画像: 東京タワーでユダヤ教の光のお祭り「ハヌカ」開催

東京タワーでユダヤ教の光のお祭り「ハヌカ」開催

東京・港区の東京タワーで26日、ユダヤ教の光のお祭り「ハヌカ」を祝うイベント「HAPPY CHANUKA FROM CHABAD OF JAPAN 2019」が行われた。2016年から開催されて4回目を迎える同イベントには今年も多くの来場者が集まった。
「ハヌカ」とは、紀元前148〜141年のマカバイ戦争の際に、エルサレム神殿を奪回したことを記念するユダヤ教の年中行事。エルサレム神殿の燭台を灯す油壺には当時1日分の油しかなかったものの、点火すると8日間燃え続けたという奇跡を祝して「光の祭り」とも呼ばれている。ユダヤ暦の9月25日(グレゴリオ暦の12月頃)から8日間、「ハヌキア」という燭台のろうそくを1日に1本ずつ灯していく。今年は12月22日から開催され、26日で5日目となる。
イベントでは10人の子どもたちがステージに上がり、日本では「見よ勇者は帰る」(得賞歌)として知られる讃美歌や「ハヌカ」など4曲の歌を披露。中には半袖のTシャツ姿の元気な子も! 続いて主催者であるハバッドジャパンセンターのラビ・メンディ氏が「ハッピーハヌカ!」と会場に呼びかけると、会場一体となって「ハッピーハヌカ!」と呼応した。
さらに来賓の外務省・長岡寛介中東アフリカ局審議官、ヤッファ・ベンアリ駐日イスラエル大使、そしてベンアリ大使の挨拶で急きょ大阪弁通訳を務めた自民党・中山泰秀衆議院議員、セメ・ヨナス氏とそのご子息から「ハヌカ」とイベント開催へのお祝いの言葉が述べられた。
その後いよいよ点灯セレモニーが行われ、「ハヌキア」を模した点灯台の明かりを6本目まで灯し、点灯の賛歌を歌ったりイスラエルの伝統的なダンスを踊ったりして盛り上がった。「ハヌカ」ではオリーブ油を使った料理を食べる風習があり、会場を訪れた人には「スフガニヤ」(ジャム入りドーナツ)や「ラトケス」(ポテトパンケーキ)、東京タワー公式キャラクターのノッポン弟からチョコレートコインが振る舞われ、「ハヌカ」の灯火に照らされた人びとは思い思いに楽しんでいた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.