画像: 田中圭がモテる花屋「キラキラした目で、おっちゃん見ないで!」映画『mellow』完成で舞台挨拶

田中圭がモテる花屋「キラキラした目で、おっちゃん見ないで!」映画『mellow』完成で舞台挨拶

田中圭が10日、都内で行われた最新主演映画『mellow』の完成披露舞台挨拶に登壇した。田中は本作について「すごく温かい映画」だといい、「何度も何度も見てもらいたいし、いっぱい愛してもらいたいと思う」と、呼びかけた。
『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』などの今泉力哉監督とタッグを組んだ不器用な恋の物語。物語は、オシャレな花屋「mellow」の店主と、廃業寸前のラーメン屋を舞台に展開する。「僕ら全員が経験したことがあるような話なんだけど、みんなが見過ごすような小さな気持ちとかをすごく大事に、言葉は悪いんですけど、寄せ集めている」と、田中。
田中は花屋の店主を演じる。「俺はオシャレな花屋さんだと思ってやった」と本人。「(花監修の)香内(斉)さんにいろいろ教えてもらったりするんですけど、花をハサミで切るのもすごく難しくて。花束も作る人のセンスですし、花を撮る順番も指示をいただいてその通りその通りやってました。最後のシーンは、あんな使われ方するとはまったく知らないでやっていたので、完成したものを見てびっくりしましたよ! すごい恥ずかしかった」。
また普段花を人に贈ることはあるかと聞かれると、「母の仏壇とか、家に飾るものぐらい」。母親をなくすまではあまり花に興味がなかったといい、「撮影が終わるとお花をいただくじゃないですか。そうすると欲しい人や行きつけのお店にあげたり、そのまま事務所に渡したりしていたんです。母が亡くなって花を供えるようになって初めて自分で花屋さんに行って自分で選んだりとか、誰かを思いながら花を作るというのを体感しています。今までもらっていたお花もみなさんが一生懸命考えていたんだろうなと思うと、ちょっとごめんなさいと思いつつ......。(この映画の話は)お花に興味を持ち始めてすぐだったのでちょっと......"おっ"ていう感覚がありました」と、話した。
舞台挨拶には、ヒロインの岡崎紗絵、共演の志田彩良、松木エレナも登壇。
ラーメン店の女店主を演じる岡崎は「ラーメン屋さんの店主というの初めてだったので、衣装も新鮮でした。麺を茹でるところとか、ざるに入れるところとか全然難しくて。工程もいっぱいあって覚えることもいっぱいありました。学ぶことも多かったです」。
田中演じる花屋の店主はモテる役だというが、「紗良ちゃんとエレナちゃんがとにかくキラキラ若い女の子なわけで......もちろん、紗絵ちゃんもよ(笑)。2人のキラキラとか好きっていう想いが宿った目を見ているだけで、お芝居中はいいんですけど、カットかかるとすぐ目をそらしてた......そんなキラキラした目でおっちゃん見ないで!という感じだった」と、笑った。
今泉監督は「その辺にいる人というか、映画を観終わった後に街にいるんじゃないかという人を真ん中に置いた小さな話。同性の人を好きになったりとか、不登校の子が出てきたり、結婚しているけれど誰かを好きみたいな人、いろんな人が文句を言ったり言及しそうな人がたくさんでてくるけど、それを特別視することもなく、当たり前にいる人たちのように描いた映画になっています。片思いも実らなかったりですが、全体としては温かいメロウな映画になっている」。
最後に田中は「すごく温かい映画で、何度もかみ砕けたり、かみしめたりできる映画。いろんなことが隠れているなと完成してから気づいたりしている」。さらに「誰かに興味を持つことは大切。興味を持たない限り、その人は他人なんですよね。その人のことを考えたり、その人のためにとか、"好き"っていう感情は素敵。そのきっかけは興味だと思う。みんながみんな興味を持てる人が増えて、他人という感覚がなくなればいいなと思う」と、話した。
他出演に、白鳥玉季、SUMIREら。『パンとバスと2度目のハツコイ』に主演した山下健二郎も友情出演する。
映画は、2020年1月17日公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.