画像: 六本木でメルセデス・ベンツを眺めながら伝説の立ち食いそばを食す「Minatoya3」オープン

六本木でメルセデス・ベンツを眺めながら伝説の立ち食いそばを食す「Minatoya3」オープン

メルセデス・ベンツと“日本一行列ができる伝説の立ち食いそば”港屋がコラボレーションした「Minatoya3」が26日、六本木の「Mercede Me Tokyo NEXTDOOR」にオープン。初日から六本木を行き交う多くの人が、メルセデス・ベンツを眺めつつ特製の肉そばを楽しんだ。
港屋は2002年7月に開店し、そばでありながらほんのり中華の味わいを感じる麺の革新性や、店主・菊地剛志氏自ら「このそばに合うデザイン」として考案した、洗練された店内空間などが大いに話題を呼びファンが続出。2019年2月にその幕を下ろし、麺好きを騒然とさせた“伝説の立ち食いそば”。現在は、大手町・星のや東京の1階に「冷たい肉そば」のみを提供する「港屋2」を営業しており、そちらも連日行列ができている。
今回、六本木にオープンした「Minatoya3」のメニューは、温かい肉そば1品のみ。かつて港屋では「冷たい肉そば」「温かい鶏そば」を提供、港屋2では「冷たい肉そば」を提供しており、温かい肉そばは、ここでしか食べられない限定メニューとなる。
メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長の上野金太郎氏が、もともと港屋のファンで菊地氏とも親交があったことから、今回のコラボレーションが実現。
菊地氏は「私も学生のころにメルセデス・ベンツを運転する機会があり、そのデザインやモノづくりの姿勢にとても感銘を受けた覚えがあります。そばに関しても、メルセデス・ベンツというブランドから刺激やインスピレーションを得ています」と話し「メルセデス・ベンツの“ファン”は世界中たくさんいらっしゃると思いますが、今回のコラボで、メルセデス ミーとMinatoya3の“お友だち”を増やすことができたらうれしいです。はじめてメルセデス ミーに訪れる港屋のファンの方も、メルセデス・ベンツとそばの文化を楽しんでいただければ」と期待を寄せた。
「Minatoya3」は本日12月26日、開店。営業時間は11時~15時30分、17~22時(終了30分前ラストオーダー)。メニューは「Minatoya3 Vision “Mercedes-AMG GT Atatakai-Nikusoba”」(1200円・税込)のみ。年末年始12月31日~1月5日は休み。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.