画像: 日本初の傘シェリングサービス、東京駅でスタート「雨の日のインフラ」目指す

日本初の傘シェリングサービス、東京駅でスタート「雨の日のインフラ」目指す

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を展開するベンチャー企業Nature Innovation Groupは9日、東京駅エリアでサービスを開始。これにより、JR東京駅の各出口、八重洲地下街、東京スクエアガーデン、日本橋高島屋S.C.、COREDO室町1など、41スポットで傘を借りることが可能になる。東京駅周辺が雨の日も快適になりそうだ。
「アイカサ」は日本初の傘のシェアリングサービスとして昨年12月に東京・渋谷でサービスを開始。これまでに上野や福岡などにも拡大し、登録ユーザー数は約6万人、スポット数は全国約700にのぼる。突発的な雨にもビニール傘を購入せず、雨がやんだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴で、利用料金は1本70円。24時間以内であれば同じ料金で何度でも利用できる。
代表取締役の丸川照司社長は、「1年前、私たちは傘の無駄な循環をなくしたいと始めました。アイカサは雨の日の快適さを上げられるだけでなく、プラスチックごみを減らせる社会的な取り組みだと感じています。まだまだ始まりの一歩でありますが、ここから何十年もよろしくお願いいたします」と挨拶した。
今回のサービス展開では、三越伊勢丹や高島屋、三井不動産、東京建物など7社が事業に協力した。東京ステーションシティ運営協議会の担当者は「東京駅には、年間1万本の傘の拾得があります。駅のおもてなしのひとつとしてだけでなく、アイカサをご利用いただくことで、拾得物を少なくしていくことも狙いです」と期待を寄せた。「雨の日のプラットフォーム」として、東京駅に新たなインフラが生まれそうだ。
(取材・文 丸山裕理)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.