画像: 錦織圭、僕のヒーローは松岡修造。会場爆笑に「笑うとこじゃないですよ!」

錦織圭、僕のヒーローは松岡修造。会場爆笑に「笑うとこじゃないですよ!」

「LIXIL 東京2020パラリンピック聖火ランナー募集記者会見」が27日、都内で行われ、プロテニスプレーヤーの錦織圭が出席。自身にとってのヒーローを「松岡修造」とし、会場を笑いに包んだ。
株式会社LIXILが11月27日から東京2020パラリンピック聖火リレーの募集を開始するのに合わせ、記者会見にはLIXIL公式アンバサダーの錦織圭、パラ陸上競技選手の佐藤圭太、パラバドミントン選手でLIXIL社員の長島理らが出席。TVCMが初披露されたほか、それぞれの「ヒーロー」について語られた。
ヒーローは太陽みたいなあの人?
今回の募集のスローガンは「おもいやりと、おもてなしの、光をひろげよう」。“おもいやりやおもてなしの心をもって行動する身近なヒーロー”が募集条件に挙げられていることにちなみ、トークテーマは「自身にとって身近なヒーロー」。
それぞれがトークを展開する中、錦織のフリップには「松岡修造さん」の文字が。会場からなぜか(?)笑いが起こると「笑うところじゃないですよ!」とフォロー。松岡に対しては、「世界を目指すきっかけになったのは修造さんの教えのおかげ。今でも日本のテニス界に貢献してくれるのが修造さん。自分にとっても、他の人達にとっても、修造さんはきっとヒーローだと思う」と感謝を伝えた。
3人でLINE交換して
会の終盤には、東京2020マスコット ソメイティも交えた「トーチキス」が行われた。東京2020パラリンピック聖火リレーでは、年齢、性別、国籍、障害の有無にかかわらず、原則「はじめて出会う3 人」が一つのチームになって走る。本番と同様、2組6名でトーチキスを行った錦織は、「いいですね。トーチキスが終わったらLINEでも交換して、そのあとみんなでご飯でも行ってもらえたらいいですね」とチーム制の魅力をアピールした。
東京2020パラリンピック聖火ランナーの募集は、2020年2月29日まで。
(取材・文 丸山裕理)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.