画像: E-girls「それぞれの道で頑張っていく決断した」来年2020年いっぱいで解散を発表

E-girls「それぞれの道で頑張っていく決断した」来年2020年いっぱいで解散を発表

E-girlsが22日、来年2020年いっぱいで解散することを発表した。同日、横浜市内で行ったグループの2020年第1弾シングルとなる『別世界』(1月29日発売)のリリースイベントで、メンバーそれぞれが自分の言葉で発表した。
商業施設で行われたイベント。E-girlsを一目見ようと、観客エリアもちろん、会場を見下ろす2階、3階まで、人であふれた。イベント開始時刻を少しすぎたころ、司会者が登壇すると、まずは映像を見るように促した。
大きなスクリーンにお気に入りのメンバーが映し出されると会場のあちこちから歓声が上がった。ただ、E-girlsのこれまでを振り返るような映像、そのうえ、2020と大きく表示されたあとに「E-girlsとしてのエンタテイメントに一区切りをつけ」というテロップが入るとファンは一体どういうことなのかといった不安そうな表情で顔を見合わせ始めた。ラスト「E-girls ラストツアー」というテロップが表示されると、ようやく理解したという雰囲気で、悲鳴があがった。
観客がザワザワするなかでメンバーは登壇。司会者が改めて「E-girlsは2020年で“解散”ということになりましたが......」とはっきりと言葉にして今の心境を聞き、メンバーはそれに答えるかたちで、今の気持ちを語った。
「私たちE-girlsは、2020年を持ちまして、それぞれの道に進んでいくという決断をさせていただきました」と口火を切ったのはリーダーの佐藤晴美。「今年の春ぐらいから、E-girlsのこれからだったり、未来をみんなで話し合う機会が何度かありました。それぞれのこれからの目標や方向性を伝え合ったとき、これからはそれぞれの道で頑張っていくという決断をさせていただきました」と、改めて報告した。
今後は、佐藤晴美、坂東希、石井杏奈、山口乃々華はそれぞれ役者やモデルとして活動。Happinessは多数のアジア系アーティストが所属する米レーベル「88rising」とタッグを組んで本格的に世界進出を目指す。武部柚那はAFLOJACKが世界8都市で開催したオーディションで合格したメンバーと新ユニットを結成、鷲尾伶菜はソロアーティストとしてデビューする。
佐藤は「みなさんとの思い出やみなさんと一緒に見てきた景色を思い返すと、なかなかそういう決断に踏み切れない部分もあったんですけど、それぞれがさらに輝いていけるステージに行くために、みんなでこの決断をさせていただきました。これからはそれぞれ、ソロだったり、グループ活動、個人活動だったり、それぞれの活動を応援しあって、みなさんにもっともっと応援していただけるように頑張っていきたい」と、話した。
2020年2月からスタートするアリーナツアー「E-girls PERFECT LIVE 2011▶2020」が、E-girlsとしてのラストツアーになる。このツアーはデビューから最新曲までのヒットシングルを中心に構成するベストライブとなっている。
「2020年いっぱいはE-girlsの活動は続きますし、ツアーも控えています」と、佐藤。「みなさんと直接触れ合える機会もたくさんあるのでこの1年、E-girlsをまっとうして、みなさんにいただいた愛を返していく、想いを伝えていく1年にしたい」と、笑顔を見せた。
イベント終了後の施設は、思いがけない発表に目を赤くしたファンでいっぱいだった。
他メンバーのコメントは以下の通り。
山口乃々華
E-girlsになってから、知らなかった気持ちに出会ったり、知らない世界に入って、いろんなことを学んできました。いつも応援してくださるファンのみなさんの温かい気持ちだったり、どんなときも支えてくれるメンバーだったり、みなさんに支えられながらここまでこれたんだな、ここで話していられるのも今までのE-girlsの活動があったからだなと思っています。みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。振り返るといろんなことがあって、毎日が奇跡みたいな、毎日キラキラした日々だったと思っています。私はこれから個人活動に専念させてもらうのですが、女優業だとか力を入れて頑張っていきたいと思ています。来年のツアーでは、みなさんへの感謝だとか悔いの残らないように伝えたいライブにしたいと思います。
坂東希
みんなそれぞれの道を歩いていくという決断をしました。思い返したら、みんなと出会って、こんなに家族みたいになっちゃって。みんなと一緒にいたからファンのみなさんとも出会うことができて、自分1人じゃ成し遂げられなかったことをたくさんやらせてもらっていたなと心から思います。だから、みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。来年1年でE-girlsの活動は最後になっちゃいますけど、みなさんと最後まで楽しい笑顔あふれるE-girlsという思い出をいっぱい作れるようにと思っています。ラストツアーを楽しみにしていただけたらと思います。
SAYAKA
E-girlsは2011年にプロジェクトとして始動して、いろんな変化を経て今に至りますが、どんなときもファンのみなさんが支えてくださって温かく見守ってくださったからこそ、今の私たちがあると思います。来年で区切りをつけますが、来年は涙あふれる年じゃなくて、笑顔あふれる1年にしたいと思います。感謝の気持ちをファンの皆さんに届けるべく頑張りたいと思います。
武部柚那
伝えたいことはたくさんあるんですけれども、一番伝えたいことはみんなで決めた決断ということ。それぞれが8年、9年やってきたなかで、いろんな夢だったりとか目標が芽生えてきて、メンバー同士が支えあって応援しあって次に進んでいくという決断になりました。またそれぞれが新しいステップを踏むために、それぞれが夢の旅に出ます。ファンの皆さんには突然の報告になりますが、私たちはもっと大きな夢に向かって頑張りたいなという気持ちでいます。
私たちがエンタテインメントを届けられるのは(ファンの)みなさんがいてくださるから、もっとこうしたい、もっとこういうものを届けたいと考えられたり、みなさんにはたくさん支えてもらったなという気持ちでいっぱいです。これから新しいユニットを組んでやらせていただきますが、また皆さんと会える機会を作りたいと思います。E-girlsとしては、来年はアリーナツアーでスタートする1年。みなさんと一緒に悔いが残らないように楽しい思い出をつくれたらなと思っています、ツアーの初日からしゃかりきで、歌って踊って、楽しんでもらえるように、笑顔いっぱいあふれることをたくさんしていきたいです。
鷲尾伶菜
2020年をもって今までの活動に終止符を打ち、個人活動をスタートさせていただくことになります。E-girlsとして皆さんに支えられてきた約8年間でしたが、だからこそ次に進める力をいただいたんだと思っています。来年1年間は、今までE-girlsとして活動させていただけたことを感謝して、みなさんからたくさんいただいた恩を返していける年になるといいなと思います。
藤井夏恋
今日にいたるまですごい話し合ってきたので、いい決断だった、悔いのない決断だったと思っています。今日この発表をするまで、どういう感情でもっていけばいいんだろうと思っていたんです。絶対に泣かないでおこうと思っていたんですけど、ファンの方の涙を見てもらい泣きしてしまいました。来年のライブも残っているので、最後までE-girlsとして全力を尽くしていきたいと思います。来年はまたHappinessとしてがんばっていきたいと思うので応援をお願いします。

突然の報告となってしまってすみません。今日までたくさん話し合って、それぞれ考えて、自分の将来だったり夢だったりすごくすごく考えて決断しました。考えている間も、ファンのみなさんのことだったり、一緒に過ごした時間というのを思い返して、正直迷った部分もあったんですけど、みんなの将来や夢を尊重して、応援しあって、みんなが飛躍して活躍できたらいいなと思って決断させていただきました。まだ来年もツアーもありますし、来年いっぱいはツアーだけじゃなく楽しい時間を作れる場所を考えて、みなさんと会える1年にしたいなと思っています。最後は涙じゃなくて笑顔でみなさんとE-girlsの終わりを迎えたいと思います。
YURINO
E-girlsとしてファンのみなさんと支えてくださったみなさん、メンバーのおかげで、自分の見られなかった夢も見られたし、叶えられたし、たくさん経験も思い出もできました。みなさんがいたからE-girlsをやってこられたと思います。最後のツアーも最後まで楽しい時間と思い出と経験になったらいいなと思います。
須田アンナ
本気でぶつかりあえる11人の絆があったからこそ、力強い決断ができたと思います。すごい長い歴史のあるE-girlsですが、今までの活動とか、11人になってからの絆に嘘はないと思います。スタートダッシュが華やかだったように、ゴールを目指すE-girlsも華やかでいたいと思います。そんな華やかな道をみなさんと一緒に歩きたいと思います。2020年もたくさんの笑顔やいつも通りの愛で支えていただけたらと思います。
石井杏奈
この決断に至るまで、自分自身もすごく悩んだし考えたし、みんなでたくさん話し合って、涙も流して至った決断でした。中学生のころからE-girlsに入ってたくさんの苦楽を共にしたみんなのことを応援したいなと心から思えたし、これから先もファンのみなさんのためにという思いは変わらずに過ごしていきたいと思うので、これからも応援お願いします。
E-girls PERFECT LIVE 2011▶2020
2月 1日(土)《静岡》静岡エコパアリーナ
2月 2日(日)《静岡》静岡エコパアリーナ
2月22日(土)《三重》三重県営サンアリーナ
2月29日(土)《東京》武蔵野の森 総合スポーツプラザ
3月 1日(日)《東京》武蔵野の森 総合スポーツプラザ
3月14日(土)《福岡》マリンメッセ福岡
3月15日(日)《福岡》マリンメッセ福岡
3月20日(金・祝)《埼玉》さいたまスーパーアリーナ
5月 9日(土) 《新潟》朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
5月26日(火)《大阪》大阪城ホール
5月27日(水)《大阪》大阪城ホール
6月13日(土) 《北海道》北海道立総合体育センター北海きたえーる
7月4日(土) 《宮城》セイキスイハイムアリーナ
『BOOK ACT』芸人交換日記
2月 5日(水)~9(日)《東京》日本青年館ホール
※石井杏奈、山口乃々華、佐藤晴美、坂東希

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.