画像: 海人が難敵ベイノアに判定勝利も「つまんない試合」と反省【12・3 SB】

海人が難敵ベイノアに判定勝利も「つまんない試合」と反省【12・3 SB】

現RISE王者の「令和のウィリー」と対戦
シュートボクシング(SB)の2年に一度のビッグイベント「GROUND ZERO TOKYO 2019」が12月3日、東京・水道橋の東京ドームシティーホールで開催された。
この大会は各団体や世界から王者クラスの強豪を招聘し、シュートボクサーたちと強さを競い合うことをコンセプトに持つ、SBにとっては「S-cup」と並ぶ大きなもの。今大会も王者と元王者合わせて6人が参戦した。
メインで行われたSBのエース海人と“ブラックパンサー”ベイノアの一戦は5Rを戦い切り、海人が3-0の判定で勝利を収めた。
ベイノアは極真空手出身の現RISEウェルター級王者。前日会見では「令和のウィリー・ウィリアムを目指している」と極真の大先輩で“熊殺し”の異名をとったウィリー・ウィリアムスの名を挙げ、極真魂を持って試合に臨む決意を見せていた。
しぶといベイノアに苦戦
試合は1Rから海人がプレッシャーをかけてロープに詰めてはローキックにパンチで攻め込んでいく。ベイノアは下がりながらも左ミドルからパンチの連打で反撃も海人は下がらない。終始、プレッシャーをかけ続ける海人だが、手数はさほどなく、オープンスコアではジャッジ3人とも10-10。
2Rも海人がプレッシャーをかけ続けるがベイノアも海人の左フックにカウンターを合わせるなど反撃。いい左ハイが入ったものの二の手をつなげず、海人がパンチの連打で反撃。ベイノアも打ち返し、このラウンドはジャッジ2人が10-9でベイノアを支持した。
3Rになると海人のボディー攻めが目立ち始める。ベイノアもパンチを打ち返すが、海人は左ボディーからヒザをボディーにめり込ませ、左ボディーから右フックとベイノアを追い込むが決定打はなかなか放てない。
このラウンドはジャッジ2人が10-9で海人を支持した。
4Rはベイノアのバックスピンキックを顔面に食らいヒヤリとさせられた海人だったが、ロープに詰めて小刻みな速いパンチで反撃。
ベイノアもガードの隙間からジャブを入れてから左フック。打ち合いとなるが海人は左ボディーからバックスピンキックとベイノアの右わき腹に集中攻撃。
試合後「今年はもう1試合できます」と大晦日のRIZIN参戦をアピール
5Rは海人がバックを取るとベイノアがアームロックを狙うといった展開もあったが、ともにフィニッシュを狙い距離を詰めて打ち合っていく。しかし徐々に海人の攻勢が目立ち始め、ラウンド中盤には海人が首相撲からヒザをボディーに連打。一度は脱したベイノアだったが、海人は間髪入れずに再び首相撲からヒザの連打。その後も右ストレートとヒザを連打し、最後までアグレッシブに攻め込んだまま試合終了のゴングが鳴った。
判定はジャッジ1人が50-48、2人が49-48で海人を支持。海人が3-0の判定で熱戦を制した。
海人は試合後のリングで「シュートボクシングの大会は今年はこれが最後。今年も皆さんのおかげですごく盛り上がっていい試合がたくさんできた。今年SBはこれで終わりですが、僕はもう1試合できます。こんなつまんない試合してしまって言うのもなんですが、大晦日は格闘技の日だと思っているのでRIZINさんオファーをください」と大晦日のRIZINへの出場をアピールした。
「GROUND ZERO TOKYO 2019」(12月3日、東京・東京ドームシティーホール)
◆第9試合 SB日本ウェルター級(67.5kg) エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
◯海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)(判定3-0=50-48、49-48、49-48)“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/RISEウェルター級王者)●
◆第8試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)(判定0-3=28-30、28-30、28-30)町田 光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)◯
◆第7試合 61.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ち有り
●笠原弘希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)(延長1R2分34秒、TKO ※本戦判定1-0=30-29、30-30、30-30)重森陽太(伊原道場稲城支部/WKBA世界ライト級王者、第10代新日本キックボクシング協会バンタム級王者、第9代新日本キックボクシング協会フェザー級王者)◯
◆第6試合 56.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ち有り
●植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級王者)(2R16秒、TKO=ドクターストップ)栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺/元ISSHINキック フライ級王者、元ムエタイ大和フェザー級王者、元stair king 60k級王者、元PRINCE REVOLUTION58kg級王者 61kg級王者)◯
◆第5試合 64.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位)(判定3-0=30-27、30-27、30-27)東 修平(AACC)●
◆第4試合 53.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●伏見和之(シーザー力道場/SB日本バンタム級2位)(3R1分20秒、TKO)松谷 桐(VALLELY KICKBOXING TEAM/NJKFフライ級王者)◯
◆第3試合 58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯笠原友希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)(3R2分23秒、TKO)ルートチャイ•オーセンスック(タイ/MAX MUAYTHAI-58kg王者)●
◆第2試合 49.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯女神(TIA辻道場/SB日本女子ミニマム級王者)(2R1分57秒、TKO)ゲーオジャイ・ポームアンペット(タイ)●
◆第1試合 CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦 SB日本スーパーバンタム級(-55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯竹野元稀(風吹ジム/SB日本スーパーバンタム級4位)(2R2分15秒、TKO)大桑宏章(シーザージム渋谷/SB日本スーパーバンタム級4位)●
◆オープニングファイト 68.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯YUSHI(TEAM FOREST/SB日本スーパーライト級8位)(2R2分4秒、TKO)佐達淳(シーザージム新小岩/SB日本スーパーライト級) ●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.