画像: TEAM 武尊が2連覇へ好発進。「僕が一番求めていた戦いをしてくれた」【格闘代理戦争】

TEAM 武尊が2連覇へ好発進。「僕が一番求めていた戦いをしてくれた」【格闘代理戦争】

「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」1回戦で「不可思団」破る
AbemaTVの格闘ドキュメンタリー番組「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」の1回戦が11月30日、東京・新宿の新宿FACEで開催された。
今シリーズも団体戦による抜き試合形式で行われるのだが、武尊、皇治といったK-1のトップファイターに加え、魔裟斗、佐藤嘉洋といったレジェンドが監督を務め計8チームを結成。「FINAL WAR」のタイトルにふさわしい豪華な顔触れとなった。
この日は1回戦4試合が行われ、武尊率いる前回優勝の「TEAM 武尊」が不可思率いる「不可思団」を破り準決勝に駒を進めた。
2人はかつてタイ修行で同じ釜の飯を食った仲。以来、厚い友情で結ばれていることからデビューしたての頃に一度対戦がマッチメークされたのだが、武尊が断ったという経緯がある。文字通り「代理戦争」となる試合となった。
TEAM 武尊の先鋒・橋本岳登が2人抜き
TEAM 武尊の先鋒の橋本岳登は全シリーズでTEAM 武尊の優勝に大きく貢献した橋本実生の実兄。不可思軍の今永雄大とはドラフト1位同士の対戦となった。ともに感情をむき出しにし、バッティングで何度も中断となる激しいファイトを展開。しかしその中でも橋本は強烈なローキックで着実に今永の右足にダメージを与えていく。今永もローを食らって足が流れる場面もあったが、パンチを打ち返し最後まで反撃。しかし3-0の判定で橋本が勝利を収める。
橋本は続く不可思団の中堅・貫井彰人には左ミドルを軸に試合を組み立て2-0の判定で勝利を収める。
3人抜きが期待された橋本だったが、この2試合で負ったダメージは大きく、相手の大将・田中秀汰との対戦では開始早々にヒザとパンチをもらってダウン。すぐに立ち上がったが、ここまでのダメージを加味したレフェリーが試合を止めた。
準決勝ではゲーオの「ゲーオーズ」と対戦
続いてTEAM 武尊の中堅・宮川太陽と田中の対戦となったが、宮川が多彩な攻撃で田中を翻弄。2Rには宮川のローで田中はバランスを崩すシーンもあり、いつの間にか鼻血も流すなど完全に宮川が試合を支配。3-0の判定で宮川が勝利を収め、TEAM 武尊が1回戦を突破した。
武尊は試合後のインタビューで「選手たちがよく頑張った。技術とかスピード、パワーでは負けていたが、気持ちで戦ったと思う。僕が一番求めていた戦いをしてくれた」と選手を称えた。
この日は他にゲーオ・ウィラサクレック率いる「ゲーオーズ」、皇治率いる「皇治軍団」、佐藤嘉洋率いる「SKR連合」が勝利を収めた。
準決勝は12月21日に皇治軍団vsSKR連合、TEAM 武尊vsゲーオーズのカードで行われる。
各監督は準決勝に向け
ゲーオ「我々は全力で戦うだけ」
武尊「選手たちは頑張っているので、僕も負けないくらいに頑張って、切磋琢磨して強くなりたい。不可思の分まで次の試合も勝ちたい」
皇治「次は魔裟斗さんとできると思ったら、嘉洋かい。城戸さんにしてはもうただのメンバーですし。楽勝かなと思っています」
佐藤「うちのチームは名古屋、東京、大阪とチーム自体も連合なので全体のレベルアップを図って、皇治に勝とうと思う」
などとそれぞれコメントした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.