画像: くっきー!やロバートら、笑いのパワーで電気をつける

くっきー!やロバートら、笑いのパワーで電気をつける

大阪ガスとCDエナジー、吉本興業がタッグを組んだ新電気料金メニューが登場、29日、都内で発表会見が行われ、くっきー!(野生爆弾)、ロバート、ジャルジャル、かまいたち、天竺鼠の川原克己がゲストとして登壇した。
新登場した新料金プランは「ウィズよしもとプラン」(大阪ガス)と「よしもとでんき」(CDエナジー)。それぞれ、電気料金に吉本興業のお笑い動画配信サービス「大阪チャンネル」(年間利用料4980円)がついてくるというもの。さらに、抽選で、吉本興業が運営する劇場公演が1年間見放題になる「ゴールデンフリーパス」や、特典つきの「プレミアムチケット」があたるというもの。
ロバートは、同料金プランをPRするCMに出演。山本博がマンションを訪れると、住人がみんな笑っているが、その理由は新料金プランに加入しているから、という内容。秋山は「いろんな笑い方がある」と振り返り、「分かりやすい、直接的。笑顔になるというCM」と自信たっぷりだった。くっきー!が「すごく心温まる、まさに大阪ガスさんというCM」と想定外の真面目なコメントすると、MCのタケトが「まさか、くっきー!さんがボケずにいいコメントをするなんて!」。くっきー!は「朝早くて、頭が回ってない!」と照れた。
くっきー!は、両社とコラボレーションして完成させたオリジナルモニュメント、ならぬ“モニュ”をお披露目。「手塩にかけたモニュです」と紹介したのは大きな顔のかたち。コンセプトは「お笑い芸人みなさんの力でアレしよう」というものだといい、目などにイカ釣り漁船で使用する電球を配しており、笑いのパワーに反応して電球が光る。
この投稿をInstagramで見る
TOKYO HEADLINE(@tokyoheadline)がシェアした投稿 - 2019年11月月28日午後10時04分PST
「大阪チャンネル」をPRする、こってり戦隊大阪チャネラーズとして登壇したジャルジャル、かまいたち、天竺鼠の川原らが次々に「モニュ」に挑戦することに。かまいたちの山内 健司が「こってり戦隊をなめんなよ、濱家行ったれ!」。濱家隆一は「最近、俺のこと、滑ってもいいと思ってるだろ! 残酷だ!」と山内に詰め寄りながらも、結局は先陣を切るかたちに。「アントニオ猪木ってそんな一面もあるんだ、というギャグ」で挑むも、光らず。本来は結果が分かりやすくするために、発表前に会場が暗くなる予定だったというが、それさえも忘れれたのか、会場はずっと明るいままだった。
「点灯するか否かの判断基準もしっかりしているなと。全員に光るわけではなく......」と、かまいたちの山内。濱家は「ちゃんと覚えていてほしいのが、僕も光ってないですが、山内も光ってない」と強調した。ジャルジャルの後藤淳平は「おもしろかった。お客さん入れて、イベントでやってみたい」と、そこそこ前のめりだった。
■吉本興業チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCfhfIBo7PhDzpK_Yuyk2OXg

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.