画像: SKR連合が決勝進出。“3人抜き男”古宮が無傷の5連勝【格闘代理戦争】

SKR連合が決勝進出。“3人抜き男”古宮が無傷の5連勝【格闘代理戦争】

準決勝2試合「SKR連合vs皇治軍団」「EAM武尊vsゲーオーズ]開催
AbemaTVの格闘ドキュメンタリー番組「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」の準決勝2試合が12月22日、都内で開催された。
今シリーズは武尊、ゲーオ・ウィラサクレックといったK-1のトップファイターに加え、魔裟斗、佐藤嘉洋といったレジェンドが監督を務めるなど「FINAL WAR」のタイトルにふさわしい豪華な陣容。
1チーム3人による団体戦による抜き試合形式で行われ、11月30日に行われた1回戦では佐藤嘉洋率いるSKR連合、皇治軍団、TEAM武尊、ゲーオが監督を務めるゲーオーズの4チームが勝ち上がった。
準決勝第1試合は「SKR連合vs皇治軍団」。
SKR連合は1回戦では先鋒の古宮晴が3人抜きで魔裟斗軍に圧勝。この日は古宮を大将に置き、先鋒・手塚諒太、次鋒・植松愛瑠斗という布陣。
対する皇治軍団は1回戦では再戦となった木村組(木村“フィリップ”ミノル監督)を返り討ちにし、準決勝に上がってきた。
こちらは先鋒・森新太、次鋒・井上大斗、大将・永井卓海という布陣で臨んだ。
第1試合は皇治軍団の森が先勝も...
第1試合は皇治軍団の森が1Rにダウンを奪い手塚に判定勝ち。しかし2Rには手塚のパンチで一瞬腰が落ちかけるなど、反撃を許しダメージを残したまま第2試合の植松戦に臨む。
植松は序盤から前蹴りで主導権を握る。1R終盤には前蹴りを森の顔面に炸裂させスタンディングダウンを奪う。2Rも植松の前蹴りが冴えわたる。ここでも森の顔面にクリーンヒット。森の動きが止まったことを確認したレフェリーが試合を止め、植松のKO勝ちとなった。
第3試合は植松vs井上。植松はここも前蹴りを放っていくが、井上はさばいて距離を詰め、パンチの打ち合いに持ち込むと左フックでダウンを奪う。2Rもその勢いのまま攻め込む井上。コーナーに詰めてパンチの連打で最初のダウンを奪う。立ち上がった植松になおも猛攻を仕掛ける井上の前に植松は下がる一方。コーナーに詰めた井上の左ハイで植松の動きが止まり、レフェリーが試合を止めた。
ローブローでダメージも大将・古宮が踏ん張る
続くはSKR連合の大将・古宮と皇治軍団の中堅・井上の対戦。後がなくなったSKR連合だったが、ここでも古宮が踏ん張る。
1R、互角の打ち合いを展開した2人だが、ロープ際の攻防の際に古宮のヒザがローブローとなり中断。再開後、井上はダメージを感じさせず終盤も一歩も引かない打ち合いとなる。2Rになると井上がパンチの連打で詰めるが、古宮は打ち終わりにパンチを合わせ、前蹴りも井上の顔面を的確にとらえていく。攻防の中で互いに一度ずつローブローを食らい2度中断したものの、最後までアグレッシブに打ち合ったまま試合終了。
ジャッジ2人が20-19、1人が20-18の3-0の判定で古宮が勝利を収め、永井との大将同士の対戦に持ち込んだが、古宮は激しく打ち合ったうえにローブローのダメージもあり、不利は否めない。
決勝は2020年1月18日に開催
永井は序盤からプレッシャーをかけパンチの連打で追い込むが、古宮は前蹴りで反撃し、下がりながらもパンチ、ヒザを的確に当てていく。2Rも古宮はカウンターでポイントを稼ぎ、打ち合いのなかでもその確実性が目立つ展開となる。試合は判定となり2人が20-19で古宮を支持し、2-0で古宮が勝利を収め、SKR連合が決勝進出を果たした。
古宮は1回戦の3人抜きに続き、この日は2人を退け、1回戦からの連勝を5に伸ばした。
試合後、監督の佐藤は「晴君が2人に勝ってくれたが金的で吐き気がするほどで、最後は根性で頑張ってくれた」と古宮を称えた。また「僕らはX枠で出て、この前の試合は控室が階段だった。そして今日ようやく控室が用意された。せっかく魔裟斗さんにも勝ったので、底辺からトップを狙って優勝したい」などと次戦に向けての決意を語った。
古宮は「今回は自信があったが、スタミナがバテバテで全然ダメダメだった。なんとか根性で頑張った。決勝では相手を完封したい」などと話した。
準決勝第2試合ではTEAM武尊とゲーオーズが対戦し、ゲーオーズが1人残りで勝利を収め決勝に進出した。
「SKR連合vsゲーオーズ」の決勝は2020年1月18日に開催される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.