画像: 【インタビュー】朝倉海 格闘技界に最大の衝撃を与えた男が令和元年を締めくくる

【インタビュー】朝倉海 格闘技界に最大の衝撃を与えた男が令和元年を締めくくる

今年のRIZINは絶対王者と思われていた堀口恭司が朝倉海に敗れるというエポックメイキング的な出来事があった。大晦日にはタイトルをかけての再戦が予定されていたが堀口がケガで欠場。この対戦が来年以降に持ち越しとなったことで、現在、RIZINの男子の中心軸は朝倉海が担うこととなった。
「堀口選手が戻って来るまで絶対に負けてはいけない」
まずは堀口戦が流れた時の率直な気持ちを。
「ケガで欠場というのは想定していませんでした。なので、一瞬頭の中が真っ白になりました。でも大晦日に出場することは変わらないので、代わりの選手を用意してもらって、“誰が相手でも盛り上げるしかない”と切り替えました」
そう簡単に切り替えられるものでもないと思うのだが、気持ちを切り替える時に心掛けていることはある?
「特にはないです。基本的にマイナスなことは考えません。今回も流れてしまったけど、良く言えば来年に楽しみが先延ばしされただけ。これで俺が勝ち続けて、万全な状態で堀口選手が復帰したら、そこでもっと熱いものが見せられるというか、大きな熱が生まれるなと思ったので、今回やる予定だったものが先に流れただけという考えにシフトしました」
わりとサクッと切り替えられるタイプ?
「悩んでもそこからは何も生まれませんから。悩むというのは意味がないことだと思っているので、何事もそうなんですが、そんなに悩んだりはしないですね。落ち込んだりしても3分くらいですね(笑)。3分経ったら“おしまい”って感じ」
ではモチベーションは高く保ったまま?
「今は日本の格闘技界を盛り上げるために戦うという高いモチベーションをキープしています」
堀口が休んでいるうちに朝倉は4~5試合する可能性がある。そうなるとぐんとポジションが上がって、新たな目標が生まれるかもしれない。それでも堀口には興味がある?
「やはり他の選手と比べてもずば抜けて強いと思っているので、その戦いには意味があるし一番盛り上がると思っています。それを面白くするためにも堀口選手が戻って来るまでに絶対に負けてはいけないという使命のようなものはあります」
常日頃「格闘技で世界一になる」と言っている。と同時に「日本の格闘技を盛り上げる」とも。UFCへの参戦も視野に入れるとなるとこの2つを同時進行するのはちょっと難しい。
「まずは今年の大晦日にチャンピオンになって、来年の初めにはチャンピオンとしてRIZINを盛り上げて、そこに海外のメジャー団体の強豪選手を呼び寄せることができれば、とは思っています。それが理想なんですけど、それができないのであれば、僕がRIZIN代表として海外に行くのもありかなと思っています」
取りあえずはベラトールへの参戦?
「それは堀口選手がやったことなので僕もやりたいです。そして今、世界で一番強いと言われるのがUFCのチャンピオンなので、その後はそこを目指していきたいです」
気の早い話になるが、次の堀口戦が終わったら朝倉海の試合は日本では見られなくなる可能性もある?
「その可能性もありますので、来年の試合は必ず会場に来て見てほしいですね」
朝倉海は兄・未来とともに対戦相手を徹底的に分析したうえで試合に臨む。8月の堀口戦もそうだった。いとも簡単にやってのけているイメージだが、そんな簡単なものではないはず。
「昔、愛知にいたころから、周りに強い選手がいたわけでもない中で、自分たちで考えて映像で研究するということを習慣化していました。その積み重ねで今があると思っています」
分析とか戦略家のイメージは未来選手のほうが強い印象だが、海選手もそこは負けていない?
「兄貴は分析に関しては本当に優れていて、僕よりもすごい。でも僕も分析力はあると思います」
もともと人を観察することにたけている?
「そういうことはあるかもしれないです。日常の中ででもですよね?」
例えば、こういうインタビューの時も相手のしぐさを見て“どういう人間なんだろう?”と考えたり。
「そこまでは気にしないですけど(笑)。でもそういうつもりで見れば、性格分析みたいな、相手がどういうことを考えているのか、というのは分かるかもしれません」
会見での相手の発言とか喋り方でも?
「会見ではあまり分からないですけど、試合直前のインタビューを見て“この人は俺の作戦は読み切れていないな”ということは分かります」
「家で一人でゆっくりするという時間は全くない。逆に楽しい。充実している」
8月の堀口戦後の会見では、作戦や堀口のクセといったことまできっちり答えたうえで「まだ作戦はあるから大丈夫」と話していた。再戦が濃厚な相手のクセや作戦を堂々と喋ることは相手にプレッシャーをかけることになるし、陽動作戦にもなる。
「いろいろと考えたうえで喋っていますよね。もうそこから試合は始まっていますから。でもそういうところでは嘘はつかないです」
上京して約2年。東京の生活は楽しめている?
「楽しんでいますよ。最初のうちはこちらに友達はいなかったんですけど、最近は増えてきていますし、地元の友達も結構頻繁に来てくれる。今はとても楽しいですね」
現在26歳だが、一般的なその世代の楽しみ方とはちょっと違いそう。
「そうですね。クラブに行ったりとかキャバクラに行ったりというのは全然好きじゃないし、面白いとも思わないので全く行かないです。お酒は試合の1カ月前からは絶対に飲まないです。気持ち的にもだし、スタミナも落ちますので。その代わり試合が終わったらメリハリをつけることも大事だと思っているので、友達と飲んだりというのはよくあります。試合がない時は週2回とか飲んだりしますよ」
現在ユーチューバーとしても活躍中。編集にも関わっている?
「基本的には編集作業は専門で友達がやってくれていて、編集する前にこうしようという話をして、出来上がったものを見て修正は入れることはあります。撮影にはそんなに時間はかからないんですが、編集はかかりますよね。でもそれで練習時間を削るということはしたくないので、休日をユーチューブに関連した作業に充てています」
では純粋な休日はないということ?
「家で一人でゆっくりするという時間は全くないですね」
そういう時間がなくても大丈夫?
「逆に楽しいです。充実しているし」
堀口戦での勝利以降、メディアへの露出や格闘技メディア以外の取材も増え、今まで会ったことのない人たちと話をすることも増えた。
「刺激的というか、いい経験をさせてもらっているなとは感じています。メディアに一緒に出させていただくような人は、やっぱり各分野で何かを極めている人じゃないですか。そういう人には尊敬できるところがありますし、学べるところがたくさんあります。同世代で他のスポーツで活躍している友達もいて、そういう人たちのストイックなトレーニングの話や自分のやっているスポーツに対する考え方なんかを聞くと刺激になります。特に同世代の選手からはそういう話を聞くと“俺も頑張らなきゃ”という気持ちになりますね」
「全然違う種目でオリンピックに挑戦するということもやってみたい」
8月の堀口戦後、SNS上で那須川天心との戦いを期待する声が挙がった。RIZINの解説を務める髙田延彦がMCを務める番組にゲストで出た時に「ミックスルールも面白い」と発言。これはある種のリップサービスでもあっただろう。今回の堀口の欠場の情報が流れた時もやはり天心戦を望む声が挙がった。今後も事あるごとにそういう声は挙がってくるだろうが、果たしてそこについてはどう思っているのか...。
「僕が総合格闘技で世界一を目指している中で、天心君との試合は言ってしまえば寄り道になるわけですよね。必要ないと思っているんですよ。やりたいとも思っていない。ただ“日本の格闘技を盛り上げる”という目で見ればすごく意味のあることなのかなとも思っています。やっぱり話題になりますし、その試合を組むことで格闘技を知ってくれる人も増えると思う。テレビの視聴率も上がると思うし、RIZINも盛り上がる。一瞬の熱を生むにはいいカードだと思うんですけど、自分の求めている世界一という路線で考えると意味がない。だからどっちを取るかという葛藤はありますよね。でも、いずれにしてもルールの問題もあるので実現するのはなかなか難しいのかなと思います。キックボクシングと総合は全く違う競技なので、お互いにどこまで譲るのか。体重も違いますし。MMAでやったら多分一瞬で終わっちゃうと思うし、キックボクシングルールだったら天心君に有利だと思う。まあオープンフィンガーグローブでキックボクシングルールとかだったら一番面白いのかなって思いますけど。ちょっと難しいですよね」
今年、朝倉は4月に対戦予定だった佐々木憂流迦が内臓疾患で欠場、大晦日は堀口がケガで欠場。さかのぼるとRIZINデビュー戦もZSTフライ級王者だった伊藤盛一郎が練習中のケガで欠場と、“戦わずして相手を倒す”という状況が6戦中3回もある。
「なんか、そういう魔力みたいなものがあるのかもしれないですね。俺と戦うことが決まると細胞レベルで拒否反応が出るとか(笑)」
なにかしらのメンタルの状況が体に影響を及ぼすことはあるかも。
「そういうものは絶対あると思います。練習では強い人がいるんです。“練習番長”って言われているんですけど、本番で緊張しちゃったり力が入りすぎちゃって実力が出せない選手って結局メンタルに問題があるんですよね。技術はあるのにメンタルが弱くて実力を発揮できない。で、それが実力になってしまう。本当に一番大事なのはメンタルだと思います」
朝倉兄弟はそこの部分が飛び抜けて強い。それは自分たちでも自覚はある?
「そこが僕たちの一番の強みかもしれないです。でもそれは今までの育ちだったり、たくさんの修羅場をくぐってきて培ったもの。小さい頃からの積み重ねなので、他の人に追いつかれることはないと思います」
かねてから「世界一になったら総合格闘技を辞める」といったことも言っている。人生のプランのようなものも持っている?
「具体的には決まっていないんですけど、格闘技はすごく好きで、その気持ちは変わらないので格闘技が盛り上がるために自分ができることをしたいということは考えています。それは指導をしたり、ジムを作るということかもしれません。それ以外にも会社の経営とか飲食店なんかもやってみたいと思っています。あとは全然違う種目でオリンピックに挑戦するということもやってみたい。そんな簡単な話ではないのは十分分かっているんですけど、本当に運動には自信があるので、3年とかしっかり時間をかけてやれば行けるんじゃないかという思いもあって、そういう挑戦もありなのかなとは思っています。実際、その時にならないと分からないですけど」
来年、東京でオリンピックが開催される。今は「負けないぞ」という気持ち?
「そういう意識はありますよね。競技自体は他のオリンピックの種目より絶対に面白いし、魅力があると思っているので、負けちゃいけないというか、同じくらいの熱を作らなければいけないなって思っています。いつか格闘技がオリンピック種目にならないですかね?」
ボクシングはオリンピック種目ですよね。
「ボクシングでオリンピックを目指そうかな。総合格闘技のプロだった人は出られないですかね? いけますよね? 本気で熱中できれば行けると思うんです。でも多分、飽きちゃうんですよね。格闘技だけは飽きずに続けられて極められたんですけど。中学の時にバレーボールもやっていたんですよ。自分で言うのもなんですが、めちゃくちゃうまかったんです。だけど飽きちゃって全然ダメ(笑)。あとは個人競技じゃないとダメですね。チームスポーツだと自分の努力だけではどうにもならないところがあるので」
(本紙・本吉英人)
大晦日はバンタム級王座をかけてケイプと対戦
朝倉海の「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・スーパーアリーナ)のカードが12月4日についに決定した。朝倉は堀口恭司が返上した「RIZINバンタム級王座」をかけてマネル・ケイプと対戦する。
同日行われた会見で朝倉は「まず堀口選手との試合が流れてしまって本当に残念です。堀口選手にはしっかりケガを治してもらって、万全な状態で戦えることを楽しみしています。ケイプは前回からグチグチ女々しいことばかり言っているので、ここで一発、失神でもさせてやろうと思っています」と話した。ケイプはスカイプで会見に参加し、事あるごとに朝倉に食って掛かったが、朝倉は聞き流し「大晦日には必ずあいつを黙らせる。必ずチャンピオンになってRIZINを引っ張っていく」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.