画像: 飯野タテオが牧ヶ谷を完封し判定勝ちで4連勝【12・22 修斗】

飯野タテオが牧ヶ谷を完封し判定勝ちで4連勝【12・22 修斗】

スタンドでもグラウンドでも牧ヶ谷を圧倒
2019年最後のプロフェッショナル修斗公式戦となる「SHOOTO GIG TOKYO Vol.29 Supported by ONE Championship」が12月22日、東京・新宿FACEで行われた。
セミファイナルで現在、世界王座が空位となっているストロー級の世界ランカーである飯野タテオがベテランの牧ヶ谷篤と対戦。3-0の判定で勝利を収め、4連勝を飾った。
飯野は1R開始早々、右ストレートをクリーンヒット。ぐらつく牧ヶ谷に組みつきテイクダウンに成功。上を取って鉄槌、パウンドで削っていく。牧ヶ谷は一瞬の隙をついて下から十字にとらえるが、飯野は冷静に対処。腕を抜いてまたも上を取るとパンチ、ヒジで牧ヶ谷を削っていく。なおも下から腕を取りに行く牧ヶ谷だがもう飯野は取らせない。飯野は牧ヶ谷の下からの蹴り上げに手こずりながらもグラウンドでコントロールする。
「言いたいことがあった」ものの判定勝ちに「まだ発言権がない」
2Rも飯野は打ち合いからタックルを決め。テイクダウンに成功。ガッチリとポジションをキープするとコツコツと、時に大きなパウンドを交え牧ヶ谷を削っていく。飯野は1R同様、蹴り上げに手こずる場面もあり、フィニッシュこそできなかったが、危なげない試合運びで判定勝ちを収めた。
飯野は試合後のマイクで「自分は一応、世界ランキングに入っているが、このストロー級という階級で起こっていることについて気になっていることがある。言いたいことがあったが、自分にはまだ発言権がないと思うので、目の前の一戦一戦をしっかり勝っていく」などと話した。
ストロー級は世界王者の猿田洋輔が12月に王座を返上。それに伴い来年1月26日の後楽園大会で小巻洋平と箕輪ひろばの間で王座決定戦が行われることになっている。
オーストラリア自転車1周の鎌田が復帰戦で一本勝ち
フライ級戦では2016年の同級新人王・鎌田悠介が2年ぶりのリングで代輔と対戦し、鮮やかな一本勝ちを収めた。
試合は代輔がパンチのフェイントからのタックルでテイクダウンを奪うが、鎌田はするりと下からの三角絞めにとらえる。代輔はリフトしてマットに叩きつけて脱出を図るが、鎌田がなおも絞め上げると代輔がたまらずタップ。鎌田が1R2分23秒、三角絞めで勝利を収めた。
鎌田は「オーストラリアに旅に出て、自転車で一周していた。途中のオーストラリアのジムでアポ無しで練習させてもらった。今日。その修行の成果が出たと思う。自分でも強くなった実感がある」とアピールした。
高橋“SUBMISSION”雄己がフットチョークでデビュー戦に勝利
この日はフライ級にあたる55kg契約で行われた試合で高橋“SUBMISSION”雄己が大城匡史と対戦。一本勝ちでデビュー戦を飾った。
高橋は開始早々、タックルから大城に飛び付き、スタンドでガードから引き込みを狙う。大城が落とすと今度は下から足首を狙っていく高橋。大城は回転して防御。そして上を取るが、高橋はラバーガードから巧みに右腕を巻き込んだフットチョークに移行し、1R1分13秒で速攻の一本勝ちを収めた。
「SHOOTO GIG TOKYO Vol.29 Supported by ONE Championship」(12月22日、東京・新宿FACE)
◆メインイベント 第12試合 バンタム級5分3R
●齊藤曜(和術慧舟會トイカツ道場)(3R1分51秒、TKO)加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)◯
◆セミファイナル 第11試合 ストロー級5分3R
◯飯野タテオ(和術慧舟會HEARTS)(判定3-0=20-18、20-18、20-18)牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)●
◆第10試合 バンタム級5分2R
◯一條貴洋(ブレイブハート)(1R18秒、TKO)水島宏(roots)●
◆第9試合 フライ級5分2R
◯鎌田悠介(ピロクテテス新潟)(1R2分23秒、三角絞め)代輔(秋本道場Jungle Junction)●
◆第8試合 フェザー級5分2R
△須貝 THE YAMANBA(ピロクテテス新潟)(判定1-0=20-18、19-19、19-19)小林孝秀(SLACK)△
◆第7試合 バンタム級5分2R
△よしずみ (HAGANE GYM)(判定1-0=20-18、19-19、19-19)大越崇弘(TRIBE TOKYO M.M.A)△
◆第6試合 72kg契約5分2R
◯上原平(リバーサルジム横浜グランドスラム)(1R33秒、TKO)水野怜(roots)●
◆第5試合 バンタム級5分2R
◯鬼神光司(ブレイブハート)(判定2-0=20-18、20-18、19-19)三好涼太(総合格闘技道場CROWN)●
◆第4試合 フェザー級5分2R
◯木下タケアキ(和術慧舟會HEARTS)(1R31秒、TKO)平澤克明(飛翔塾コンドル)●
◆第3試合 2019年度新人王決定トーナメント決勝戦 バンタム級5分2R(延長1R)
◯野尻定由(赤崎道場A-SPIRIT)(2R2分43秒、TKO)林 宏仲(パラエストラ岐阜)●
◆第2試合 ストロー級5分2R
◯高橋“SUBMISSION”雄己(和術慧舟會HEARTS)(1R1分13秒、フットチョーク)大城匡史(シマジリアンズ)●
◆第1試合 バンタム級5分2R
△新井拓巳(ストライプル新百合ケ丘)(判定0-0イコール19-19、19-19、19-19)中桐涼輔(トイカツ道場)△

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.