画像: 【インタビュー】小林直己 Netflix映画『アースクエイクバード』

【インタビュー】小林直己 Netflix映画『アースクエイクバード』

スザンナ・ジョーンズの傑作小説を、リドリー・スコット製作総指揮のもと、ハリウッドの気鋭監督ウォッシュ・ウェストモアランドが、アカデミー賞女優のアリシア・ヴィキャンデルを主演に迎えて映画化! 本作において、英語による芝居を見事にこなし、物語のカギを握るミステリアスな日本人カメラマン禎司役で存在感を放つ、小林直己を直撃!
「最初に脚本を読んだときからすごく共感して、この役と向き合うことが自分個人にも大きな影響を与えるはずだ感じ、絶対に演じたいと思ったんです。もちろん役者としても大きなキャリアになる作品ですが、やりたいと思った理由は、役に対する個人的な思いが大きかったんです」
『HiGH&LOW』シリーズや『たたら侍』など近年、俳優としての活躍にも注目が集まる小林直己が新たに挑んだのは海外作品、Netflix映画『アースクエイクバード』。1980年代の日本を舞台に、とある過去を抱え日本にやってきた主人公ルーシーが、偶然出会ったカメラマンの禎司と恋に落ちるも彼の謎に翻弄されていく物語。ルーシー役には『エクス・マキナ』や『リリーのすべて』の実力派女優アリシア・ヴィキャンデル。小林は、ルーシーが恋に落ちる日本人カメラマン禎司を演じる。監督は『アリスのままで』を手掛けたウォッシュ・ウェストモアランド。
「禎司は謎めいていて一見、何を考えているのか分からないように見えますが、実は 彼には彼なりに自分の中で、ゆるぎないものがある。ただそれを人に言うタイプではないのかも 。それが何かは違えど、自分の中に確固たるものがあるという点で、すごく彼に共感できたんです」
原作ではほとんどセリフのない禎司だが映画では、ときに魅惑的に、ときに謎めく言葉の数々でルーシーと観客を物語へと引き込んでいく、さらに存在感のある役となっている。
「撮影に入る前、ウォッシュとランチをしながら話しているときに“直己のバックグラウンドはどんな感じなの”と聞かれて、今までどんな思いでダンスをやってきたか、そしてどんな思いで俳優をやっているかといったことを話したんですが、そのときに僕から出た言葉をいくつか、禎司の言葉として使ってくれているんです。監督も、僕と禎司のリンクを感じてくれたことがすごくうれしかったし、僕もまた監督の視点を通して改めて役や物語への理解を深めることができました」
監督との意見交換はとても濃厚なものになった様子。
「監督は3年ほど日本に住んでいた経験もあり、彼自身が日本や日本文化に対する尊重の気持ちを持っている方ということもありました。 また、 1980年代の日本を舞台にした映画における、メインキャストの中の唯一の日本人ということで、よく僕の意見を参考にしてくださったんです。そういう部分でも本作に貢献できたのはうれしかったですね。撮影がオールアップしたとき、彼が日本語でスピーチした姿が今も忘れられません。自分で書いたスピーチを日本語に直してもらって、それを丸暗記して、3分ほどスピーチしたんです。心から感動しました」
国際的にも高い評価を得ている女優アリシア・ヴィキャンデルとの息の合った演技も見事。
「アリシアは言うまでもなくすばらしい女優さんですし、現場でもリードアクターとして作品作りを引っ張ってくれました。普段は自然体で気さくな方なんですが、スイッチが入ると瞬時に変わる。その変わりようが本当にすごくて。そばで見ていて、役者として大変勉強になりましたし、その集中力が欲しい!と思いました(笑)。外国での、3カ月もの撮影期間中ずっとその集中力を保っていられるってすごいことだと思います。しかも今回、アリシアは日本語のセリフも多くて中には2分以上のモノローグがあったり、チェロの演奏シーンがあったりもする。表現力に加え、そういった技術的なことも完璧にこなしてしまう。これほどの役者はハリウッドでもそうはいない、とウォッシュも言っていました。2人のシーンでは、現場でやりながらどんどんセリフが変わっていったり、ディープなシーンもありましたけど、役としても人としても、アリシアとは信頼し合えた感覚があります。期間中は、一緒に食事に行くこともありました。もともとアリシアは日本に何度も来ていて東京にも行きつけのバーがあるくらいなんです。僕もそこに連れて行ってもらいました。普通は逆だろう、と思いますが(笑)」
そんな小林も、禎司だったらどんなカメラを使いどんな写真を撮るのかを自ら考え、実際にカメラを扱うトレーニングも行い、さらに禎司の内面にも深く迫っていった。
「僕がダンスを踊るとき無意識に体が動くように、プロカメラマンの禎司なら、ピントを合わせシャッターを押しフィルムを巻く...といった動作を考えずともできるはずですから、それなりのトレーニングは必要でした。映画の中で禎司の写真が映る場面があるんですが、実際に僕が撮った写真も使ってもらっているんです。ウォッシュにも“禎司が撮った写真”と感じてもらったんだなと、すごくうれしかったです」
禎司のまなざしをとらえることができたのも、その人物像に迫ることができたから。
「僕は芝居に“メソッドアクティング”の手法を用いているんですが、その手法では自分の過去の記憶や経験、感覚を使い、演じる人物の感情に生かしていくので、ときには自分が思い出したくも無いようなことにも向き合うことになる。今回、禎司を演じるために、彼の出身地の鹿児島にも行きました。彼は何を見て何を思いながら育ったのかを考えるうちに、僕自身も過去のことを思い出すんですよね。でもそうやって向き合ったことで、僕が人知れずこれまで抱えてきたものが昇華された感覚があったんです。それは、この役を演じることによってしか得られないものだったんじゃないかな」
※後編は12月24日公開(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
Netflix映画『アースクエイクバード』
監督:ウォッシュ・ウェストモアランド 出演:アリシア・ヴィキャンデル、ライリー・キーオ、小林直己/1時間46分/Netflix にて配信中
https://www.netflix.com/jp/title/80244457
【STORY】1980年代の東京で、日本人写真家と恋に落ちた外国人女性。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.