画像: クリスマス「前前前夜」に開催の『M-1グランプリ』 RADWIMPS楽曲使用のPV公開

クリスマス「前前前夜」に開催の『M-1グランプリ』 RADWIMPS楽曲使用のPV公開

令和になって初めての漫才日本一を決める『M-1グランプリ』の決勝が22日に開催される。当日がクリスマスの「前前前夜」であることから、ロックバンドRADWIMPSの楽曲「前前前世」を使用したプロモーションビデオが注目を集めている。
今大会の決勝がクリスマスの「前前前夜」に行われることから、スタッフが「ダメもと」で楽曲使用の許可を願い出たところ、バンドは快く「OK」を出したという。
今大会には過去最多となる5040組がエントリー。決勝には、厳しい予選を潜り抜けたインディアンズ、ミルクボーイ、オズワルド、見取り図、かまいたち、ぺこぱ、からし蓮根、ニューヨーク、すゑひろがりずの9組に、22日の敗者復活戦を勝ち抜いた1組が加わって、チャンピオンを争う。出演順は「笑神籤」で決定する。
『M-1グランプリ』の決勝は、ABC・テレビ朝日系列全国ネットで22日午後6時34分から生放送される。審査員は、オール巨人、上沼恵美子、サンドウィッチマン・富澤たけし、立川志らく、ナイツ・塙宣之、中川家・礼二、松本人志。
敗者復活戦は、同日午後1時55分~4時25分で放送される。
現在、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」の日比谷線側で、駅構内広告エリアを活用した「M-1歴代王者展」を開催している。歴代王者の優勝当時の写真と、M-1に対するそれぞれの思いが感じられるものになっている。現在は最後の1枚が空白となっており、大会翌朝、 2019年の王者が1日限定で登場するという。展覧会は、23日の終電まで行われる。
六本木のテレビ朝日社屋1階・アトリウムの「M-1ブース」では、優勝トロフィー(レプリカ)と写真が撮れるフォトスポットが登場している。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.