画像: こんまりが今年活躍した女性に選出。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020」特別賞

こんまりが今年活躍した女性に選出。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020」特別賞

2019年に活躍した女性に贈る日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020」の表彰式が29日、都内で行われ、片づけコンサルタントの近藤麻理恵が特別賞を受賞。グローバルに活躍した1年を振り返った。
女性のキャリアとライフスタイルを支援する月刊誌「日経WOMAN」は、今年最も活躍した女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020」の受賞者8名を発表。大賞に、サンリオエンターテインメント代表取締役社長の小巻亜矢が選ばれたほか、特別賞には「こんまり」の愛称で知られる片づけコンサルタントの近藤麻理恵が選ばれた。
2010年に発売した著書『人生がときめく片づけの魔法』が世界40ヶ国以上で翻訳出版され、シリーズ累計1200万部を超える大ベストセラーになった近藤。今年1月にNetflixでスタートしたリアリティー番組「KonMari〜人生がときめく片づけの魔法〜」では、通訳を使いながら、日本語で片づけメソッドを伝授。世界190ヶ国で放映され、「こんまりブーム」を巻き起こした。
表彰式に出席した近藤は「素晴らしい賞をいただきありがとうございます。私は5歳の頃から片づけに興味を持って研究をしてきた、いち“片づけオタク”です。いつのまにか片づけの魅力を知っていただけるようになって、今でも信じられない思いです」と喜びを語った。
近藤が大切にしてきたのは、「ときめくものを選ぶこと」。片づけを通じて、依頼者の人生が変わる瞬間を数多く目にしたという。「皆さん物に対してだけではなくて、人間関係だったり、仕事だったり。人生すべてに対して、“自分を幸せにしてくれる選択肢ってなんだろう?”って考えが変わってくるんです。これからも1人でも多くの人が、ときめく生き方をできる世界をつくっていきたい」と意気込んだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.