画像: 朝倉海「僕の試合で今年を締めくくりたい」とメインを志願【12・31 RIZIN.20】

朝倉海「僕の試合で今年を締めくくりたい」とメインを志願【12・31 RIZIN.20】

大晦日にバンタム級王座をかけてマネル・ケイプと対戦
「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する朝倉海が12月12日、都内にある所属ジムで公開練習を行った。
朝倉は2分間のシャドーボクシングではキレのある動きとスピード感のあるパンチを放ち、仕上がりの良さを感じさせ、練習後に行われた会見でも「めちゃめちゃいい。ケガもなく動きもいい」と笑顔を見せた。
朝倉は当初、堀口恭司の持つRIZINバンタム級王座に挑戦する予定だったのだが、堀口がケガで欠場となり、かつ王座を返上したためマネル・ケイプと同王座をかけて戦うこととなった。
ケイプとは昨年5月に対戦し、2-1の判定で勝利を収めているのだが、微妙な判定にケイプが不満を漏らし、事あるごとにトラッシュトークを仕掛けるという状況になっていた。
朝倉は試合にあたっては相手を徹底的に分析したうえで綿密なプランを立てて臨むのだが「分析も終わっている。1回やっているので分かっているところもある。1年半経ってお互いに成長している部分はあるが、それも考えながら対策を立てている」と今回も万全のよう。
前回の対戦については「あの時は僕の技術が全然なかった。その中で組み立てた試合。そもそも実力がまだなかった。それでああいう苦しい展開となったが、今やれば全然違う展開になる」と振り返り、今回の試合については「お互いにすべての面で成長しているので、試合自体がハイレベルなものになると思う。ケイプは結構頑丈なので、一方的な展開になって簡単に倒せるとは思っていない。ただ普通にやれば勝てると思っている」と話した。
「客観的に見て俺のほうがすべてにおいて強くなっている」
しかしケイプの実力については「明らかに強くなっているが、客観的に見て俺のほうがすべてにおいて強くなっている。特にボクシング技術がうまくなっていると思うが、テイクダウンディフェンスは成長していないと思う」などと分析。
ケイプは前戦で元UFCファイターの水垣偉弥にKO勝ちしているのだが朝倉は「ボクシング技術がうまいと思ったが、水垣選手がああいう打撃は苦手にしていると思うので、ああいう展開になったのだと思う」と話し、フィニッシュシーンの右アッパーからの右フックについては「あれはケイプが得意としているコンビネーションなので気を付けないといけない。でもそこに合わせるカウンターも用意しているので問題ない」とこちらも盤石の態勢のよう。
今年、大きく飛躍するきっかけとなった元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏のもとで現在も週3回ほどのペースで練習していることを明かし「パンチの打ち方からパワーからすべてが変わっている。今も成長の途中。10月の佐々木憂流迦選手との試合の時より、今のほうがうまくなっていると思う。内山さんにも“まだまだ伸びている。日に日によくなっている”とは言われています。でも完成形はないと思っている。ずっと成長途中。常によくなっていると感じている」などとさらなる成長を実感しているよう。またパンチが強くなったことで「相手のパンチが見える分、タックルへの反応も早くなった。パンチで圧力をかけられる分、テイクダウンも取りやすい。すべての部分で強くなった」などとその具体的な成果を話した。
今年の一文字は「挑」
RIZINは昨年は大晦日に2大会を行い、朝倉は午前に行われた大会に出場。今回はメインクラスでの試合となるが「(1年で)ここまで来るとは正直思っていなかった。でも1年あればこれだけ変えられるということを証明できたのかなとは思っている」と話し「僕の試合で今年を締めくくりたい。それにふさわしい試合をする自信があるので、メインを任せてもらいたい」とまだ試合順が発表されていない中でメインでの出場をアピールした。
この日は練習後に「今年の一文字」を書くこととなり「挑」という文字を書いた。これについて「今年を振り返ると挑戦の連続だった。まず世界チャンピオンの堀口選手に挑戦した。みんなに無理だと言われていたことを覆して勝てた。憂流迦選手との試合も大晦日の試合が決まっているなかでのものだったので、やる必要もなかったが、あえて挑戦した。それでいい結果がついてきたのかなと思う。あとはユーチューブも始めて、そこでもいろいろな新しいことに挑戦した。とにかく挑戦の連続だった1年。最後の大仕事が待っているが、そこも挑戦」と話し、現在は追われる存在にもなっているが「追われる立場になったとしても勝ち方や見せ方も挑戦だと思う。常に新しいテーマを設定して挑んでいる」などと最後まで挑戦の姿勢を崩さなかった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.