画像: 神田松之丞自身監修の「講談えほん」発売でイベント「みんなで面白い話をしたい」

神田松之丞自身監修の「講談えほん」発売でイベント「みんなで面白い話をしたい」

神田松之丞が自身が監修した絵本「講談えほん 全6巻」(講談社)を発売、1日、講談社で記念イベントを行った。講談とみんなで一緒に声を合わせて張り扇で音を出し、盛り上がった。
5歳児から小学生の子どもと親を対象にしたイベント。披露した講談は「違袖の音吉」で子どもたちと同じ年ぐらいの子どもが登場する話。張り扇の音、神田のさまざまなアクションや表情、声色に、あちこちで子どもたちの笑い声が上がっていた。
質問コーナーでは、5歳の子どもから、なぜ「違袖の音吉」を作ったのか聞かれ「実はね、おじさんが作ったのではなくて、昔からこの話はあって、みんなが同じ話をしてきたんですね。自分で作った話もあるんだけど、みんなに喜んでもらいたいから、このお話をやっています」と答えたが、子どもの表情を見て「全然納得してない」と笑い、「楽しい話を、みんなと一緒になって楽しいねってなりたいから、講談師をしています」と付け加えた。どうやって話を覚えるのかという質問には、「毎日こつこつ読んでいくと、だいたい100回も読むと覚えるね。みんなぐらいの年なら10回ぐらい読めば覚ちゃうんじゃないかな。1日だけじゃダメで、1週間ぐらい毎日やると、このぐらい(20分強の講談)も覚えられる」と言い切った。
自身も一児の父で、読み聞かせもしているという。イベント終了後の取材で、「子どもってシビアなんですよね。嫌いな本は見向きもしない。あれあれと指を指して、好きな絵本を何度も何度も読む。この子は何をもおもしろいと思っているのかと注目して読んであげるとおもしろい」。さらに「僕も読み聞かせをしていますから、今回出した絵本がラインアップに加わるならうれしい」と、期待を寄せた。
この回の絵本の企画にかかわったのは「次世代に伝えたい講談のお話を、子どもたちに残すため」だという。イベントでは「声に出して読んで響きがいいように監修した」と話し、「子どもの頃に覚えたものは中学になっても高校になっても覚えていたりする。大人になると発見があるので見たり覚えたりしてほしい」と、アピールしていた。
2020年2月11日に真打昇進、六代神田伯山を襲名する。松之丞として舞台に上がる日も残すところ、2カ月と少しだ。
「松之丞で結構いろんなことをやらせていただたなあと感慨深い。絵本もその大きな一歩。松之丞でも結構頑張って、いろんな本やCD、TVや雑誌とかにも出させていただいた。松之丞を超えるぐらいに頑張って活動しなければというプレッシャーもある。歴代の伯山は名人。僕が名人になれるか分からないけれど、名前に恥じぬように頑張っていこうと思う」と、熱っぽく語った。
絵本は現在、全6巻のうち『西行「鼓ヶ滝」』『大岡越前「しばられ地蔵」』『宮本武蔵「山田真龍軒」』の3巻が発売中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.