画像: 朝倉未来「来年は格闘技は年2回。ユーチューバーとして頑張りたい」【RIZIN&BELLATOR】

朝倉未来「来年は格闘技は年2回。ユーチューバーとして頑張りたい」【RIZIN&BELLATOR】

対抗戦出場の4選手が揃って公開練習
年末に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される「BELLATOR JAPAN」(12月29日)「RIZIN.20」(12月31日)で行われる「RIZIN×BELLATOR対抗戦」に出場する日本人4選手が12月17日、都内で合同の公開練習を行った。
大晦日では朝倉未来vsジョン・マカパ、元谷友貴vsパトリック・ミックス、29日にはロレンズ・ラーキンvs中村K太郎、イララ・ジョアニvs渡辺華奈が行われる。この4試合にゴイチ・ヤマウチvsダロン・クルックシャンクの計5試合が対抗戦として行われる。
この日は朝倉と中村、元谷と渡辺がそれぞれ2分間のマススパーリングを行った。
RIZINチームの大将となる朝倉は対抗戦については「特別な意識はない。でも多分、俺目当ての客が一番多いと思うので、日本の格闘技が盛り上がっているところを見せたろうかなという感じ」と言いつつも「RIZINの強さは証明したい。ここで全敗したら舐められる。日本の格闘技ファンも含めて、“RIZINってこんなもんか”と思われたくないんで意地を見せたいと思う」などと対抗戦へ静かに闘志を燃やす。
対戦相手のマカパについては「ここまでやった選手の中で世界的に見ても一番実績があると思うので楽しみですね。でも試合の映像を見た限り負ける気はしない。あのパンチは多分僕には当て切れない。序盤は丁寧だが、だんだん大振りになってくる。そこで俺がカウンターを合わせるかなと思う」とカウンターでの決着を予告。朝倉は試合前の対戦相手の分析に定評があるのだが「今回はあまり研究してない。あまり映像がなくて3試合くらいしか見ていない。でも合わせる技は3個くらい見つけた。テイクダウンは多分取られないので打撃戦になる。そこで冷静に戦うということ」などと話した。
「エースがぽんぽん行ってちゃダメ。あっちからも来てもらわないと」
ここで勝てばBELLATORへ乗り込んでの試合も期待したいところなのだが、これについては「そんなに行きたいとは思わない。“来て”って感じ(笑)。エースがぽんぽん行ってちゃダメ。あっちからも来てもらわないと」とどっしり構える。
来年以降については特にBELLATORにこだわることもなく「他に日本人でも面白い奴はいるんで、日本のファンが盛り上がる試合をしたい。(ダリオン・)コールドウェルとか知名度のある奴だったらやりたいと思う。今回、指名したんですが、向こうがトーナメントがあってできなかった。今回の相手みたいな知名度がなくて、勝っても“相手が弱かったんでしょ”と言われる奴とはやりたくない」などと話した。
今年はユーチューバーとしての活動も注目を集めた朝倉だが「来年はユーチューバーとして頑張りたい。100万人登録を目指して。格闘技は年2試合くらいでいい。夏と年末という感じで」とRIZINの榊原CEOが聞いたらビックリの発言。そのYouTubeについては「YouTubeのせいで練習ができないということはない。息抜きです」と話し、「稼ぐため。あと、僕が格闘技を広めてますよね。RIZINの存在をめちゃくちゃ広めている。そういうふうに一人ひとりの選手がやっていかないと盛り上がらない。ただ試合に勝ってるだけじゃダメ」などと個々の選手が格闘技を広めていかなければいけないと語った。
なぜか引き分けにこだわる中村
中村は対戦相手のラーキンについては「2試合くらい見た。今までほとんど相手を研究してなかったので、今までの中で一番研究している。打撃が強くて速い。フィニッシュもほとんど打撃。打撃の選手だなって感じ」とその打撃に警戒。
となるとラーキンの打撃vs中村のグラップリングの攻防、特に中村が得意のバックチョークを狙う展開を想定しているのかと思いきや...。
「殴り倒します」とRIZINデビュー戦となったマルコス・ヨシオ・ソウザ戦に続いてのKO決着を予告。そして「みんなチョークを極めてほしいんですかね? では打撃で弱らせてチョークで極めます」と一瞬にして方針転換。
しかし「それでぶっ飛ばされたらしようがないけど、簡単にテイクダウンを取れる選手ではないので打撃でもある程度やり合うつもり」とも話した。
対抗戦ということについては「僕は引き分けて、なるべく後につなげるみたいな...。(みんなの)予想では僕が負ける予想が多いので、せめて引き分けて、団体に黒をつけない役割を果たしたい」と話す。そして「アゴを折ったり、頭蓋骨を陥没させるような選手が安西さんの相手なんですが、それに近いような破壊力を持つ選手だと思うので、怪我してもしようがないが引き分けます。絶対引き分けてやります」と黒星予想の反発から徐々に引き分けへのこだわりが強くなり、最後も「団体戦なんでチームのために引き分けます。今回だけはチームを思って、絶対に引きわけます」などと引き分けへのこだわりを見せた。
渡辺は「私もフィニッシュしに行く。一本取りたい」
渡辺は仕上がりについては「全体的にやっている。相手はトータルでできる選手なので全体的に地力を上げるようにやっています」と話した。
対戦相手のジョアニについては「爆発力とかパワーがすごくある選手。打撃も寝技もしっかりできるイメージ。フィニッシュ力が高いので、面白い試合になればなと思っている。過去最強の敵と思う」と警戒しながらも「私もフィニッシュしに行く。一本取りたい」とこちらは中村とは対照的に完全決着へ意欲を見せた。そして勝利の暁には「全米進出したいです」とも。
そして対抗戦ではクルックシャンクに続き、日本人では最初の出陣となるが「しっかり勢いづけられるようにガンガン行きたい。引くような試合は絶対にしたくない」と改めてアグレッシブな試合を約束した。
元谷は無敗の相手に「次は負けると思う」
元谷は練習の拠点は石川県なのだが「ここ1~2カ月は東京で練習してます。ジムはいろいろなところでやっている。最近はKRAZY BEEでやっている。ちょっと変化が欲しくて。それと全体的なレベルアップ。東京で練習したらどう変わるかなという変化を求めて。手応えはある。打撃も組みも寝技も全体的にレベルアップしたと思う。いろいろな人がいるのと、MMAの時間が長いので、そういう意味でたくさん練習できている」などと東京での練習に大きな成果を見ているよう。
対抗戦については「選んでもらったので、RIZIN代表としてしっかり勝ちたい」と話す。
対戦相手のミックスについては「打撃をせずに組み付いて寝技に持っていく。それにこだわっている選手」評価。ミックスは12戦12勝と無敗の選手なのだが「無敗だからどうとは思わない。次は負けると思う」と自らが黒星をつけることを宣言した。
試合展開については「攻略というより、自分のしたいことを遂行していくという感じ。寝技でもいい勝負ができると思う」と話した。
またここで勝てばアメリカでも知名度がグンと上がることになるが「勝てば自然とそうなると思うのでインパクトのある勝ち方をしたい」と意欲を見せた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.