画像: 大沢たかお、2年の休業を振り返り「これからはメーターが振り切れる作品を」最新主演作に自信

大沢たかお、2年の休業を振り返り「これからはメーターが振り切れる作品を」最新主演作に自信

映画『AI崩壊』完成報告会見が17日、都内にて行われ、主演の大沢たかお、共演の賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和そして入江悠監督が登壇した。
2030年。少子高齢化で崩壊寸前となった日本のライフラインを管理していたAI「のぞみ」が突如、暴走。犯行の容疑をかけられ逃亡しながら真実を追う天才開発者と、彼を追い詰めるサイバー犯罪対策課の攻防をサスペンスフルに描く。
AIの開発者である主人公・桐生を演じた大沢は「自分で出ていて言うのもなんですが、ものすごいスケール感と、ものすごいエネルギーを体現できた日本映画になった」と語り、共演の賀来も「自分の出演作ながら、試写を見終わって、すごく面白い作品を見てしまった、と監督や大沢さんと興奮気味に話しました」と充実の表情。天才捜査官役の岩田も「すごい映画ができたと思った。ド迫力の映像やカーアクションなどもすごくて、僕は警察庁の理事官役でずっと捜査室にいたので、大沢さんがいろいろなアクションをしていたのを見て申し訳なく思いました(笑)」と話した。
そんなアクションシーンについて大沢は「『AI崩壊』というからCGを使ってくれるかと思っていたらそんなことはなく、スタントもいなかった。大変じゃないところがなかった」と苦笑しつつ「ハリウッド風日本映画と言われないよう、みんなで必死になってやっていました」と本格アクションや日本各地での大規模ロケを振り返った。
本作は原作のないオリジナル作品。脚本段階から参加したという大沢は「こういう作品は、トム・クルーズがやると成立するかと思うが、僕は残念ながらトム・クルーズではない。では負けない部分は何かと思ったとき、日本映画の持つ“人のにおい”がするリアルさではないかと思いました。身近にいそうな人が必死になって日本全国で起きたクライシスに立ち向かうほうが、リアルに感じてもらえると思った」と、自身の提案を明かし、入江監督も「大沢さんが脚本段階から参加してくださって、俳優として血を通わせてくれた」と感謝。入江監督は「撮影では、俳優もスタッフも、ゼロから作っているんだという気概を持って臨んでいた。本作が公開されて、オリジナル脚本や、ゼロからの映画作りにもっと寛容になってくれたら」と期待を寄せた。
最後に大沢は「わたくしごとですが近年、2年ほど仕事を休み、これからは一番メーターが振り切れている作品だけをやって俳優を終わろうという決意で、去年また現場に戻ってきました。この作品はまさに、台本をもらって“こんな企画を映画化するなんて何を考えているんだ”と思った作品」とさらなる意気込みを見せた。
映画『AI崩壊』は2020年1月31日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.