画像: 山田涼介“記憶に残る”爆笑ネタのオンパレードで会場を沸かす

山田涼介“記憶に残る”爆笑ネタのオンパレードで会場を沸かす

映画『記憶屋 あなたを忘れない』完成披露イベントが10日、都内にて行われ、主演の山田涼介と共演の芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、泉里香、濱田龍臣、そして平川雄一朗監督が登壇。“座長”山田が爆笑トークで会場を盛り上げた。
シリーズ累計50万部を突破した織守きょうやの「記憶屋」を実写化した注目作。大学生の遼一は、結婚を約束した恋人が突然、自分の記憶を失ったことから、人の記憶を消すことができるという“記憶屋”の謎を追う。
主人公・遼一を演じた山田の集中力がすごかったと振り返った平川監督は「さっき、山田くんに謝ったんですけど、涙のシーンで、テイク1で泣きすぎたかなと思って、テイク2で涙を流さないでと言って撮り直させてもらったんだけど、結局それ使わなかったんです。ごめんね」と告白。山田は「正直、これをもう1回やると言われて、最初、何を言っているんだろうと...(笑)」と苦笑したが“バディー役”佐々木は「リハーサルをして本番もして、すごい芝居をしたのに監督から“蛇口を閉めろ”と言われて“はい”と言う山田くんに感動しました」と山田を絶賛。
そんな山田との広島ロケが印象的だったと振り返った佐々木は「ロケというより山田くんと広島旅行に行った気分」と話し、山田も「広島ロケの後、福岡のHey! Say! JUMPのライブにも1人で来てくださって」と感謝。以前から佐々木との共演を望んでいたという山田に佐々木が「食事会のときにそれを聞いたんだけどウソやと思っていた」と言うと、山田は「そんなウソ、つかないです(笑)」。
イベントは、山田と共演者との爆笑トークで大盛り上がり。恋人役の蓮佛とのデートシーンで山田が「お台場に行って写真を撮ったりしたんですけど全然バレなかった」と振り返ると、蓮佛も「山田涼介がいるのに、って思いました(笑)。そのとき山田くんが“楽しいなあ...”とつぶやいていて、私も“よかったね”と思いました」と明かし会場もほっこり。さらに山田は「濱田くんもこんなに小さかったのに」としみじみ。「いつの間にか僕の身長も抜いて...」と自虐コメントで会場を笑わせた。
この日は、映画にちなみ“記憶から消したい/消したくない2019年の思い出”をキャストたちが披露。山田は「蔵之介さんがご自身のクランクアップの日に(佐々木の実家の酒蔵が造った)日本酒をくださって、それがとてつもないおいしさで、あの味は忘れたくない。あの味は年によって変わるんですよね。あれを消されたら困る。おいしすぎて家でペロンペロンになっていました」と明かし、佐々木の「この冬もいい酒ができているのでまた飲みましょう」との誘いに相好を崩した。一方、消したい記憶について「芳根さんが現場に差し入れてくれた手作りクッキーを一袋ごっそり持っていこうとしてスタッフに見られ注意された記憶を消したい」と明かし、会場も大爆笑。
蓮佛から「1番ではなく20番目くらいに消したくない記憶なんですが、撮影の休憩中に山田さんが突然“はとぽっぽ”の歌を歌いだして、思わず笑ってしまった。するとその5秒後に今度は“およげ!たいやきくん”を歌っていた」と明かされ、芳根からは「たぶん疲れていたんでしょうね」と同情された山田は「ぜんぜん記憶にない。でも何がくやしいって20番目という...」とぼやき、またしても会場の笑いをさそっていた。
この日は、中島みゆき自身が歌う名曲『時代』が本作で初めて映画の主題歌となったことも発表された。
『記憶屋 あなたを忘れない』 は2020年1月17日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.