画像: 片寄涼太「僕のキスマークで丸の内を染めました」橋本環奈のキスマークは「理想的」

片寄涼太「僕のキスマークで丸の内を染めました」橋本環奈のキスマークは「理想的」

映画『午前0時、キスしに来てよ』先行上映舞台挨拶イベントが4日、都内にて行われ、片寄涼太と橋本環奈らが自身のキスマークを公開した。
同名の大ヒットコミックを実写化。片寄が演じるスーパースターと、橋本が演じる一般の女子高生の秘密の恋愛を描くラブストーリー。
国民的スーパースターという役どころに片寄は「GENERATIONS from EXILE TRIBEとしての活動が生かされたところもある。他の人がやっていたら、ちょっと嫉妬しちゃうような役」と話した。
劇中では本作ならではの胸キュンシーンも満載。マスク越しのキスシーンについて手ごたえを聞かれると、片寄は「手ごたえはあまりなかった...マスクを挟んでおりましたので」、橋本は「なんだか新鮮でした。皆さんも風邪をひいた人とぜひ。今はやっているタイプではなく、こういう(プリーツ型の)ほうが唇を感じると思います」と振り返り、会場を笑わせた。橋本が演じたヒロインの幼なじみ役の眞栄田郷敦はバックハグシーンについて「役として、気づいたら抱きしめていたという感じ」と振り返り、会場も胸キュン。すると片寄のマネジャーを演じた遠藤憲一は「俺の若いときにマスクをしたら銀行強盗、女性を羽交い絞めにしたら襲っている役どころだったから、うらやましかった」とぼやき、会場も大笑い。
片寄が橋本の鼻をかじる“鼻かじキス”は本番まで橋本には内緒だったといい、片寄が「監督がどうしても橋本さんに内緒にしたいって...」と言うと新城毅彦監督は「本当に言った覚えがなくて...」と困り顔。すると片寄が吹き出し「すみません、本当はそんなことおっしゃっていません(笑)」と片寄の冗談だったことが判明。そんなやりとりに会場も大爆笑。
さらにこの日は、キャストたちが自分のキスマークを公開。最初に前田、遠藤、橋本のキスマークがスクリーンに映し出されたが「橋本さんのキスマークは理想的な形」と言う片寄自身のキスマークはなし。「事務所がNGで...」と言う片寄に橋本が「片寄さんもこういう事務所NGあるんですね」、遠藤が「鼻かじはいいのに?」と驚くと「NGじゃないですよ(笑)。実は会場の皆さんが持っているのが僕のキスマークです」と明かし、会場も大騒ぎ。その光景に片寄は「僕のキスマースで丸の内を染めましたね」とにっこり。
会場には上海から来たファンの姿もあり、片寄が中国語で「良かったでしょ?」と語りかける場面もあった。
映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.