画像: 中曽根康弘元首相が死去。101歳

中曽根康弘元首相が死去。101歳

電電公社、専売公社、国鉄を民営化
戦後初めて首相として靖国公式参拝
戦後歴代5位の首相在任記録を持つ中曽根康弘元首相が11月29日午前7時22分、老衰のため死去した。101歳だった。
大正7年5月27日、群馬県高崎市生まれ。昭和16年に東京帝大卒業後、内務省に入り、戦時中は海軍に勤めた。22年1月に内務省を退職。3カ月後の衆院選に初当選し、連続20期56年間、衆院議員を務めた。
憲法改正を生涯のテーマに掲げ、首相公選制の導入も訴えた。原子力の平和利用の推進にも尽力し、原子力基本法制定の先頭に立った。
34年、科学技術庁長官で初入閣し、運輸相や防衛庁長官、通産相、自民党総務会長、幹事長などを歴任。57年11月、第71代首相に就任すると「戦後政治の総決算」を掲げ、新保守主義に立脚した政治を展開。
外交では、米国のレーガン大統領(当時)と「ロン・ヤス関係」を構築し、自由主義陣営の一員として日米同盟と反ソ連体制を強化させた。内政では電電公社、専売公社、国鉄の「3公社」の民営化を推進した。在任中にNTTとJTを発足させ、国鉄分割民営化法を成立させた。
北関東ブロックの「終身1位」を約束されていたのだが、平成15年、当時の小泉純一郎首相から「定年制」を理由に政界引退を迫られ、当初は反対。「政治的テロ」「非礼」などと小泉氏を批判したものの、最後は受け入れ引退した。
ライフワークともいえる憲法改正については平成15年の議員引退後も超党派の「新憲法制定議員同盟」の会長を務めるなど積極的に発言を続けてきた。
昨年5月、100歳の誕生日を迎えるにあたって「政治は与野党を問わず、国民世論の喚起とともに真に国民参加となる憲法の実現を目指し、国家の基本たるこの課題に真剣に取り組んでゆくことを期待する。国の将来を見据え、現状を改革し、果敢に国の未来を切り拓いてゆくことこそ政治の要諦だ」といったコメントを発表した。
また中曽根氏は、終戦から40年になる60年8月15日、戦後首相として初めて靖国神社を公式参拝した。
しかし東京裁判A級戦犯の合祀問題と絡めて日中双方から批判が強まり、翌年以降の参拝は見送っている。
中曽根氏の死去に関しポンペオ米国務長官は11月29日、「深い悲しみとともに、元首相のご遺族と日本国民の皆さまに心からのお悔やみを申し上げます」とする声明を発表。ポンペオ氏は中曽根氏について「日本が重大な岐路にあった中で勇気を振るった指導者であり、米国にとり信頼のおける友人だった。日米の同盟および経済関係の強靱さを体現していた」と高く評価した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.