画像: カンヌ最高賞受賞の韓国映画『パラサイト』来日会見で監督・主演が日本語ツッコミ

カンヌ最高賞受賞の韓国映画『パラサイト』来日会見で監督・主演が日本語ツッコミ

韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の来日記者会見が26日、都内にて行われ、ポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホが登壇。ときおり互いに日本語で“ツッコミ”を入れながら13年ぶりとなる2ショット来日の喜びを語った。
今年、第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、世界的な大ヒットを記録中。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞受賞の期待も寄せられている。
半地下住宅で暮らす全員失業中のキム一家。長男ギウが、高台の豪邸で暮らす裕福なパク一家に家庭教師として雇われたことをきっかけに“パラサイト”していくが、事態が思わぬ方向へ発展していく。
世界的な高評価にポン・ジュノ監督は「いつも通りすばらしい俳優さんと映画を撮ったら、思わぬ騒ぎになっていた。私にとっては楽しい騒動。日本でもそんな騒動がおきてくれたらうれしいです」と喜びを見せ、ソンも「他の監督とも来日しているのに、皆さんポン・ジュノ監督がお好きなようで監督と来ないとあまり愛されない。今回は一緒なので愛される準備もできてます(笑)」と茶目っ気たっぷり。
衝撃のストーリー展開と結末に、日本では早くも“ネタバレ禁止運動”が起きているという本作。アイデアを思いついた理由を聞かれた監督は「日本でもよく大学生が家庭教師のバイトをすることがあると思うんですが韓国も同じで、実は僕も一度、とても裕福な家の中学生の男の子の家庭教師をしたことがあるんです。そのとき他人の私生活を垣間見るという体験をしたわけですが、実はその仕事を紹介したのが当時の彼女、今の妻なので、映画とやや似ていますね。幸いにも2カ月でクビになったので、この映画のような恐ろしいことは起きませんでした」と話し会場を笑わせた。
半地下住宅で暮らす貧しい一家の父親を演じたソンが「最初は、貧しい家族と裕福な家族の話とだけ聞いて、当然、裕福な社長の役だと思っていたら、まさか半地下に連れていかれるとは...」とぼやくと、ソンを“先輩”と慕うポン監督は「ほんとスミマセン」と日本語で恐縮。さらに「今度“大雨”とか“半地下”が出てきたら、オファーをお断りしようと思う」と言うソンに、監督が「来年、新たにシナリオを一つ渡そうと思っていたんですが...タイトルは“梅雨どきの男”」と明かすと今度はソンが日本語で「ありがとうございます」。その後も、ソンが「ポン監督は撮影前に実際に演じて見せてくれるからそれをマネするだけなので俳優たちはすごくラク」とまことしやかに言うと、監督が「うそだ!」と日本語でツッコむという、20年来の盟友ならではのリラックスしたやりとりを披露した。
「これはポン・ジュノの進化の形」と胸を張るソンは「ときに温かく、ときに冷徹なまなざしで社会を見つめ続ける監督の作品からは、それらすべて抱えて生きていかなければならないんだという叫びを感じる。進化の果てがどうなるのか、ドキドキさせ続けてくれる唯一無二の監督」とたたえつつ「ポン監督の一番いいところは“やせろ”と言わないこと。何かと太らせようとする唯一の監督だと思う。ご自分が太っているからなのか...ちょっとそこだけは理解できない」と茶化し会場を笑わせた。
最後に監督は「見ていただいた人の頭の中や心の中に長くとどまり、永遠に“寄生”する映画になれば」と日本での反響に期待を寄せた。
『パラサイト 半地下の家族』は27日よりTOHOシネマズ日比谷他にて特別先行公開。2020年1月10日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.