画像: 車いすラグビー日本選手権、発足1年の新チームTOKYO SUNSが初優勝!パラ後に続くチーム作りたい

車いすラグビー日本選手権、発足1年の新チームTOKYO SUNSが初優勝!パラ後に続くチーム作りたい

車いすラグビー界に新たな歴史が刻まれた。「三井不動産 第21回 車いすラグビー日本選手権大会」の大会3日目が22日、千葉ポートアリーナで行われ、発足1年の新チームTOKYO SUNSが初優勝。優勝の原動力は、「2020年のその後」への思いだった。
日本の「エース」と「キャプテン」が激突
決勝カードは、予選全勝のTOKYO SUNS(東京)と2年連続決勝進出のFreedom(高知)。それぞれのヘッドコーチ兼選手としてチームを率いるのは、日本代表で肩を並べる池崎大輔と池透暢。互いに初優勝をかけ、日本の「エース」と「キャプテン」が直接対決した。
第1ピリオドはTOKYO SUNSのリードでスタートし、ニュージーランド代表でもあるヘイデン・バートンや池崎大輔らハイポインターを起点に得点が決まる。第3ピリオドで流れを掴み、1点差まで縮めたFreedomだったが、激しく攻守が入れ替わる中、攻撃的なディフェンスが機能したTOKYO SUNSが主導権を離さず、52−44で試合終了。SUNSが予選から負けなしの完全勝利で日本の頂点に輝いた。
試合後、池崎は「優勝するためにやってきたので結果を残せてうれしいです」と安堵の表情を浮かべる。日本代表選手に海外選手の加入。「勝って当たり前、というイメージを持たれていた部分があって、プレッシャーもありました。まずは勝ち切れてほっとした、という感じですね」とチームメートの今井友明も心境を吐露した。
2020年のあと見据え、生まれた新チーム
発足から1年のTOKYO SUNS。チームの立ち上げには「2020年のその後」を見据えた思いがあった。「2020年の後に続く選手を、という思いで立ち上げました。前からそうした事をしたいなと話していて、昨年末に本格的に動き出したと思います」と今井は経緯を語る。
その先には、車いすラグビー界の発展を願う気持ちがあった。池崎は「理想はクラブハウスができること。次世代の人が練習場所に困らない、世界に挑戦できる夢が叶えられる環境です。今は自分たちがそうしたものをもらっている中で、今度は自分たちが作っていかないといけない。そこには企業の理解も必要。これが次の目標なのかなと感じます」と、車いすラグビー界のエースとして責任感を滲ませた。
チーム名に込めた思い
「一人ひとりが輝くように」と名付けられたチーム名“SUNS”。そこには得点源のハイポインターだけでなく“みんなが輝く”という意味も込められているという。ローポインターとしてチームに貢献する今井は「僕自身、スピードは速くないけど、頭を使って、相手の嫌なとこに先回りするようなプレーを目指しています。それぞれ障害の程度があるので、そうやって自分に合ったものを考えてプレーできる選手を育てたい」と思いを語った。
ラグビーイヤーの2019年、例年以上に注目が集まった車いすラグビー。決して浮き足立つ事なく、若手の育成や、練習環境の確保、競技の認知など、取り巻く環境に真摯に向き合う選手の姿を見た。新チームTOKYO SUNSの初優勝は、車いすラグビー界に新たな道筋を描いたに違いない。
(取材・文 丸山裕理)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.