画像: バンタム級サバイバルマッチで加藤ケンジが齊藤曜に逆転KO勝ち【12・22 修斗】

バンタム級サバイバルマッチで加藤ケンジが齊藤曜に逆転KO勝ち【12・22 修斗】

齊藤は泥沼の3連続KO負け
2019年最後のプロフェッショナル修斗公式戦となる「SHOOTO GIG TOKYO Vol.29 Supported by ONE Championship」が12月22日、東京・新宿FACEで行われた。
メインでは約1年ぶりの復帰戦となる“ギロチン”齊藤曜が加藤ケンジと対戦。3R、TKO負けを喫し、これで3連敗となってしまった。
1R、齊藤は序盤、タックルから組み付くとコーナーに押し込み足をかけて投げ気味にテイクダウンに成功。上を取るとパウンド、ボディーへのパンチでコツコツと加藤を削っていく。加藤は下からヒジ打ちを狙うが、齊藤は密着して防御。持ち上げては落としを連発して、加藤にダメージを与えていく。
加藤のクロスガードがガッチリで次の展開を作れない齊藤は加藤をコーナー下に持っていくと、固定してパウンドを落とすなど冷静な試合運びを見せる。
1、2Rはグラウンドで齊藤が圧倒も...
2Rも齊藤は加藤の打撃をかいくぐり、組みつくとコーナーに押し込み首投げでテイクダウン。上を取って1R同様。加藤を削っていく。しかし終盤、加藤のヒジ打ちで鼻の上をカットしてしまう。
3Rになると齊藤もローを連発するなど積極的に打撃で勝負に出る。しかしここは加藤の土俵。加藤がプレッシャーをかけロープに詰めると右フックをヒットさせ、齊藤にヒザをつかせる。ここで一気に形勢が逆転。加藤は再度プレッシャーをかけロープに詰めると左フック、右フックと連発。まともに食らった齊藤は前のめりにダウン。加藤が逆転KO勝ちを収めた。
加藤はガッツ天斗戦に続き2連勝
加藤は今年、魚井フルスイング、小野島恒太に連敗したものの、前戦で昨年の新人王ガッツ天斗、そしてこの日の齊藤と白星を重ね、層の厚い修斗バンタム級戦線でその存在感を示した。
一方、齊藤は2018年1月に世界バンタム級王者の佐藤将光に判定勝ちを収めたものの、その後、平川智也にKO負けし、佐藤にもリベンジを果たされ、今回で3連続KO負け。長いスランプから抜け出せないまま年を越すこととなった。
2016年新人王の一條が亡き兄に3年ぶりの勝利を報告
バンタム級では2016年のフェザー級新人王・一條貴洋が復活の狼煙を上げた。一條はこの日、水島宏と対戦し、右ストレート一発で1R18秒、TKO勝ちを果たした。実に3年ぶりの勝利となる。
一條は新人王受賞後、格上選手との対戦が続き、6連敗を喫していた。試合後、マイクを握ると「崖っぷちどころか、崖の下にいるような状態だった。今回もいろいろな人にサポートしてもらって、勝つことができた。自分がプロになった時に一番喜んでくれた兄貴が今年の春に亡くなった。兄貴と応援してくれる皆さんに勝ったことを報告できるのがうれしい」などと挨拶した。
2019年度バンタム級新人王は野尻定由
この日は2019年度のバンタム級新人王決定トーナメントの決勝が行われ、野尻定由と林宏仲が対戦した。
1R、野尻がコーナーに詰めたところで林がカウンターの右ストレート。野尻はダウンもそのままタックル。林は鉄槌、パンチを落としていくが、確実性に欠き、野尻は蘇生。林は首を取りに行くが、野尻はリフトしてテイクダウン。上を取って首を抜いてポジションを整えていく。しかし林はその隙をついて立ち上がり、パンチをヒット。そこからタックルで野尻に尻をつかせるが野尻もすぐに首を取ってフロントチョーク狙いからパウンドを落としていく。
2Rは開始早々、野尻のパンチがクリーンヒット。野尻はパンチの連打からタックルを決めテイクダウンに成功。上を取ってパウンド、鉄槌で攻め込んでいく。林が下から左腕を取って十字を狙うが野尻はそのままリフトして頭から落とすと間髪入れずにパウンドの連打。林の動きが止まり、レフェリーが試合を止め、野尻がTKO勝ちを収めた。
野尻は「自分はセンスも運動神経もないが練習を頑張って新人王まできた。バンタム級は激戦区だが臆することなく、来年はその戦いに入っていく。これから修斗で一番の選手になる」と2020年へ向けての決意を述べた。
「SHOOTO GIG TOKYO Vol.29 Supported by ONE Championship」(12月22日、東京・新宿FACE)
◆メインイベント 第12試合 バンタム級5分3R
●齊藤曜(和術慧舟會トイカツ道場)(3R1分51秒、TKO)加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)◯
◆セミファイナル 第11試合 ストロー級5分3R
◯飯野タテオ(和術慧舟會HEARTS)(判定3-0=20-18、20-18、20-18)牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)●
◆第10試合 バンタム級5分2R
◯一條貴洋(ブレイブハート)(1R18秒、TKO)水島宏(roots)●
◆第9試合 フライ級5分2R
◯鎌田悠介(ピロクテテス新潟)(1R2分23秒、三角絞め)代輔(秋本道場Jungle Junction)●
◆第8試合 フェザー級5分2R
△須貝 THE YAMANBA(ピロクテテス新潟)(判定1-0=20-18、19-19、19-19)小林孝秀(SLACK)△
◆第7試合 バンタム級5分2R
△よしずみ (HAGANE GYM)(判定1-0=20-18、19-19、19-19)大越崇弘(TRIBE TOKYO M.M.A)△
◆第6試合 72kg契約5分2R
◯上原平(リバーサルジム横浜グランドスラム)(1R33秒、TKO)水野怜(roots)●
◆第5試合 バンタム級5分2R
◯鬼神光司(ブレイブハート)(判定2-0=20-18、20-18、19-19)三好涼太(総合格闘技道場CROWN)●
◆第4試合 フェザー級5分2R
◯木下タケアキ(和術慧舟會HEARTS)(1R31秒、TKO)平澤克明(飛翔塾コンドル)●
◆第3試合 2019年度新人王決定トーナメント決勝戦 バンタム級5分2R(延長1R)
◯野尻定由(赤崎道場A-SPIRIT)(2R2分43秒、TKO)林 宏仲(パラエストラ岐阜)●
◆第2試合 ストロー級5分2R
◯高橋“SUBMISSION”雄己(和術慧舟會HEARTS)(1R1分13秒、フットチョーク)大城匡史(シマジリアンズ)●
◆第1試合 バンタム級5分2R
△新井拓巳(ストライプル新百合ケ丘)(判定0-0イコール19-19、19-19、19-19)中桐涼輔(トイカツ道場)△

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.