画像: ぷりぷりの生牡蠣が楽しめる!銀座で「オイスターバー in TAU」開催/11月29日(金)の東京イベント

ぷりぷりの生牡蠣が楽しめる!銀座で「オイスターバー in TAU」開催/11月29日(金)の東京イベント

牡蠣といえば冬の季語。旬の牡蠣を生食で楽しめるシーズンは11〜4月といわれている。そんな美味しい生牡蠣を楽しめる期間限定イベント「オイスターバー in TAU」が、銀座の広島ふるさとショップ「ひろしまブランドショップ TAU」にて行われている。2012年にオープンしてから今年で8回目を迎える人気イベントだ。
広島県は2017年の全国の牡蠣総生産量2万9846トン(むき身)のうち、実に1万8708トンを広島県が占めている。つまり62.7%は広島県産であり、日本最大の牡蠣の産地なのだ。そんな広島県産の牡蠣の一般的に殻が小さいけれど、その割に身が大きくぷりっとして、濃厚で滋味あふれる味わいと磯の香りが特長。「オイスターバー in TAU」第3弾、第4弾では期間中に3種類の生牡蠣を提供している。
まずはファームスズキの「塩田熟成牡蠣」。広島県の離島である大崎上島の湧き水と、瀬戸内の海水の混ざり合う栄養豊富な塩田跡の養殖池(クレール)で牡蠣を育てている。ファームスズキの鈴木隆代表取締役は「水産大学を卒業して20代の頃に、フランスのマレンヌ=オレロンというところで塩田を使って牡蠣を養殖していたのを見た」。彼らは塩田のことをクレールと呼ぶのですが、塩田で熟成させたクレールオイスターは一番のブランド。現地の人に教わって食べた時に、非常にまろやかな甘みが際立っていたことに感銘を受けて2011年から養殖を始めました」と語る。人工的に孵化させた牡蠣の稚貝をバスケットの中で成長させ、水深が低く太陽光がよく届く環境で繁殖した塩田特有の植物プランクトンで育った牡蠣は驚くほど芳醇で甘みがたっぷり。
そして、フルスイの「Zオイスター」は水揚げ量が少なく、希少価値が高い三津湾産の三倍体の牡蠣。牡蠣の密度を下げて養殖することで、身入りがよく美味しい牡蠣が育つのだという。類似商品との区別で殻に「Z」の文字が刻印されている。強い旨味とジューシーな味わいが特長だ。
三浦海産の「三浦産の牡蠣」は下垂式の養殖方法だが、栄養分の多い海域と少ない海域を移動させて身を太らせ、身入りのよい牡蠣だけを選別して水揚げするなど品質にこだわりが。県内では主に高級スーパーや飲食店で取り扱いされており、マイルドな中にも旨味が際立っている。
TAU1F「ひろしまCAFE」にて3種類それぞれのほか、3種食べ比べセットもご用意。カキフライやカキのおむすびなどのサイドメニューも取り揃えている。さらにB1Fの瀬戸内ダイニング「遠音近音(をちこち)」では大ぶりの広島県産かきを使用した「牡蠣のちり鍋」(土日祝のディナーのみ)、2Fの「鯉々」ではお好み焼きに山盛りの生牡蠣を乗せた「マシマシ牡蠣」、3Fの広島イタリアン「MERI Principessa(メリ プリンチペッサ)」では一番人気のパスタに香り高い瀬戸内のレモンを合わせた「牡蠣のレモンクリームソーススパゲッティ」(ランチタイムのみ)、広島牡蠣を6種のオリジナル焼きで楽しめる盛り合わせ「オイスターミスト」が登場。
旬の広島県産の牡蠣が堪能できる「オイスターバー in TAU」第3弾は12月1日まで、第4弾は12月6〜8日までの期間限定で、銀座の「ひろしまブランドショップTAU」にて開催。
「オイスターバー in TAU」
【期間】2020年11月29日(金)〜12月1日(日)、12月6日(金)〜8日(日)
【時間】金:17〜19時30分、土日祝:12〜19時30分
【会場】「ひろしまブランドショップTAU」(東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング)
【URL】https://www.tau-hiroshima.jp/s_event/16062

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.