画像: スーパー・ライト級王者・鈴木勇人が佐々木大蔵とK-1横浜大会のリベンジマッチ【2・24 Krush】

スーパー・ライト級王者・鈴木勇人が佐々木大蔵とK-1横浜大会のリベンジマッチ【2・24 Krush】

完敗した相手と2度目の防衛戦
「Krush.111」(2020年2月24日、東京・後楽園ホール)の第1弾カード発表会見が12月23日、都内で行われた。
スーパー・ライト級王者の鈴木勇人が佐々木大蔵を相手に2度目の防衛戦に臨む。
2人は11月に行われたK-1横浜大会で対戦し、佐々木が判定勝ちを収めている。試合は佐々木が鈴木の得意技である左ミドルを完封し、鈴木にとってはほろ苦いK-1デビュー戦となった。
佐々木は「Krushの試合に出るのは去年の日中対抗戦以来。K-1の大会場での熱とは違う熱を生み出せるのは後楽園ホールならでは。そういった面でも久しぶりに後楽園ホールで試合ができるのは自分としても楽しみ」と話した。
佐々木としてはさほどメリットのない試合にも思えるのだが、「僕自身、メリットもデメリットも考えていない。こうやって試合を組んでもらって、鈴木選手とまたできるということは縁を感じるし、前回の横浜アリーナとは違った熱になると思う。ちょうど3カ月で僕も鈴木選手もどれだけ変われるのかということも2人にとって課題になると思う。ファンの期待をいい意味で裏切れるような試合を発信していくことが重要だと思っている」と前向きに語った。
佐々木は久しぶりの後楽園ホールに「楽しみ」
そして「前回の試合では僕も全部は出してはいない。それを次の試合で出したい。この3カ月で自分も成長するつもりなので、そういった面も楽しみにしてほしい。前回勝ったが、有頂天にならずにしっかり身を引き締めて。鈴木選手はすべてを取りにくるつもりで挑んでくると思う。今聞いていてもそういう魂を感じる。それ以上のものを僕は燃やして2月24日を迎えたい」
鈴木は試合後すぐに中村拓己K-1プロデューサーに再戦を直訴。今回の対戦が実現した。
鈴木は「前回、佐々木選手とK-1で試合をさせてもらって、自分はあの試合は何もできずに負けてしまった。悔しいというより自分が情けなかった。リングでの借りはリングでしか返せないので、すぐにリベンジしたいと思っていた。なのでこの試合が決まってうれしく思う。しっかりとリベンジして、Krush王者の誇りを取り戻したい。3カ月という短いスパンではあるが、前回の試合ではたくさんのことを学べた。その気づいた部分を修正しながら練習に取り組んでいる。前回とは違った戦い方を見せて鹿k理とリベンジしたい。そういうところを見てほしい」と話す。
鈴木は前戦振り返り「とにかく情けなかった」
3カ月でどれだけ差を縮められるかという問題については「今までは左ミドルだけでチャンピオンになれたと思っている。でもそれだけでは今後は勝てないということは身に染みた。今まではなんだかんだ勝ってこれた部分があった。今まで自分を見つめ直す機会がなかった。前回負けたことで、それではダメだということが分かった。今はトレーナーと一緒にいろいろなことを考えながら頭を使って練習している」とリベンジに向けての練習には余念がないよう。
前回の佐々木については「イメージは越えていた。予想外のことが自分の中で起きてしまって、自分のペースがつかめなかった。自分の良さが消されてしまった。“叩き上げのテクニシャン”というキャッチフレーズがついているだけあって、本当にうまいなとは試合中に感じていた」などと話した。そして「とにかく情けなかった。名誉挽回ではないが、“鈴木はこの程度なんだ”と思っている人もいたと思う。でも自分はこの程度で終わるつもりはない。佐々木選手にリベンジして壁を越えたい」と雪辱への強い思いを見せた。
スーパー・バンタム級の軍司泰斗と林勇汰はバチバチの打撃戦を予告
スーパー・バンタム級では軍司泰斗と林勇汰が対戦する。
軍司は今年2月に行われた「スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」の決勝でアゴを骨折して長く欠場。秋に復帰戦を行い玖村修平に勝利を収め復活を果たした。
林は「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」のリザーブファイトで勝利。11月のKrush大阪大会でスーパー・バンタム級王者の玖村将史に挑戦し、敗れはしたがあと一歩まで追い込んだ。戦績的には黒星が先行しているが、今年1年で大きく成長した。
林は「今年は強い選手とやらせてもらったが、もう少しで勝てなかった。トップとの差を感じた。来年こそは郡司選手に勝ってトップに連勝していきたい」
軍司は「今年はケガで2試合しかできななった。来年、一発目の試合なのでインパクトを残してトップ戦線に行けるように、勝ちたい」などとそれぞれ挨拶。
互いの印象について林が「パンチのある選手。結構打ち合っているイメージがあるので、僕とも打ち合ってくれたら面白い試合になると思う」と言えば軍司も「僕と似たような戦い方をしている。パンチが強くて、パンチ中心の選手可と思う」と話し、今回の試合についても林が「パンチで打ち合いたい」と言えば軍司も「ここ最近の試合は打ち合ってくれる選手があまりいなかったので、この試合はパンチの打ち合いになるいい試合になるかと思う」と応じるなどKrushらしい“壊し合い”となりそうな雰囲気を漂わせた。
そして2020年の目標として林は「11月のタイトルマッチで負けてしまったが、来年こそはチャンピオンになりたい」、軍司は「負けた相手が3人いるので、1人でも2人でもいいので来年中にやれたらという気持ちはある」などとそれぞれ話した。
MOEがパヤーフォンと現役女子高生対決
女子アトム級ではパヤーフォン・アユタヤファイトジムとMOEの現役女子高生ファイター同士の対戦が行われる。
パヤーフォンは高梨knuckle美穂の持つ王座に挑戦。敗れはしたが、K-1ルールに適応し、高梨を追い込む場面もあった強豪。
相手のMOEは11月大会でキックボクシングとボクシングでタイトル獲得歴のある山田真子と対戦し、敗れはしたが際どい勝負を展開した。
MOEは「同い年のパヤーフォン選手と試合ができるのが楽しみ。前の試合を見たが、めちゃ強かった。めちゃ面白い試合にします」と挨拶。
MOEは高梨とパヤーフォンのタイトル戦後に「戦いたい」とアピールしていたのだが、それについては「同い年というところと強いということ。やるなら弱い相手より強い相手とやりたい。パヤーフォン選手は攻撃も速いし、強いからやりたいと思った。自分もやった高梨さんとめちゃいい勝負していて、同じ17歳でこんなすごい奴がいるなら自分もやりたいと思った」などと話した。
希望が通ったことについては「山田真子選手も元世界チャンピオンだった。また世界王者かと思ったが楽しみです」とのこと。
パヤーフォンについては「恐れてはいないが蹴りは速そうで痛そう」と話した。
現役高校生対決となるのだが、「いま、Krushで活躍している女子高生は私とパヤーフォン選手だけなんで(ライバル意識は)ちょっとある」とライバル意識もちらり。そして「現役高校生同士でめちゃ面白い試合するんで楽しみにしていて」と決意を語った。
「Krush.111」(2020年2月24日、東京・後楽園ホール)
〈この日発表されたカード〉
◆Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/K-1ジム五反田チームキングス)鈴木勇人vs佐々木大蔵(挑戦者/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
※王者・鈴木は2度目の防衛戦
◆Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(K-1ジム総本部ペガサス)軍司泰斗vs林勇汰(FLYSKY GYM)
◆Krush女子アトム級/3分3R・延長1R
(タイ/Ayothaya Fight Gym )三輪裕樹 vs MOE(若獅子会館)
◆Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(TEAM K/BLUE DOG GYM )友尊vs久保一馬(FIGHT CLUB 428)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.