画像: パラリンピック聖火ランナー募集スタート!締切や応募方法は?

パラリンピック聖火ランナー募集スタート!締切や応募方法は?

一度でいいから走ってみたいオリンピック・パラリンピックの聖火リレー。オリンピックの聖火ランナー応募をうっかり逃してしまったというあなた、チャンスはまだあった!先月末からは、パラリンピック聖火ランナーの募集が始まった。
東京2020パラリンピック聖火リレーの概要
東京2020パラリンピック聖火リレーは、2020年8月18〜25日まで開催される。「Share Your Light / あなたは、きっと、誰かの光だ。」をコンセプトに、競技開催都県の静岡県、千葉県、埼玉県、東京都を聖火がめぐる。原則として、初めて出会った3人が1組のチームになって走行するのが特徴で、パラリンピックの意義である共生社会や多様性を体現することを目指す。
リレー前の8月13日〜17日には、競技開催都県以外の43道府県において聖火フェスティバルが行われる。全国 700ヵ所を超える市区町村内で採火・出立を行う予定で、開催都県以外に住む人でも聖火を見ることができそうだ。
その後、18日に静岡県、19日に千葉県、20日に埼玉県をめぐり、21日に東京都で実施される集火式で各地の聖火が一つになる。そして、22〜25日には開催都市・東京都をめぐり、25日夜、開会式が行われる新国立競技場の聖火台へと点火される。
聖火ランナー応募条件は?
パラリンピック聖火ランナーの応募先は、東京2020パラリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーである「LIXIL」と「各都県」の2つ。先行して、LIXILからは先月27日から募集がスタートした。発表されている概要は以下の通り。
●募集期間
2019年11月27日〜2020年2月29日
●応募要件
1. 2008年4月1日以前に生まれた方
2. 国籍・性別は問わない
3. 自らの意思で火を安全に運ぶことができる方
4. <自薦の場合>誰もが活躍できる未来に向けて自身が取り組んでいるおもいやり・おもてなしの活動や、活動を通じたエピソード、未来に向けての想いを応募すること。
<他薦の場合>自身の身近で、誰かのために頑張っている、いつも夢や希望を与えてくれる存在について、エピソードを添えて推薦すること。
応募先は、LIXIL 東京2020パラリンピック聖火ランナー募集ホームページから。LIXIL、東京2020組織委員会の選考を経て、2020年5月以降、当選者に連絡が届く。一生に一度の聖火ランナーに、あなたも応募してみては。
『東京2020大会ホームページ 東京2020パラリンピック聖火リレー』
https://tokyo2020.org/jp/special/torch/paralympic/
『LIXIL 東京2020パラリンピック聖火ランナー募集ホームページ』
https://www.lixil.co.jp/feel_the_moment/paralympic_torch/runner/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.