画像: 久保優太の「久保ファミリー」1回戦敗退。悪い流れを断ち切れず【格闘代理戦争】

久保優太の「久保ファミリー」1回戦敗退。悪い流れを断ち切れず【格闘代理戦争】

「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」スタート
AbemaTVの格闘ドキュメンタリー番組「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」の1回戦が11月30日、東京・新宿の新宿FACEで開催された。
今シリーズも団体戦による抜き試合形式で行われるのだが、武尊、皇治といったK-1のトップファイターに加え、魔裟斗、佐藤嘉洋といったレジェンドが監督を務め計8チームを結成。「FINAL WAR」のタイトルにふさわしい豪華な顔触れとなった。
この日は1回戦4試合が行われ、第1試合ではゲーオ・ウィラサクレック率いる「ゲーオーズ」と久保優太の妻であるサラさんが監督を務める「久保ファミリー」が対戦した。
久保ファミリーは久保優太が株で大きな損失を生み、今回の選手を決めるにあたって行われたドラフトではことごとくクジに外れ、せっかく結成したチームも練習でケガ人続出と踏んだり蹴ったり。サラ監督の発案で滝行で厄払いを行っての大会となった。
滝行の効果もなく...負の連鎖断ち切れず
久保ファミリーはサラ監督の生歌で登場。先鋒戦で鵜沢悠也が河北光生に3-0の判定勝ちを収め、幸先のいいスタートを切ったものの、鵜沢はゲーオーズ中堅の大関敬真に2RKO負け。中堅の新井優騎が大関に判定勝ちを収めたが、相手大将の稲垣澪に1RKO負け。大将同士の一戦に勝負がゆだねられたが大将の池田智史が1RKO負けを喫してしまい初戦敗退。長く続く不運の連鎖を断ち切ることはできなかった。
皇治軍団が木村組を返り討ち
第2試合は木村“フィリップ”ミノル率いる「木村組」と皇治率いる「皇治軍団」が対戦。このカードは前シリーズの再戦で、前回は皇治軍団が勝利を収めている。
木村は戦前「皇治選手がリングに上がってくるなら全然みんな勝てると思う」などと挑発。自らも現在5連続KO勝ち中でその勢いを駆ってのこの日の試合となった。
先鋒戦は木村組の木村亮彦と皇治軍団の田中聡が対戦。2度のスタンディングダウンを奪った田中がKO勝ちを収め先制する。
木村組の中堅はドラフト1位の16歳の薮崎陸。薮崎はカウンターの右フックと右のハイキックで2つのダウンを奪い、1RKO勝ち。一気に流れを引き戻す豪快な勝利だったが、皇治軍団の中堅、15歳の井上大斗が今度は逆に2度のダウンを奪って薮崎に1RKO勝ち。流れを取り戻す。
準決勝は皇治軍団vsSKR連合、TEAM 武尊vsゲーオーズ
井上は木村組の大将・川越亮彦に敗れはしたものの、15キロ差がありながら2R戦い切って、大将の永井卓海にバトンを渡すと永井は2試合目の川越相手にダウンを奪い判定勝ち。皇治軍団が木村組を返り討ちにした。
この日は他に武尊率いる「TEAM 武尊」、佐藤嘉洋率いる「SKR連合」が勝利を収めた。
準決勝は12月21日に皇治軍団vsSKR連合、TEAM 武尊vsゲーオーズのカードで行われる。
各監督は準決勝に向け
ゲーオ「我々は全力で戦うだけ」
武尊「選手たちは頑張っているので、僕も負けないくらいに頑張って、切磋琢磨して強くなりたい。不可思の分まで次の試合も勝ちたい」
皇治「次は魔裟斗さんとできると思ったら、嘉洋かい。城戸さんにしてはもうただのメンバーですし。楽勝かなと思っています」
佐藤「うちのチームは名古屋、東京、大阪とチーム自体も連合なので全体のレベルアップを図って、皇治に勝とうと思う」
などとそれぞれコメントした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.