画像: ライト級GP出場のジョニー・ケース「優勝は当然」とV宣言【12・31 RIZIN】

ライト級GP出場のジョニー・ケース「優勝は当然」とV宣言【12・31 RIZIN】

4者それぞれがV宣言
「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の大会前会見が12月28日、都内で開催された。
今大会ではライト級GPの準決勝と決勝が行われる。
準決勝第1試合はジョニー・ケースvsトフィック・ムサエフ。
ケースは「素晴らしいコンディションだと思う。エネルギーがみなぎり、とにかくこのトーナメントを制したいという心境」と現在の充実ぶりに笑顔を見せる。
対戦相手のムサエフについては「残っている3選手は全て素晴らしいと思う。自分のスキルを見せつけて、日本のファン、世界に“ライト級のチャンピオンは自分だ”と証明したいと思う。ムサエフは非常に危ないキックボクサーだが、自分の持ち味を出してゲームプラン通りにすれば勝てる。反対側のことは分からないけど自分と相手のケガの程度などが関わってくるので試合の展開次第」と話す。
ムサエフより上回っているところについては「頭脳面だと思う。自分は戦略的に戦い、試合を客観的に見ながら戦うことができて、トータル的に試合を進められる」と話す。
優勝候補の筆頭と目されていることについては「当然です」と優勝を宣言。「全員倒すことで自分がナンバーワンと証明し誰も文句の言えない戦いをしたい」と話した。
ムサエフ「ケースは普通の対戦相手」
対するムサエフも「準備万端。全く問題ない。好調です」とこちらもコンディションはきっちりのよう。
ケースらトーナメントに出場する選手について「ライト級のチャンピオンを決めるということで、4名は全員強い。今回の試合は非常に見応えのある良い試合ができると思う。自分のスタイルも対戦相手と合っていると思うので、みなさんの満足のいく試合をお見せできると思います」、試合については「いずれにしても3Rまではいかない。もっと早めにフィニッシュする。どういう形でのフィニッシュかはその時の状況による」などと話した。
準決勝で対戦するケースについては「特別に警戒しているところはない。通常の普通の対戦相手」とあえて特にコメントは残さない。
また今回は母国のアゼルバイジャンで国営放送が生中継をする予定となっているのだが「国を挙げてサポートしてくれていることは名誉であり、それが“勝ちたい”という強い動機にもなっていて、必ずチャンピオンベルトを持ち帰りたいと思っています」と話した。
グスタボ「自分がチャンピオンになります」
準決勝第2試合はルイス・グスタボ vs. パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ。
グスタボはフレイレについて「相手について話すことはない。ただ自分が軌道に乗っているし万全なコンディションなので相手を倒して決勝に進むことしか考えていない」と多くは語らない。
同じブラジル人で、ベラトールで活躍するファイターということについては「対戦相手の知名度はすごく高く優れた選手なので自分にとってすごく良い対戦相手だと思う。とにかく良い試合になると思う」と話した。
試合展開についても「日本の皆さんに良い試合を見せたい。楽しんでいただいていい勝利を収めたい」と話すにとどめた。
優勝するには2試合を勝ち抜かねばならないのだが「自分は全てを考えながら練習してきた。とりあえず最初の対戦相手を下してから次の選手のことを考える」と話し「自分がチャンピオンになります」と続けた。
もうひとつの準決勝ケースvsムサエフについては「正直、深く考えていない」、そして改めて「自分は決勝に行くので、そこに勝者が上がってきた時に考える」と話した。
フレイレ「今は自分の時代。自分を下せる相手はいない」
フレイレは「100%準備できたので自信があります。MMA発祥の地である日本でチャンピオンになりたい。怪我もなく、このまま順調にタイトルを獲得していけるだろう」と話す。
グスタボについては「とても優れたアグレッシブな選手だが、自分はピットブルだ。自分より強い選手はいない。必ず相手を下す。自分はチャンピオンになるために生まれてきた、そして対戦相手をボコボコにするために生きている」、試合については「倒してチャンピオンになる、ということだけ。今は自分の時代だ。絶対に勝つ。自分を下せる相手はいない」と勝利を確信。
準決勝のもう1試合、ケースvsムサエフ戦については「2人とも優れているしアグレッシブでタフだと思う。とても面白い試合になるだろうが自分は対戦相手は選ばないのでどちらが勝者になるかは全く気にしていない。心配していることはない。とりあえず自分は最初の対戦相手に集中していて、彼のことしか考えていない」とした。
トーナメントを制すればRIZINとBellatorの両団体で戦っていくことになるのだが「日本でもチャンピオンになるチャンスがあるし米国でもチャンスがある。両国でチャンピオンになりたいというだけ。それを実現するためにはこれからより頑張らなくてはならないし、目指して取り組んでいきたいと思う」
そして優勝するためには「何が必要かは分からないけど、2試合とも自分はただ相手を倒すということが必要。それは自分がリング上で見せる。レフェリーには任せない」と2試合ともKOでの王座戴冠を予告した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.