画像: 「カイロ・レンのマスクは日本の“金継ぎ”で修復」『スター・ウォーズ』来日会見

「カイロ・レンのマスクは日本の“金継ぎ”で修復」『スター・ウォーズ』来日会見

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見が12日、都内にて行われ、レイ役のデイジー・リドリーやフィン役ジョン・ボイエガ、J.J.エイブラムス監督らキャスト、スタッフが登壇。完結編公開へ向け、秘話を交えつつ熱いトークを繰り広げた。
第1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から42年。シリーズの完結編にして、スカイウォーカー家の物語を描く最後の作品。
3部作に携わった5年間を「役者として長期の仕事がもらえるのはありがたいことでした(笑)。でもこれほど私の中でスター・ウォーズが大きな存在になるとは思っていませんでした」と振り返ったデイジー。ジョンも「ファンとして見ていた世界を、実際にどうやって作られていくのか目の当たりをし、魔法のような経験をした」と感慨深げ。
本作ではレイア役の故キャリー・フィッシャーも登場していることについてエイブラムス監督は「レイア姫なくしてスカイウォーカーのサーガを終わらせることはできないと我々は考えました。新たなキャストをたてることも、デジタルフォーマットで作ることもしたくなかったので『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の時に撮影した映像を使いました。実際に当人がいないという状況でシーンを作るのは奇妙な気持ちでしたが、僕らもみな、レイアもキャリーも大好きだったので、ファンの皆さんにももう一度レイアに会えることを喜んでもらえたら」と語った。
生みの親ジョージ・ルーカスから始まった『スター・ウォーズ』には日本にインスピレーションを得た要素も多い。監督は『フォースの覚醒』に登場する「タコダナ」という地名について「最初に東京に来たときに高田馬場のユースホステルに泊まったんだ」と由来を明かし「今回はカイロ・レンが割れたマスクを直すシーンで、日本の伝統技術の“金継ぎ(きんつぎ)”を取り入れています。欠陥があってもそれを隠さず修復するという意味合いが込められている。他にもレン騎士団は黒澤映画からの影響だし、劇中には僕の友人の村上隆さんも出演してます。25年前に初めて来たときから日本が大好き。日本にお礼を言いたいです」と、日本への思いを語った。
この日はSNSで募集したファンからの質問も。「一番、フォースを宿していると思うキャストは?」との質問に、オスカーが「デイジーじゃないかな」と言うとデイジーは日本語で「ありがとう、オスカー」とすましつつ「ここにいる皆さんも、それぞれ美しいフォースを持っていると思います」と笑顔。監督は「僕はここにいる人たちを見いだしたお父さん的な感覚でいるんですが、みんな同じくらい強いフォースを持った人たちだと思う」と言うと、プロデューサーでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ氏は、監督の「みんなの父」発言に「J.J.はこの場を使って大統領出馬宣言をしたのね」とツッコミを入れ会場も爆笑した。
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.