画像: 病院搬送の長渕剛、主演映画舞台挨拶を欠席「ギリギリまで向かおうと」

病院搬送の長渕剛、主演映画舞台挨拶を欠席「ギリギリまで向かおうと」

映画『太陽の家』舞台挨拶が23日、都内で行われた。当初、登壇予定だった主演・長渕剛だが、20日に救急車で搬送され現在入院中のため、この日の舞台挨拶は欠席となった。
イベント冒頭、スタッフから長渕欠席の知らせが告げられると会場からは驚きの声。スタッフは「ツアー最終日の舞浜公演後より腹部への激痛と発熱が始まり、ご本人は我慢していたが、12月20日、極度の痛みと発熱が発生し、救急車で搬送されました。現在、都内の大学病院に入院中でございます。医師より急性腎盂腎炎と診断されました。現在も絶対安静の状態が続く中、本日のイベントの登壇への思いも厚く、ご本人としてはここに来たい、絶対行くんだと言い続けておられましたけれども、今朝の容体から医師の判断のもと、欠席となりました。ぎりぎりまでここに来たかったという長渕さんの思いを受けましてご容赦いただければ」と説明。
続けて喜本孝プロデューサーが長渕からのメッセージを代読。「ああ残念で仕方がない。そこへ行きたかった。体は病室から出ることを許されなかったけど心はみんなと同じ場所にあると思っています。今日は映画館まで来てくれて本当にありがとう。みんなの顔を見たかった。そしてスタッフ、キャストのみんなとも会いたかった。初のCINEMA & LIVE、17公演完走したよって笑顔で報告したかった。くやしさでいっぱいだけれど、今はしっかり治して新しい年の初日舞台挨拶には必ず元気な姿を見せます。劇場で会いましょう」との長渕のメッセージに、会場から拍手が起こった。
その後、登壇した飯島直子、山口まゆ、潤浩、広末涼子、権野元監督も長渕の不在を残念がりながら、長渕の「CINEMA & LIVE 2019 太陽の家」に行った思い出や、撮影中の楽しいエピソードを披露。
広末涼子は「撮影中、長渕さんが毎日印象的な言葉を発するので、長渕語録ができるんじゃないかと、ノートに“長渕さんの今日のひと言”を書いていました(笑)」と話し「“俺たち家族だろ”というセリフを、熱くなった長渕さんが“俺たちファミリーだろ”と言っていて。役からときおり長渕剛さんが垣間見える瞬間が好きだった。長渕さんの本が書けそう」と明かし、会場の笑いをさそっていた。
映画『太陽の家』は単純だが実直な一人の男の愛情が、臆病で不器用な少年を成長させていく感動作。長渕の出演映画公開は20年ぶり。2020年1月17日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.