画像: 安藤美姫がKANAの目力に優勝を確信。KANAは勝利のトリプルアクセルを約束【12・28 K-1】

安藤美姫がKANAの目力に優勝を確信。KANAは勝利のトリプルアクセルを約束【12・28 K-1】

安藤が見守る中で公開練習
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」(12月28日、愛知県・ドルフィンズアリーナ)に出場するKANAが12月3日、都内で公開練習を行った。
KANAは「初代女子フライ級王座決定トーナメント」に出場し、1回戦でクリスティーナ・モラレスと対戦。公開練習では身長が高くリーチの長いモラレスを想定した、スティックを使いパンチをかわすトレーニングを2分間、通常のミット打ちを1分間行った。
練習前には同大会のアンバサダーを務めるプロフィギュアスケーターの安藤美姫との対談が行われ、安藤はそのまま練習を見守り、練習後には2人揃って会見を行った。
KANAにとって今回のトーナメントはかねてから開催を訴えていたものとあって「すごくいい状態で練習ができている」などと笑顔を見せた。
対戦するモラレスについては「トーナメントに出場する選手の中ではキャリアが豊富。その経験値は試合でプラスになると思う。1回戦に集中している」などと警戒するが、トーナメントに向けてアメリカやタイで修行を行い「世界のトップ選手と練習を積み重ねることで、戦い方などをリアルに実感できた。試合に向けての過ごし方も分かったので収穫があった」などと優勝に向けて自信を見せた。
安藤「トレーニングにK-1を取り入れようかな」
安藤は練習を見て「瞬発力とか反射神経のすごさを間近で見て、最初は目が点になった(笑)。いろいろなトレーニング方法があるのだなと勉強になった。K-1をエクササイズのトレーニングに入れたいなと思った」などと感想を話した。
そして「K-1を見始めたばかり」と前置きしながらもKANAについて「一番印象に残ったのはハイキックとか、キック力が他の選手よりたけているのではないかということ。そして他の選手より3Rに行っても足が止まらないフットワーク、パンチの数といった単純な見方ですが、KANAさんは日ごろの練習や、自分を高めるという気持ちが試合できちんと出せているように見えて印象に残っている。今日の練習でもスティックを使う練習をしていたが、これによってロングリーチの選手とも戦っていける精神力や距離の詰め方などを日々研究されているということが分かった。名古屋大会までケガなく頑張ってほしいし、地元が名古屋なので、名古屋の女性にKANAさんの戦うところを見てほしいと思う」とその話した。安藤はキックボクシングの観戦歴こそ浅いが現役時代に「ボクシングをトレーニングに取り入れていた」ということもあり、格闘技のつぼは押さえているよう。そして「トレーニングにK-1を取り入れようかなと思っている」と話した。
また2人は互いの競技の共通点として「試合に向けての感謝の気持ちを持って試合でベストを尽くすこと」を挙げた。安藤は「筋肉美というところも共通点があると思うので、私はK-1ファイターの筋肉が大好きです(笑)。美しいと思いました」とも話した。
一見正反対に見える競技の間にある共通点とは
格闘技は対戦相手に、フィギュアスケートはジャッジや観客を意識しなければいけないところもあり、競技としては特性が異なるものに見えるのだが、安藤は「フィギュアスケートも観客の皆さんにメッセージを届けるというところでは観客の皆さんを意識していると見られがちなんですが、ジャンプやスピンでミスをしてはいけない競技というのがまず一つなので、KANAさんが目の前の相手に集中しているのと同じように、フィギュアスケーターも最大限に集中しているのは自分自身。見た目は違えど、同じような領域なのかなと思っています。自分のパフォーマンスができたら、その後、思う存分メッセージも届けられますし、自分のリング上、リンク上の気持ちを届けることで、より一層、私たち女子アスリートのメッセージを最終的に皆さんに届けられるのかなと思っているので、結構共通点は多いのかなと思っています」
KANAも「自分もリングに上がれば無心の状態。相手だけを見て最高の動きができれば、その試合は絶対に勝てる。そういう面では共通点がたくさんあると思う」
などと改めて共通点を挙げた。
最後は安藤にジャブからのストレートを伝授
対談を通じて2人はすっかり打ち解けたようでKANAが「勝ったらチャンピオンベルトを巻いてトリプルアクセルをしようかなと思っている(笑)」と言えば安藤は「私はKANAさんが勝ったらリング上でスパーリングをやろうかなって真逆のことを考えていた(笑)」と返すなどすっかり意気投合。
安藤は最後に「KANAさんに最初に会ったのは横浜アリーナ大会。目に印象がある選手だと思っていた。目に力がある、魂が宿っている選手は世界を見ても強い選手が多いという印象。今日の練習では対談の時の優しい目とは全然違う目の色になったり、スピード感や空気感を変える力をすごく持っている選手と改めて感じた。名古屋のトーナメントでは、他の選手がどういうコンディションで来るか分からないが、いい空気を持っていると思うので勝てるんじゃないかなと思っている。ケガなくベストなコンディションで臨めることを祈ってますし、ベストを尽くせるように陰ながら祈りたいと思っています」メッセージを送った。
また安藤はK-1のグローブをつけてのフォトセッションではかつてボクシングをトレーニングに取り入れていたとあってファイティングポーズもビシッと決める。その後、「それでは」とばかりにKANAがミットをはめ即席の「KANA教室」がスタート。安藤にジャブからのストレートを伝授した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.