画像: レインズが因縁のコービン&ジグラーに報復のスーパーマンパンチ【12・13 WWE】

レインズが因縁のコービン&ジグラーに報復のスーパーマンパンチ【12・13 WWE】

キングストンがコービン&ジグラーを非難
WWE「スマックダウン」(現地時間12月13日、ウィスコンシン州ミルウォーキー/ファイザーブ・フォーラム)のメイン戦でキング・コービン(withドルフ・ジグラー)とコフィ・キングストン(withビッグE)がシングル戦で激突した。
オープニングでキングストンが「お前たちの行為は好きじゃない」と先週、手錠をしたローマン・レインズにドッグフードをかけたコービン&ジグラーを非難してこの対戦が決定した。
コービンはレインズ対策に警備員を配置して試合がスタートするとキングストンをバリケードやポストに叩き付けて攻撃。キングストンはSOSからブーン・ドロップを決めるも、ジグラーが足を引っ張るなど試合に介入。しかし、これがきっかけで乱闘になってしまい試合はノーコンテストに。
ここでビッグEの提案でタッグ戦に移行すると4人は白熱の攻防を展開。
しかし終盤、ジグラーが手錠を持ち出し、キングストンにかけてコーナーポストに吊るしてしまう。この間にザ・リバイバルも現れてビッグEにシャッター・マシーンを放って撃破。
12・15「TLC」でレインズvsコービン
先週に続きまたもやコービンがドッグフードを持ち出すと、報復を狙うレインズが登場。警備員やリバイバルを蹴散らし、ジグラーやコービンにスーパーマンパンチを決めると、最後はジグラーをラダー上からテーブルに叩き落として先週の雪辱を果たした。
PPV「TLC」(現地時間12月15日、ミネソタ州ミネアポリス/ターゲット・センター)ではレインズvsキング・コービンのTLC戦、ニュー・デイvsリバイバルのスマックダウンタッグ王座戦が行われる。日本では12月16日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)でライブ配信される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.