業に入ると、みな職業人の顔に切り替わりますね」
AlonAlonオーキッドガーデン
【住所】千葉県富津市西大和田1234-2
【URL】https://www.alon-ocd.org/
急な雨でもスマホ検索ですぐ借りられる傘シェアサービス
「アイカサ」
Q.事業内容を紹介してください
「1日70円で傘を貸すというサービスです。専用アプリをダウンロードする必要はなくLINEで友だち追加をすればすぐ利用できLINE Payで決済できます。マップで傘シェアスポットの場所と本数を確認できるので最寄りのスポットで借りる傘のQRを読み取ります。すぐに送られてくるコードを使えば傘が開くので、使い終わったら好きなシェアスポットに返却すればOKです。傘自体は無人で管理しています」
Q.アイデアを見出した背景は?
「中国でシェアリングビジネスが当たり前となった様子を見て可能性を感じたんです。そのころ日本でも自転車のシェアリングサービスをメルカリなどがやっていましたが、都心では自転車を使う人より徒歩の人のほうが圧倒的に多いこと、雨の日の徒歩には必須である傘のシェアリングが見当たらなかったことから、思い付きました。多くの方が、急に雨が降ってコンビニでビニール傘を購入したことがあると思います。実は“ビニ傘”のほとんどが中国からの輸入で原価は非常に安いのですが、雨の時しか売れないのでコンビニなどでも粗利率が高く設定されているんです。でも一番の問題はゴミの処分です。行政によっては解体してゴミに出さないといけないところもあるんですが、都内でそんなことをしている人はほとんどいませんね。雨の後にはよく壊れたビニ傘が捨てられていたりしますが、放置や忘れ物のビニ傘が多い鉄道会社などでも処理に大きな労力を割いています。データではビニ傘は年間で8000万本買われていて、都内でも1日雨が降ると10万本が消費されるといわれています。金額でいうと6000~7000万円ほど。これはユニコーン企業を目指すには小さなマーケットかもしれませんが、傘を街中で借りて使う文化が根付けば、ビニ傘を買わないようにしていた人も利用するようになるかもしれない。僕自身、ソーシャルビジネスだから利益や成長は期待できないだろうとはまったく思っていません」
Q.社会貢献性が高いことの利点は?
「自販機を置いたほうが鉄道会社さんとしては儲けになる。それでも設置してくださるのは、傘のゴミを減らしたい、より良い社会を作りたいという共通の思いがあるからだと思います。今後も街を巻き込みながらシェア傘のインフラを構築し、傘の使い捨てをなくしたいと思っています」
アイカサ【URL】https://i-kasa.com/company
Startup Hub Tokyo
【スタハの利用法】
1まずはネットからメンバー申し込み。
2登録したメールアドレス宛に届くURLをクリックして、登録完了。
3スタハ受付で登録画面またはメールのプリントアウトを提示。その日から施設の利用が可能!
TOKYO創業ステーション「Startup Hub Tokyo」
【住所】千代田区丸の内2-1-1明治安田生命ビル1F
【交通】地下鉄千代田線 二重橋前駅直結
【時間】平日10〜22時(最終受付21時) 土日祝10〜18時(最終受付17時)※キッズルーム:火木土(要予約)
【URL】https://startuphub.tokyo

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.