画像: チョコプラ、黒星多すぎで表彰!?「黒星 of the year 2019」

チョコプラ、黒星多すぎで表彰!?「黒星 of the year 2019」

チョコプラことお笑い芸人のチョコレートプラネットが16日、都内で行われた「黒星 of the year 2019」の発表・授賞式に登壇した。
「黒星 of the year 2019」は今年が初開催となるアワード。ビジネス、スポーツ、芸能などのさまざまな分野で優勝には至らなかったものの、前向きに挑戦する姿勢で人々を勇気づけたり、楽しませたりしている人やサービスなどを募集して表彰するもので、チョコレートプラネットはその「person(人)部門」での受賞となった。
2019年は「TT兄弟」が「新語・流行語大賞」として期待されつつもノミネートならず、「キングオブコント2019」でも準決勝で敗退と2018年の決勝敗退よりも一歩後退となってしまったチョコプラ。この日はTT兄弟ではなく、「黒星兄弟」として登壇した。
「僕ら、ここまで本当に黒星ばっかりできてますから、黒星 of the yearはほしい!」と懇切したが、person部門での受賞に留まった。2人で「うれT~!」と歓喜したが、惜しくもグランプリは逃す結果となった。
プレゼンターのけんすう氏は、チョコプラの受賞理由を次のように語った。
「僕は漫画サイトを運営しているのですが、現代に必要なのは"漫画の主人公タイプ"だと感じています。結果がどうというよりも、成長や挑戦の過程にこそ、物語は生まれます。
チョコレートプラネットさんも、ブレークするまでに時間はかかったかもしれませんが、YouTubeなどで、いろんなキャラに挑戦されていました。挑戦の量、こなした量が違った。素晴らしいことだと思います」
チョコプラの2人は、「今年は吉本興業もいくつもの黒星が多くついた年でした。こうして名誉ある賞をいただけてうれしい。ここでグランプリを取ったということは、 本当の黒星ではなくなりますから。そういう意味では、僕らこそ本当の黒星オブザイヤーですよ」と、所属事務所をイジりながら、前向きにコメントした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.