画像: 武尊がK’s FESTAで「みんなが望む試合ができたら一番いい」

武尊がK’s FESTAで「みんなが望む試合ができたら一番いい」

村越戦については「延長にいってKOしたかった」
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)の一夜明け会見が11月25日、都内で開催され、約8カ月ぶりの復帰戦で村越優汰相手に判定勝ちを収めた武尊が出席した。
武尊は「8カ月ぶりの試合でKOで倒したかったし、倒し切って勝者と敗者がはっきりと分かる形で勝ちたかった。そこは課題でもあるし、ブランクを埋めるトレーニングをしてきて、それが試合に出せなかったのは悔しさが残った。でも復帰戦ということで最低限の勝ちが取れたのはよかったかなと思う」と復帰戦を振り返った。
また「体が思ったほど動かなかったところもあった。勝つだけではなく、圧倒的に勝たなければいけないと、熱くなりすぎたのは反省点。練習中は拳に吸収帯を入れていた。試合当日に初めて吸収帯なしでパンチを打ったので思い切り振り切れなかったところはあった」などと拳のケガによるブランクが微妙にファイトに影響したことを感じさせた。
村越については「そんなに嫌ではなかった。重い攻撃もあまりなかったので、やりにくさはあったが、攻撃のダメージだったり、嫌だなという感じはなかった。どこで詰めようかなと考えていたが、いなされてすかされてというのがあった。上手さがすごくあった。僕は格闘技の勝敗の中でKOが一番だと思っているが、格闘家にはそれぞれ美学がある。そこは否定するつもりはない。村越選手の戦い方は素晴らしいと思う。ただ僕はその戦い方で勝敗は決めたくないと思っていたので倒したかった。試合前に、村越選手と戦ったことがある卜部弘嵩君が、村越選手との試合が終わった後に“全くダメージがなくて負けたのは悔しい”と言っていたんですが、その意味が分かりました。ダメージがないのにいなされている感じ。それを突破して倒し切りたかった。延長にいってKOしたかった」などと話し、やはりKO決着にできなかったことに大きな悔いが残っているよう。
2020年に「五輪に負けない格闘技の大会を!」自ら動く
生中継の解説を務めた魔裟斗が「軽量級にいい選手が集まっているので、キャッチウェイト(契約体重)で最強を決めたら面白い」と武居由樹や江川優生といった選手たちとの階級を超えたトーナメントを提案したのだが、武尊は「面白いと思います。中国には階級がバラバラのトーナメントがありますよね」と興味を示した。
また試合後のマイクで2020年に格闘技のオリンピックのような大会をやりたいと発言したことについては「僕が中学生くらいの時の格闘技は年末に“紅白を超えたい”というほどの力があった。その状況に戻したいし、超えたいとずっと言っている。来年、オリンピックがあって、同じスポーツとして負けたくない気持ちがある。同じ年にオリンピックより盛り上がる格闘技の大会をやりたいとずっと思っていて、いろいろな人とそれに向けた話もしてきた。まだ形になってないですけれど、そういう大会ができたらなと思うし、やるなら日本で一番大きい会場でやりたいと思う。世界中の人に見てもらえるようにテレビだけじゃなくて、世界に配信されるような大会にしたい」などと壮大なプランを明かし、それについて自ら動いていることを明かした。
そして来年3月のビッグマッチ「K's FESTA」については「みんなが望む試合がそこでできたら一番いいと思います」と話した。
また前日に城戸康裕が突如「ドーピング検査」の実施を提言したのだが、その時に「武尊とも話している」と発言。これについては武尊も「格闘技もスポーツとして確立させたいし、野球、サッカー、バスケットボールといったスポーツと同じように世界で扱われるスポーツにしたい。そのためには規則とかいろいろなものを統一しなければいけない。まずその中で一番最初にやらなければいけないのはドーピング検査だと思う。実際に戦って見ておかしいなと思う選手はけっこういるので、しっかり検査とかもやって行けたらいいなと思う」と同調した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.